ポルシェの電気自動車。本気の電気自動車ですね。ポルシェが造るととてもカッコイイ!けどリチウムイオン電池のままでは日本では充電時間がかかりすぎ。走行距離と充電時間は不両立!

これはパナメーラに見えるのだけど違うのかなあ

ポルシェ初の市販EV

満を持してやなくて

<Responseより>

やはり親会社のVWの「ディーゼル車排出ガス不正問題」から来る電動化への急激なシフトによる影響でしょうね。どうしてもディーゼルをアメリカの基準化ではドイツ車といえど苦戦していますからね。マツダでさえskyactivディーゼルや無くてガソリン車で押してるでしょ。マスキー法をクリアした経験のある日本車でも苦戦しているのがアメリカ市場ですよね。石油をどんどん生産し、ガソリンをどんどん使えというドナルド・トランプの策とは全然違うのはどういうことなんでしょうね。

TOYOTAのハイブリッドも大変な目にあってますしね。まあそんなこんなでVW大グループは電動化はいきなりEVなんですね。

バッテリーま全固体電池では無いと思いますが、充電システムで電圧を上げて通常400Vを800Vを採用することにより約15分で満充電の80%、400km以上を走行する。

 

また約20分でフル充電を完了し、530kmの航続距離を実現するという。

 

ここで問題なのは日本国内では100V〜200V供給なので、これ以上は6000Vの高圧ですからねえ。今は急速充電器は200Vで供給を受け、それを急速充電器内で電圧を上げ、400V〜500Vにして充電していますが、ヨーロッパではこの800V急速充電器のインフラを創ろうとしているんでしょうね。

日本ではまずこのインフラ再構築は難しいと思いますね。そして急速充電器での満充電もバッテリーを消耗させますから、結局バッテリーの交換とかになるのだったら、無理はしないほうが良いような気がします。

やはり根本的にバッテリーを全固体電池にして走行距離を倍、充電距離を短時間にしないと本当の電動化時代はまだまだだと思います。

結局嫌気がさすと思います。再々の充電、ハラハラの走行距離では。充電器を探しての運転ほど嫌なものはありません。まあガソリンスタンドも一緒ですけど、最近のクルマはガソリン車でも燃費がよく600kmくらいは走りますからね。

PHVならなおさら、ガソリンだけでも1300kmくらい走ります。

パワートレインは2基のモーターを搭載、最高出力は600psを発揮する。0−100km/h加速は3.5秒、0−200km/加速は11秒台とFerrari「F50」級の加速力を持つとレポートされている。

 

<Responseより引用>

 

ポルシェ・パナメーラにはPHVがあるし、全固体電池まではPHV売って欲しいなあ。PHV乗りとしては。でもテストはしてみたいですね。600psの電気自動車。

ヨーロッパではPHVの比率が6割と言うからねえ。日本ではなんでこんなに人気ないのか?PHV、もっと頑張る。
<ポチッとご協力お願いします>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

ラリープラスネットからラリプラメンバーズに『1/43 TOYOTA YARIS WRC2018 TEST CAR』が来た!

来た来た来ました。ラリプラメンバーズのおまけ。TOYOTAYARISWRCのホワイトモデル

記事を読む

no image

ZVW52プリウスPHVに乗って半年

プリウスPHVを購入して 半年181日になりました   しかしショップか

記事を読む

プリウスphvのライバル BMW i3はどうか?

BMW i3   BMWのスタイルらしく無いですけど 使い勝手は良さそうです

記事を読む

来年はAI(人工知能)が来る!Amazon echoが売れそうだな。

Google PIXEL というスマホにはAIが搭載されるようですが   &n

記事を読む

トヨタのMIRAIでTOYOTAの未来について考える。

昨年のTOYOTA ル・マンも良かった。そしてWRCラリーもYARISWRCで18年ぶりの復帰!楽し

記事を読む

TOYOTAハイエース

勝手にTOYOTA応援ブログ。 この春ね本当は昨秋のはずだったけど遅れに遅れたプリウスphvを待って

記事を読む

LEXUSUXコンセプト これは欲しいぞ!

勝手にLEXUS・トヨタ応援ブログ   ドナルド・トランプに睨まれた形のトヨタ

記事を読む

SUPRA スープラ ニューモデルもうすぐ出るよ!カッコイイのでは。買いますか?

TOYOTAスープラ。憧れでしたね。昔のスープラ。 最初はセリカスープラと言ってたかなあ。リト

記事を読む

トヨタGAZOO Racing 今年のル・マンはやっとやっとの優勝か?

TOYOTA GAZOO Racing ル・マン24時間にかける。  

記事を読む

TOYOTA GRスーパースポーツCONCEPTを東京オートサロン2018に出展予定

色んな面で大変なTOYOTA でも色んな新型車を発表して色々刺激を与えてくれます。車メーカーで

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0