東京電力 TOYOTAプリウスphvにeチャージポイント

TOYOTA新型プリウスphvを注文しているアカプリ子。いよいよ2月15日発売ですね。納車は3月か4月。待ち遠しいですね。わたくしはこれで💯km/リットルを目指しますが、それも夢では無いですよね。

その上に大手電力会社5社と提携しポイントが貯まるんですよね。ここではTEPCOさんこと東京電力さんのサービスを紹介します。各社微妙に違いますから詳しく説明しますね。

■条件

条件ですが新型プリウスphvをお持ちで(あたりまえですね)、「T-Connect」サービスに加入そして、東京電力エナジーパートナーの新しい料金プランに加入していることですね。

■料金プラン

スタンダードS・L・X

プレミアムS・L

スマートライフプラン

夜・トク8・12

ですね。電気料金のプランは多数ありすぎて、複雑ですから難しいですね。ここは実車が来てからわたくしの契約内容を照会し、説明します。ひょっと全てのプランを照会するかもしれませんが、今日は雪が降っていて大変なのでこれくらいの説明で。

EV・phvポイント

「eチャージポイント」に登録され月々の電気ご使用量が300kwh以上で300ポイント付きますね。

1ポイント1円ですからかなりデカイです。その上に充電相当量ポイントも付きますからこれはデカイですね。

東京電力かなりプリウスphvを販売することにつなげるかもしれません。これは応援しないといけませんね。

■自宅充電相当量ポイント

自宅で新型プリウスphvを充電すると1kwhにつき2ポイント

これらにより年間最大8400ポイントですね。

さらに新しい料金プランの特典が5ポイント付きますね。

東京電力イタレリツクセ-リですね。

3・11以降節電の意識や省エネ機器の普及で各世帯や企業の電力消費量は落ちていますね。決してphvやevで沢山電気を消費しましょうとも聞こえますが、深夜電力や再生可能エネルギーでの充電となると環境に優しいし

走行時に電動車は排気ガスを排出しないですから環境負荷が少ないですよね。

何より家計に優しいです。どの料金プランが良いか分析してお知らせしますね。

但し、今でも言えるのは家庭用の単相200Vから充電、それも深夜の安い料金プランで深夜時間帯に充電が鉄則ですね。間違って急速充電器などを使うとフツーのカッコ悪いプリウスHYBRIDよりランニングコストは高くなります。

手続きは納車されてからの様です。また納車時の手続き関係をお知らせしますね。

<スポンサードリンク>



にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください