トヨタとNTTコネクティッドカーでコラボ

アカプリ子注文のプリウスPHVSナビパッケージにはもちろんその名の通りナビが付いてますよ。T-Connect付きいわゆるコネクティッドカーですね。

トヨタのサーバーとつながる事で色んな恩恵がありますね。

アプリが独自なものなので少し残念ですが、11.6インチのナビは斬新で安っぽい室内を少し豪華にしますよね。

しかしつながることで素晴らしい機能がありますね。

 

<Responseさんから>

トヨタ自動車とNTTは3月27日、コネクティッドカー向けICT基盤の研究開発で協業することで合意したと発表した。

 

トヨタとNTTグループは各社がもつ技術やノウハウを共有し、クルマから得られるビッグデータを活用することで、事故や渋滞など様々な課題の解決や、新たなモビリティ社会の実現を目指していくとのこと。

大会社が提携することでそれがトレンドと言うか主流と言うかそのシステムがスタンダードになれば良いのでしょうけど

結局各企業は協業もするけど競争もしますからねえ。

まあビデオデッキが良い事例ですよね。

ビクターや松下が主導のVHSとソニー主導のベータといつまでも思い出しますよね。まあ巨人トヨタとNTTが組めば日本の主流にはスタンダードには成りえそうですよね。
今やどちらも無くなりましたが他にもムダな競争はたくさんありました。それが次の技術に繋がったこともありましたけどね。まったくムダとは言いませんが。

世界で言えば既にVW やBMWも発表しているし、VWなどはAppleもGoogleも使用できる。トヨタのT-Connectは独自のアプリですしね。

世界ではGoogleやAppleには勝てない気がしますね。

この無用な競争が自動運転等の活用を遅らすような気もします。早める場合も多々ありますが。

世界中の交通事故は大きな損失です、たったひとりの死も色んな影響を与えています。損失を与えます。警察や当局等時間をムダにします。

交通事故も無い社会 想像してみましょう。色んなムダが省けますね。クルマや物がつながる事でかなり交通事故は省けるはずです。トヨタはITSという仕組みで信号にカメラを設置し右左折時歩行者を守る信号を送ることが出来ます。

右左折も事故が多いですからね。そしてここの記事に書いてるようにAI(人工知能)も利用して快適で安全な交通環境を創って欲しいです。

クルマ業界がひとつになってこの安全のためにつながる技術はスタンダードにした方が良いですね。

VHSやベータの用にムダな競争は省いてね。

<ポチットオ・ネ・ガ・イ>にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください