マツダCX−4中国でカーデザインオブザイヤーを初受賞!プリウスphvを買うかCX-4を買うかとも考えてたけど日本では未発売。発売の予定も無いようですね。最近のマツダデザイン良いですからねえ。色々考えましたよ〜。

マツダCX−4中国でカーデザインオブザイヤーを初受賞!

マツダはクロスオーバーSUV『CX−4』が「2017年中国カーデザイン・オブザイヤー」を受賞した

と発表した

 

新型CX−5も発表されろロードスターRFも発売され各賞を受賞している

マツダ乗りに乗ってますね〜 デザイン部門では

fc4bf30caa1b7cb10563ffb4e9b0811a

しかし円高傾向ですから営業益はかなり落ちているみたいですね

日本でもあまり売れてないのでは無いですかね

 

私もアテンザワゴンを見積りしましたがとても日本者を買う値段では

無かったので断念しました

 

ロードスターRFは2000CCでした

 

 

前に書いたブログでは誤っていました

こちらで深くお詫びします

 

今回のCX−4は前々から気に入ってたデザインですが、中国のみの発売で日本には導入されていないので

残念ですよね

 

 

中国人としたらそれこそ「賞でもあげたい!」となりますよね数ヶ月ならまだ許されるけど

 

もう半年以上になるでしょ?まあ中国生産だから日本で生産ラインに乗ってからで良いんですけど

サイズ感はCX−5とあまり変わらないから

CX−3とCX−5の間の数字だけどCX−5とはあまり変わりませんからねえ

 

今回の中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤーおめでとうございます!

 

中国自動車専門メディア編集長倶楽部とPRIME RESEARCH&Consulting(Syanghai)社が主催するデザインアワード

 

マツダ車が受賞するのは今回が初めてとなります。

CX−4はSKYACTIV技術とデザインテーマ「鼓動」を全面的に採用し、今年6月に中国に導入されたクロスオーバーSUB

美しいデザインや優れた走破性と環境・安全性能が多くの支持者を集め、2016年10月末までに合計2万1860台を

販売している

 

かなりの販売台数ですね。分母である人口が多いですからねえ 13億人ですか それは自動車メーカーもマツダも

中国市場に傾倒するはずです

日本市場は若者もスマホばかりで自動車に乗りませんからねえ 田舎では自動車が無いと色々活動できないし

文化も発信できないですけどねえ 一概には言えませんが

 

まあこの様な車が高くなるのは仕方が無いですが ロードスターRFが320万円超えたら若者はカッコイイと

振り向いても値段を見てそっぽ向きますね

 

若者を引きつけて売り込む戦略が必要ですね

このブログでは日本にもう一度盛り上げたい文化なんかを取り上げ再度ブームにして

みたいことを取り上げます

新型CX−5は来年2月発売みたいです

現行型がアンコ型なんですけど新型はシャープで好感が持てますね

楽しみです!

 

 

<ポチッとご協力お願いします>

<a href=”//car.blogmura.com/toyota/ranking_pv.html”><img src=”//car.blogmura.com/toyota/img/toyota88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 車ブログ トヨタへ” /></a><br /><a href=”//car.blogmura.com/toyota/ranking_pv.html”>にほんブログ村</a>

 

<a href=”//car.blogmura.com/ranking_pv.html”><img src=”//car.blogmura.com/img/car88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 車ブログへ” /></a><br /><a href=”//car.blogmura.com/ranking_pv.html”>にほんブログ村</a>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください