新型ディスカバリー発売!

新型ディスカバリー発売

<Livedoor・NEWSより>

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは定員7人のフルサイズSUVである新型「ディスカバリー」の受注を開始した。新型ディスカバリーは、特別仕様車「ファースト・エディション」を限定30台で先行販売しているが、今回新たに

・HSE

・HSEラグジュアリー

の2種類のグレードをラインナップした。

 

 

V6ガソリン・スパーチャージャー、V6ディーゼル・ターボを用意

エンジンは、HSE/HSEラグジュアリーそれぞれに

・3.0㍑V6スーパーチャージド・ガソリン(340ps、45.9kg−m)

・3.0㍑V6ターボディーゼル(258ps、61.2kg−m)

を用意した。トランスミッションはいずれも8速オートマティックだ。

第5世代目のなる新型は、多用途性やオフロード性能、7人の乗員が快適に過ごすスタジアムシートといった特徴を継承。そのうえで、エクステリアおよびインテリアを、新デザイン言語を採用し、大幅変更している。

<Livedoor・NEWSより>

 

 

先ずはインテリアについて確認していこう

 

世界初 遠隔操作でシート・アレンジ「インテリジェント・シート・フィールド」大人7人が快適に座れる車室空間は、レッグルームが2列目シートで954mm、3列目シートでも851mmを確保。

シート・アレンジ次第でラゲッジスペースを最大2406㍑にまで拡大できるという。

新装備となる世界初の「インテリジェント・シート・フォールド」機能は注目だ。

<Livedoor・NEWSより>

 

スマホでシートレイアウトを変更できる

これは、ラゲッジスペースのスイッチやタッチスクリーン、スマートフォンから遠隔操作することで、2・3列目のシートを自動で展開する機能だ。それも7シートの状態から、2シートに折り畳んで荷室を最大にするまで、14秒しか要しないという。

また、ウェアブル技術を活用したウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー・電動インナー・テールゲート、電動ジェスチャー・テールゲートなど、最新の機能、装備を数多く取り入れたのも特徴だ。

走行性能については、オン/オフともにさらに磨かれている。

 

 

しかし、これ海でしょ?半端ないウォータープルーフ仕様が半端ないですね。

 

 

 

クロスリンク式電子制御エアサスペンション・システムとは?

新型では、走破性能もさらに強化しており、状況に応じてエンジンやギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセティングを自動で最適化するテレイン・レスポンス2オートや、2段階のオフロード・モードを備えた最新のクロスリンク式電子制御エア・サスペンション・システムをディスカバリーとして初搭載する。

このエアサスペンション・システムは

・50~80km/hで轍がついた荒れた路面:40mm上昇
・50km/h未満で過酷なオフロード走行:最大115mm上昇(先代モデル比:+10mm)
・105km/h以上でオンロード走行:自動的に車高が13mm下降
・エンジンOFF/シートベルトOFF:車高15mm下降
・ドアオープン:さらに25mm下降
・走行開始:通常位置に自動復帰
という制御をする。SUVがマーケットを席巻する現代にあって、ランドローバーならではのプレミアムな機能として話題になりそうだ。

 

 

 

コネクティビティも、安全支援も充実

新型は、さらにコネクティビティ機能も強化し、10.2インチの最新「InControl Touch Pro」を標準装備。Remote Premiumアプリを使えば、前述のインテリジェント・シート・フォールドをスマートフォンから操作できるほか、車内の温度調整や車両ロックの状態を確認できる。

その他、サラウンドカメラ・システムを標準装備し、
・歩行者検知機能がついた自動緊急ブレーキ
・ACCキューアシスト機能
・パークアシスト(縦列駐車・並列駐車・出庫)
・ブラインドスポット・アシスト
など、ドライバー支援システムのオプションも充実している。

価格は、下記の通り。
ガソリン・モデルのHSEが7,790,000円。HSEラグジュアリーが8,810,000円。
ディーゼル・モデルのHSEが7,990,000円。HSEラグジュアリーが9,010,000円。

