WRCアルゼンチン:トヨタは5位。優勝はヒュンダイのティエリー・ヌーベル2連勝!

WRCアルゼンチン トヨタは5位

WRC第5戦アルゼンチンは、4月30日(日)

全ての競技を終えました。

<RALLYPLUSNETより>

ヒュンダイのi20クーペWRCに乗るティエリー・ヌーベルが逆転で先のFRANCEと2連勝ですね。

最終ステージSS18の前のSS17で首位のエバンスに0.6秒差。

すごいですね。これだけ走って0.6秒差ですから。

最終SSでは、先にスタートしたティエリー・ヌーベルは渾身の全開アタックでそれまでのベストタイムを更新。続いてスタートするエバンスのフィニッシュを待つ。そのエヴァンスはSS途中の橋で欄干に接触。このタイムロスも響き、ヌービルから1.3秒差遅れのSS2番手でステージを走りきった。この結果、ふたりの差は0.7秒差でヌービルが逆転、今シーズン2度め、自身4度目となる勝利を獲得した。パワーステージは上位からぬ~ビル、エバンス、タナク、セバスチャン・オジエ、ヤリマティ・ラトバラらの5人がそれぞれボーナスポイントを得ている。

しかし3時間半以上走って0.7秒差。すごい接戦ですね。MスポーツのフォードフィエスタWRCも仕上がってきましたね。ヒュンダイも。

TOYOTAGAZOO RacingのYARISWRCもヤリーマティ・ラトバラが5位。今回始めて10位以内の

7位でフィニッシュしたユホ・ハンニネンもポイントを獲得しやっとメカニックやチームに貢献した感がありますね。

各メーカー調子を挙げて来てどこのチームのだれが勝っても不思議では無く成りましたね。次戦からまた主戦場のヨーロッパラウンドへ。第6戦ポルトガルは5月18日〜21日にかけて、北部のポルトを中心に行われる。

TOYOTAの応援をこのブログの応援をよろしくお願いします。

<RALLYPLUSNETより>

【SS18速報】Power Stage EL CONDOR (16.32 km)
1. T.ヌービル(H) 13:00.1
2. E.エバンス(F) +1.3
3. O.タナク(F) +2.7
4. S.オジエ(F) +4.2
5. J.ラトバラ(T) +8.4
6. C.ブリーン(C) +15.1
7. M.オストベルグ(F) +19.2
8. J.ハンニネン(T) +27.9
9. D.ソルド(H) +45.6
10. P.ティデマンド(SKODA) +51.7

【After SS18 of 18】
1. T.ヌービル(H) 3:38:10.6
2. E.エバンス(F) +0.7
3. O.タナク(F) +29.9
4. S.オジエ(F) +1:24.7
5. J.ラトバラ(T) +1:48.1
6. H.パッドン(H) +7:42.7
7. J.ハンニネン(T) +11:16.9
8. D.ソルド(H) +14:44.1
9. M.オストベルグ(F) +15:11.3
10. P.ティデマンド(SKODA) +17:32.1

ティエリー・ヌービルが逆転で今季2勝目を飾りました。
次戦のWRCは5月18-21日に開催される第6戦ポルトガルです。

<ポチッとお願いします>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください