NEW CAMRY

新型カムリ登場! カムリの歴史を振り返る

 

GAZOOからですね

 

GAZOOのホームページを見ると歴代のCAMRYが出てましたから

まだ5代目と半分までですけどね

途中不細工なモデルもありましたが

最初の頃はカッコ良かったですよね

そしてNEWCAMRYはとてもカッコよくなりましたね。ここんとこ鳴かず飛ばずでしたがアメリカでは売れていたのですか?

アメリカのママチャリ

CAMRY

NEWCAMRY

セダンもクーペも今は売れない時代ですから 心配ですけど

このスタイルと性能とアメリカではとても安い価格で売れると想いますよ!きっと!

 

 

先日、新型カムリが登場しましたが、実はこれ1980年の登場の先代のセリカ・カムリから数えると、10モデル目なのです。そこで今回は初登場から最新型まで、カムリの歴史を振り返ってみましょう!

初登場 (A40/A50型: 1980~82年)

 

 

 

カムリが初めて登場したのは1980年のこと。当初は「セリカ・カムリ」という名前であり、その名の通りセリカの4ドアセダン版として登場しました。コンセプトは「走行性能に優れた高級スポーティセダン」であり、実のところはカローラ店向けに仕立てられたカリーナの兄弟車でした。しかし、一部グレードにはカリーナにはない4輪独立サスペンションが採用され、「セリカ」の名前に恥じないスポーティセダンに仕上がっていたのです。

1代目 (V10型:1982~86年)

 

 

セリカ・カムリの登場から早くも2年余りでフルモデルチェンジを果たしたカムリ。ここから「セリカ」の名前は外れ、「カムリ」が正式名称になりました。また大きく変わったのが駆動方式。初代の後輪駆動から一転、前輪駆動へとなり、「小型高級FWDセダン」と謳っていたのです。また、この代から兄弟車としてビスタが登場。ビスタにはカムリに設定されなかった(輸出仕様を除く)5ドアハッチバックも存在していました。

2代目 (V20型:1986~90年)

 

 

2代目へとモデルチェンジを果たしたカムリは、当時流行していた「ハイソカー」のマークIIなどのイメージを盛り込んだデザインとなり、87年にはV6エンジンを搭載した「プロミネント」が登場するなど、上級志向が一層強まりました。翌88年には4ドアハードトップも追加となり、プロミネントのハードトップモデルは89年に北米市場でスタートしたレクサスブランドから「レクサス・ES」としても販売されました。

 

3代目 (V30型:1990~94年)

 

 

 

3代目となったカムリは5ナンバーサイズを維持するために国内専用ボディとなります。ボディタイプのラインナップは先代と同じく4ドアセダンと4ドアハードトップの2種類で、V6エンジンを搭載するプロミネントも継続設定されました。ちなみに北米市場向けにリリースされたカムリは1992年からセプターの名前で日本でも販売され、セダン、クーペ、ワゴンの3種類のボディが用意されていました。

 

 

 

4代目 (V40型:1994~1998年)

 

gazooからですね。

 

 

4代目のカムリも先代と同じく日本専用の5ナンバーサイズボディをキープ。それまで高級化の一途を辿っていましたが、それを見直してシンプルかつクリーンなミドルサイズセダンへと原点回帰を果たしました。その結果、4ドアハードトップやV6エンジン搭載車もラインナップから外れる形に。1996年には実質的な後継車となる「カムリグラシア」がデビューしますが、再び北米カムリと同等のボディを持ち大型化されたため、5ナンバーサイズの4代目カムリも98年まで併売される結果となりました。

さて、今回はカムリの歴史の折り返し地点となる5世代(初登場~4代目)のカムリを振り返ってみましたが、意外とキャラクターが異なることがお分かりいただけたのではないでしょうか? 続いては5代目からを振り返ってみますよ~!

<ポチッとご協力お願いします>

 

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください