RALLYPLUSがやってきた!スバルもMITSUBISHIもWRCに復帰しないか。復帰してくれ。

RALLY+最新号が来た。忘れたころにやってくる。今回号のサービス品は

 

クリアファイル。

 

 

YARISWRCの真横の写真ですね。ド派手なウィングやバックスタイルは好きでしてこのYARISWRCはカッコイイけど市販車のYARISもビッツもあまりカッコよく無いですよね。また市販車とラリカーの性能の差が大きすぎて、現実味が薄いんですよ。

このRALLYPLUSが届いて表紙をめくると

 

 

スバルWRXSTIの広告では無いですか?マイナーチェンジしてカッコよくなってますね。エッジが尖ってて。

キャッチも「尖った大人もいいじゃないか」良いですね。良いですよ。人間歳取る度に丸くなってしまいますが、たまには尖ったクルマや大人が良いですよね。これ旧型は運転したことあるのですが、ホントエンジンの吹き上がりのスムースさが最高です。

ガソリン代の事を言わなければこれにしたかなあ。しないだろうなあ。だってプリウスphvよりも高いですしね。読者も減るでしょうし。

 

 

 

 

 

スバルさん このWRXでWRCRALLY復活しませんか?

ご存知の様にみなWRCマシンはハッチバックなんですよね。WRCRALLYの本場がヨーロッパでヨーロッパでは確かにハッチバック人気ですよ。

でも日本では今ひとつ人気がありません。昔は人気があった時代がありましたが、セダンが良いですね。WRX-STIの様な。

これあの派手なウィングが無いですがマイナーチェンジ車はオプションにしたのですかね、

正解だと思います。大人はあのリヤウィングは派手すぎです。もっと地味なウィングか無い方が良いですね。TOYOTAも18年ぶりにWRCRALLYに復活してヨーロッパでの売上がかなりアップしたそうですが、スバルもWRCで555が採用してからヨーロッパでの人気が上がったのでは。

 

大きすぎて狭いWRCRALLYのコースでは不利なんですか?でもなんとかスバルも復活して欲しいものです。インプレッサG4ベースでも良いですから。

もちろんカラーはWRCブルー。

そしてMITSUBISHIラリーアートも復活して欲しいですね。クルマはもちろんランサーエボリューション。赤と白ですか。

 

MITSUBISHIはあの軽四の燃費の過当競争による不正問題で沈んでますからねえ。まあゴーン率いるNISSANルノー連合に救われそうですから、

一安心ですが。

MITSUBISHIも軽四を売りたいとは思って無いんでは無いですか?本当はパジェロやアウトランダー。そしてランサーエボリューション。

そんなん売りたいのでは

 

アウトランダーpheVの技術も素晴らしいです。ほぼプリウスphvと同じくらいで買えたでしょうからほんとあカプリコのライフスタイルからしたらアウトランダーのほうがぴったりなのですけどね。

 

アウトドアが大好きでキャンピング用品など遊び道具がいっぱいあるので荷室にどんどん詰めるアウトランダーPHEVも考えたのですけどね。

本日プリウスphvの充電による消費電力を測るために電力量計を取り付けたのでphvや電気自動車のテストが出来ますよ。

MITSUBISHIさん待ってますよ。

ちなみにこのメーターのお値段は19900円。明日の朝の数字が楽しみですね。いったい充電にどのくらいの電気代が要るのか?正確に測れます。

 

さて横道にそれましたが、RALLYPLUS内容充実していますよ。 WRCRALLYがそれこそ群雄割拠でここでは群雄活況と書いてますがヒュンダイもTOYOTAもシトロエンもM スポーツもみな優勝していますからね。

昨年までのセバスチャン・オジエの1強やないですから。

面白いんですよね。でも4メーカーって寂しく無いですか?確かにWRCはお金がかかりますからね。

でもF1に比べればすごく安いはずです。TOYOTAのヨーロッパでの売り上げが伸びたように売上を伸ばせば良いのです。

まあ大変でしょうけどね。

スバルもあっという間に撤退を発表してね、本当は好きなメーカーなんですけどね。

頑張って復帰して下さいね。スバルさんMITSUBISHIさん。まってますよ〜。

 

 

<ポチッとお願いします>

 

 

 

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください