大好きなステーキよりも分厚いでこのドア!

レクサス最大の市場であるべきアメリカで調子が悪いのにまたこんなん出すん?心配なアカプリ子です。赤は好きですけどスタイルも好きですけどこんなん好き嫌いが分かれるデザインでは売れませんよ。まあクーペのフラッグシップですから売れなくても良いんでしょうけど。

こんなんばっかり出してたら体力ばかり奪われますよ。こんなんより偉いのは家族やシングルでも人気のベルファイヤや商用車として人気のハイエースみたいに

ベストヒットでは無いけどコツコツと息長く売れるモデルでは無いでしょうか?

このモデルはLC500。です!ソアラのレクサス板SC430の後継という形になるのでしょうか?それにしても1300万円は高杉です!高杉晋作!!

あの砂漠で絶対的に信頼性の高いランドクルーザーが600万円くらいですからこの狭苦しいモデルが倍以上もするんですね。

やはりレクサスの弱点はアクが強すぎるというとこでは無いですかね。あまりにもディティールに凝りすぎて3Dデザインにしていますが

ポルシェなんてシンプルなRの線で構成されるけどなんともセクシーですよね。一方ライバルのランボルギーニは直線と曲線を微妙に合わせてシンプルだけど美しい。

まあこのレクサスLC500はフェラーリの様なデザインを目指しているのかもしれませんがなんかキワモノ過ぎるんですよね。もっとシンプルにならないかなあ。

買えないけど。

しかしこのドアの厚さには参りました〜。

相当静かでしょうな。HYBRID出し。

さてさてheadlineから頂いた写真と文

LCは後輪駆動の4人乗りの2ドアクーペ

4人乗りが良いですね。私アカプリ子のプリウスPHVも赤で4人乗り。贅沢ですね。

エンジンは5リットルV8。と3.5リットルV6HYBRID。の2種。

TOYOTA社初の10速オートマチック・トランスミッションを採用し、静かでなめらかな乗り味を売りにする。

この10速オートマチックトランスミッションはアイシン精機製かな。既に外車には提供していたと記憶していましたよ。ランドローバーかな。イヴォーグ?違うかもしれませんが

きっとそう!

今や売れ筋はSUV だし、他のクーペやセダンが売れてないのによく出しますね。まあアカプリ子の持論はクルマの選択肢は多いほうが良いと言うこと。選択肢が多いと若者も選ぶクルマが多いと言うことですからね。特に個性を好む若者に。このLC500はなかなか若者も社長も買えないとは思いますしね。

でも良くぞ出しました。レクサス TOYOTA 応援していてよかったよ。

<ポチットオ・ネ・ガ・イ>

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください