新型ディスカバリー発売!

新型ディスカバリー発売

<Livedoor・NEWSより>

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは定員7人のフルサイズSUVである新型「ディスカバリー」の受注を開始した。新型ディスカバリーは、特別仕様車「ファースト・エディション」を限定30台で先行販売しているが、今回新たに

・HSE

・HSEラグジュアリー

の2種類のグレードをラインナップした。

 

 

V6ガソリン・スパーチャージャー、V6ディーゼル・ターボを用意

エンジンは、HSE/HSEラグジュアリーそれぞれに

・3.0㍑V6スーパーチャージド・ガソリン(340ps、45.9kg−m)

・3.0㍑V6ターボディーゼル(258ps、61.2kg−m)

を用意した。トランスミッションはいずれも8速オートマティックだ。

第5世代目のなる新型は、多用途性やオフロード性能、7人の乗員が快適に過ごすスタジアムシートといった特徴を継承。そのうえで、エクステリアおよびインテリアを、新デザイン言語を採用し、大幅変更している。

<Livedoor・NEWSより>

 

 

先ずはインテリアについて確認していこう

 

世界初 遠隔操作でシート・アレンジ「インテリジェント・シート・フィールド」大人7人が快適に座れる車室空間は、レッグルームが2列目シートで954mm、3列目シートでも851mmを確保。

シート・アレンジ次第でラゲッジスペースを最大2406㍑にまで拡大できるという。

新装備となる世界初の「インテリジェント・シート・フォールド」機能は注目だ。

<Livedoor・NEWSより>

 

スマホでシートレイアウトを変更できる

これは、ラゲッジスペースのスイッチやタッチスクリーン、スマートフォンから遠隔操作することで、2・3列目のシートを自動で展開する機能だ。それも7シートの状態から、2シートに折り畳んで荷室を最大にするまで、14秒しか要しないという。

また、ウェアブル技術を活用したウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー・電動インナー・テールゲート、電動ジェスチャー・テールゲートなど、最新の機能、装備を数多く取り入れたのも特徴だ。

走行性能については、オン/オフともにさらに磨かれている。

 

 

しかし、これ海でしょ?半端ないウォータープルーフ仕様が半端ないですね。

 

 

 

クロスリンク式電子制御エアサスペンション・システムとは?

新型では、走破性能もさらに強化しており、状況に応じてエンジンやギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセティングを自動で最適化するテレイン・レスポンス2オートや、2段階のオフロード・モードを備えた最新のクロスリンク式電子制御エア・サスペンション・システムをディスカバリーとして初搭載する。

このエアサスペンション・システムは

・50~80km/hで轍がついた荒れた路面:40mm上昇
・50km/h未満で過酷なオフロード走行:最大115mm上昇(先代モデル比:+10mm)
・105km/h以上でオンロード走行:自動的に車高が13mm下降
・エンジンOFF/シートベルトOFF:車高15mm下降
・ドアオープン:さらに25mm下降
・走行開始:通常位置に自動復帰
という制御をする。SUVがマーケットを席巻する現代にあって、ランドローバーならではのプレミアムな機能として話題になりそうだ。

 

 

 

コネクティビティも、安全支援も充実

新型は、さらにコネクティビティ機能も強化し、10.2インチの最新「InControl Touch Pro」を標準装備。Remote Premiumアプリを使えば、前述のインテリジェント・シート・フォールドをスマートフォンから操作できるほか、車内の温度調整や車両ロックの状態を確認できる。

その他、サラウンドカメラ・システムを標準装備し、
・歩行者検知機能がついた自動緊急ブレーキ
・ACCキューアシスト機能
・パークアシスト(縦列駐車・並列駐車・出庫)
・ブラインドスポット・アシスト
など、ドライバー支援システムのオプションも充実している。

価格は、下記の通り。
ガソリン・モデルのHSEが7,790,000円。HSEラグジュアリーが8,810,000円。
ディーゼル・モデルのHSEが7,990,000円。HSEラグジュアリーが9,010,000円。

今現在は、ジャガー・ランドローバー・ジャパンはインドのタタ自動車の傘下ですが、昔からレンジローバー等SUVを数多く出していますが、デザイン秀逸のSUVを出すことで有名ですよね。内装もとてもエレガントです。

ランド・ローバーイヴォーグもとても素敵ですが、SUVでコンバーチブルなところが良いですよね。またレンジローバーヴェラ−ルについてはコンセプトカーがそのまま製品化されたと有名ですよね。本当に美しいヴェラ−ル。今回のディスカバリーもかなり革新的な機能もあり今後のジャガー・ランド・ローバー色々と楽しみですね。

 

<ポチッとご協力お願いします>

 
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

GRGarage松山による86GTLIMITEDがかっこよかったりする。

プリウスphvのGRSPORTの細部までの出来が良いと毎回褒めてますけど、GR良いですね。昨日は愛媛

記事を読む

苦悩するトヨタは今! 1番 !何をなすべきか?もっといいクルマを造るべきか?レースで勝つべきか?LEXUSに新しいSUVを造るべきか?

トヨタの苦悩がわかりますよね。トヨタのGRスーパースポーツのコンセプトカーにしてもまんまWECのトヨ

記事を読む

TOYOTAGAZOORacing GRスーパースポーツコンセプト凄すぎ! まるでTS050ハイブリッドそのまま。いったい最高速度は何km/h出るのか?

大雪でプリウスPHVはいずぞやから乗ってません。しかし寒いですし、スタッドレス・タイヤで

記事を読む

ミラーレスカメラ富士フイルムXT-2。これからどんどんミラーレスになっていくだろう。カメラもクルマも。良いことだ。ミラーが色々邪魔してるからね。

ミラーレスカメラが席捲しています 昨日はミラーレス車の話をしましたが 本日はミラーレスカメラ

記事を読む

雪に対する備え!東京でも雪。スタッドレス・タイヤをちゃんと買い。ブリジストンブリザックVRXが良いらしい。

東京でも積雪の予想、雪に対する備えをしよう!   YAHOOニュースによると24日

記事を読む

プリウスphv納車後1ヶ月

ほんと燃費が良くて助かってます。 納車後1ヶ月。納車時にはタンクの中にはガソリンは1/3程度し

記事を読む

渡辺直美でCM 新型VITZ DBA-KSP130

渡辺直美 で来ましたね。This is, VITZ ショートムービーもできてるから素晴ら

記事を読む

「トヨタイズム」か「トヨタ“イズム”」か、ここに豊田章男社長が書かれてます。

久々にクルマに対して熱く語る人に出会いました。昔ホンダシティターボに乗っていたそうです。 今

記事を読む

ZVW52プリウスPHV OIL交換 ザーレン GAIA EPSILION に交換した。さて燃費は伸びるか?

半年点検、ちょっとした擦り傷1ヶ所以外は どこもなんとも無く 調子は良い。 擦

記事を読む

【おお!これはスバルのCH-Rとも言えるようなデザインですね。VIZIVアドレナリンというらしい。】このブログのアドレス。トレンドアドレナリン(TREND ADRENALINE)だから取り上げました。スバル好きですしね。

プリウスPHVの前はスバルのレガシィツーリングワゴン2000GTe-Tuneオー

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0