WRCイタリア意外とTOYOTA調子よさげ〜! おお!!速報が来た〜。TOYOTAが3人共〜!!!

WRCイタリア 

 

【RALLYPLUSNETより】

 

WRCイタリア:競技2日目にヤリスWRCが合計4本のステージウィン、ラッピは3連続ベスト
BY RALLY PLUS · 2017-06-10

6月9日(金)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第7戦ラリーイタリア・サルディニアのデイ2では、TOYOTA GAZOO Racing WRT勢はヤリ-マティ・ラトバラが総合4番手、ユホ・ハンニネンが同6番手、エサペッカ・ラッピが同8番手につけた。合計で8本のステージで構成されたデイ2のうち、ハンニネンがSS3で、ラッピがSS5、6、7でベストタイムを記録するなど、ヤリスWRCはタフなグラベルロードで高いパフォーマンスを発揮した。

この日は、デイ1の夜にパルクフェルメ(車両保管)が設定された島北東部のオルビアからスタート。島北東部アルゲーロのサービスパークでのデイタイムサービスを挟み、4本のステージを2ループする設定で走行した。晴天に恵まれたサルディニア島北部は気温がかなり上昇し、グラベル(未舗装路)のコースはほぼドライコンディション。路面は砂や浮き砂利で非常に滑りやすく、パンクの危険性が高い難しい走行条件となり、多くのラリーカーがアクシデントやトラブルに見舞われた。午前中は一時ラリーをリードし午後は総合2番手につけていたハンニネンも、この日最後のSSのフィニッシュ近くでスピンしたが、それでもヤリスWRCは3台が揃って全ステージを走破。合計4本のステージウィンを獲得するなど、実りある1日となった。

トミ・マキネン(チーム代表)
「気温の上昇はマシンだけではなく選手やタイヤにとっても厳しく、予想通りとても大変な1日となった。しかし、今日はとてもポジティブな1日でもあった。ユホは、最後のSSでスピンするまでは完璧に戦いを進めており、エサペッカは3本のSSベストタイムを記録した。そしてヤリ-マティは上位争いに加わっている。スタッフ全員の努力に感謝するとともに、それが報われることを期待している」

TOTOYA / @World

ヤリ-マティ・ラトバラ (#10 ヤリスWRC)
「朝のステージは道の表面が大量のルーズグラベルで覆われていたため、とても滑りやすく感じた。今日3本目のSSではサンプガードをヒットし、スターターモーターを破損してしまった。1度エンジンが止まると再始動できなくなるため、とにかくエンジンがストップしないように注意して走った。日中のサービスでの作業で問題は解消されたが、午後はボンネット上に留めてあったラリープレートが走行中に外れて目の前でバタバタと動き、少し気が散った。午前中のSSはやや浮き沈みが大きかったと思うが、午後のパフォーマンスには満足している。明日は白熱した戦いになると思うが、自信を持って戦い抜くつもりだ」

TOYOTA / @World
ユホ・ハンニネン (#11 ヤリスWRC)
「今日最後のSSのフィニッシュ近くでクルマのフロントセクションにダメージを受け、タイムをロスしてしまった。橋の近くでブレーキングをした際に、路面が非常に滑りやすかったためスピンして壁にフロント部分が当たってしまった。その結果ラジエ-ターパイプが破損したが、応急処置を施しサービスパークまで戻って来ることができた。スピンするまでは特に大きな問題もなく、調子も良かっただけに残念。今日は路面がとても滑りやすかったが、駆動力がしっかりと路面に伝わっていることを感じた。ダンパーの改善作業が、うまく行っているのだと思う。午後は路面がかなり荒れて、轍も深くなっていたので、注意深く走ったため、少しペースが落ちてしまった」
エサペッカ・ラッピ(#12 ヤリスWRC)
「今日のタイムは自分たちの予想以上で、とても驚いている。特に午前中のステージではセカンドギアが使えなくなっていたが、通常の6速ではなく5速でも十分に戦えるのではないかと思ってしまったほど。日中のサービスではクルマのセッティングを大きく変え、午後のステージではフィーリングがさらに良くなり、それが好タイムにつながった。午後のステージで左フロントダンパーが破損してしまったが、それまでは完璧だった。戦いはかなりハイレベルになっているが、何とかいいタイムをマークしようと努めている」

【RALLYPLUSNET】より

やはりユホ・ハンニネンは予定通りの結果ですかね〜。まだ今回はわからないですよね。しかし全開のRALLYポルトガルから中途参戦してきたエサペッカ・ラッピがSS5.6.7でトップタイムですからね。末恐ろしいです。ひとつだけならフロックということもあるでしょうけど。

彼は本物かも。

ヤリーマティ・ラトバラは堅実な走りでTOYOTAトップの4位ですけど、エサペッカ・ラッピが台頭してきそうですね。

今年終盤には。ユホももっともっと頑張らないとくびですね。

ミケルソンにしといたら良いと思ってるのはアカプリ子だけでしょうか?