今現在は、ジャガー・ランドローバー・ジャパンはインドのタタ自動車の傘下ですが、昔からレンジローバー等SUVを数多く出していますが、デザイン秀逸のSUVを出すことで有名ですよね。内装もとてもエレガントです。

ランド・ローバーイヴォーグもとても素敵ですが、SUVでコンバーチブルなところが良いですよね。またレンジローバーヴェラ−ルについてはコンセプトカーがそのまま製品化されたと有名ですよね。本当に美しいヴェラ−ル。今回のディスカバリーもかなり革新的な機能もあり今後のジャガー・ランド・ローバー色々と楽しみですね。

 

<ポチッとご協力お願いします>

 
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

【プリウスPHVに最適なタイヤは】スタッドレスタイヤ ブリジストンブリザックVRX2

アカプリオこと赤いプリウスPHVのタイヤをスタッドレスタイヤからサマータイヤに交換。

記事を読む

no image

NEW LEXUS LS 日本人ならではの美学がここにある。

NEW LEXUS LS   NEW LEXUS LSですね。 まるでク

記事を読む

昨年の箱根駅伝は石原さとみさんのCMとともに青いプリウスPHV。今年は白のGRプリウスPHV。トヨタ MIRAIも走る。

昨年の箱根駅伝はプリウスPHVが走っていたのでとても興奮しました。本番のレースよりも。写真を撮るのに

記事を読む

レトロなハイエース発売 リラクベースまるでヴァナゴンのようなカラーリング

  困ったときのResponse   またまたTOYOTAがや

記事を読む

WRCラリードイツ。オット・タナクの安定感が止まらない。チャンピオンシップ1,2,3位が争う!!

【SS7速報】SSS Wadern-Weiskirchen II (9.27 km) O.

記事を読む

やっと修理する気になった。窓ガラスにも遮熱フィルムを貼った。

    1っか月前に負った心の傷。とフロント右側の傷。 結構高

記事を読む

WRC超速報!SS14で最速はセバスチャン・オジエ。最後までやはり早いねえ。トヨタオット・タナクとの差が広がる。SS15ーSS16速報もここへ。頑張れあとSS16とSS17!!

いよいよ海の向こうのMonte Carloでは最終日が始めったようですね。今日中にMonte Car

記事を読む

no image

TOYOTA2020年代なかばまでに国内販売車種を半減!

おお!TOYOTAよ!アカプリ子の言うことを聞いてないねえ 国内の販売車種を半減させるとの

記事を読む

MINI クロスオーバー新型に初のPHV・・・47.6㎞/リットル。電動化へどんどん進むドイツもまずはphvで間違いない。プリウスphvほどではないけどなかなかの性能。四駆がいいね。荷物も積めるのも。5人がけも。

BMWグループのMINIは11月16日、米国で開催する ロサンゼルスモーターショー16において

記事を読む

箱根駅伝でTOYOTA MIRAIも走ってますね。昨年の箱根駅伝ではプリウスPHVも目立ってましたが、今年はGRのプリウスPHVですね。

箱根駅伝ではTOYOTA MIRAIも走ってますね。凄い宣伝になりますが、大変高いスポンサー料をTO

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


【枝打ちはたいへん!!】田舎暮らしもたいへん!!

本日は大洲市蔵川の実家にて 草刈正雄とヒノキの枝打ち。 &

台風一過

写真は2年前の西日本豪雨災害地 さだまさしさんを連れて行った

【新型ハリアーPHV】なんて良いじゃない!!!?

令和2年6月に発売予定の新型ハリアー良いですよね。 とっても知的

【愛媛で自給自足】昨日はイノシシ・シカ狩り。本日は草刈り。刈払機にやっと慣れてきた。

昨日は朝早くから 山へ鹿狩りとイノシシ狩りに  

【プリウスPHV燃費は99.9㎞/リットル】 本日は大洲市蔵川の実家の草刈り ナイロンカッターのコードがブチぶち切れる

2020年4月14日 プリウスPHVの燃費は 55.2㎞走

→もっと見る

  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0