今から3日目の速報が入りだしますよ。みなさんも応援を!TOYOTAの応援をお願いします!!

【SS12速報】MONTE LERNO 1 (28.11 km)
1. O.タナク(F) 17:54.5
2. H.パッドン(H) +5.2
3. J.ラトバラ(T) +9.0
4. D.ソルド(H) +18.8
5. E.ラッピ(T) +19.0
6. J.ハンニネン(T) +20.0

【After SS12 of 19】
1. H.パッドン(H) 2:14:10.1
2. O.タナク(F) +9.4
3. J.ラトバラ(T) +23.2
4. T.ヌービル(H) +1:10.7
5. J.ハンニネン(T) +1:30.7
6. E.ラッピ(T) +1:55.5

このSSではヌービルがブレーキトラブル、オジエがパンクにより遅れ、
タナクが2番手、ラトバラが3番手に浮上しています。

5位のハンニネンもそして何より6位のラッピが凄い!!

これは面白くなりましたね。TOYOTAも久々のボディウムですか〜!!??

 

<ポチッとオ・ネ・ガ・イシます>

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

TOYOTAのマツダとの提携の本当の狙いは!?

TOYOTA☓mazdaの本当の狙いは!?   一昔前はクルマのメーカーは淘汰

記事を読む

TOYOTA 無敵(Invincible)50

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pus

記事を読む

WRCドイツ超速報!ss4までTOYOTAオットタナク首位!

【SS4速報】SSS Wadern-Weiskirchen I (9.27 km) 【Aft

記事を読む

WRCラリーイタリアトヨタ久々の表彰台には上がれますか?

WRCイタリア   さてさてアカプリ子のプリウスphvも20日間乗りましたよ。

記事を読む

やっと修理する気になった。窓ガラスにも遮熱フィルムを貼った。

    1っか月前に負った心の傷。とフロント右側の傷。 結構高

記事を読む

C−HRトヨタ大ヒットの予感ですね。

C-HRトヨタ大ヒットの予感 3ヶ月連続、SUV販売台数NO.1ですね。ライバルと言えばHON

記事を読む

寒い外気温は3℃ またまた寒さに弱いプリウスPHVを露呈しましたね。センターディスプレイの情報が多すぎて理解が大変です。

本日は昼間でも3℃ですね。時折雪が舞ってます。寒いはずです。朝起きた時は部屋でさえ9℃外はマイナスだ

記事を読む

【耕して天まで登る!】この段畑みかん

ここは西予市明浜町にあるみかん畑である。標高0mの海抜から200mくらいは登るだとうか? &n

記事を読む

WRCSPAIN超速報!

ヤリーマティラトバラは WRCSPAIN 残念ながらリタイヤですね。 最近

記事を読む

ル・マン24時間 TOYOTAの勢いはそのままで優勝しそうだが、昨年の悪夢があるからきっと優勝する。

アカプリ子が一生懸命TOYOTAを応援するに至った昨年のル・マン24時間耐久レース。 あま

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


【枝打ちはたいへん!!】田舎暮らしもたいへん!!

本日は大洲市蔵川の実家にて 草刈正雄とヒノキの枝打ち。 &

台風一過

写真は2年前の西日本豪雨災害地 さだまさしさんを連れて行った

【新型ハリアーPHV】なんて良いじゃない!!!?

令和2年6月に発売予定の新型ハリアー良いですよね。 とっても知的

【愛媛で自給自足】昨日はイノシシ・シカ狩り。本日は草刈り。刈払機にやっと慣れてきた。

昨日は朝早くから 山へ鹿狩りとイノシシ狩りに  

【プリウスPHV燃費は99.9㎞/リットル】 本日は大洲市蔵川の実家の草刈り ナイロンカッターのコードがブチぶち切れる

2020年4月14日 プリウスPHVの燃費は 55.2㎞走

→もっと見る

  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0