TOYOTAオット・タナクがstop。トップはⅯスポーツのセバスチャン・オジエ。やっぱりこの人男前だし。すごいよ。でもTOYOTAのヤリーマティ・ラトバラとエサペッカ・ラッピも2位と3位。それも4秒差11秒差だからまだまだわからない。オット・タナクはラジエーター破損でした。

【SS18速報】Gartheiniog 2 (11.26 km)

1. A.ミケルセン(H) 6:43.6

2. C.ブリーン(C) +2.3

3. T.ヌービル(H) +4.5

= E.ラッピ(T) +4.5

5. S.オジエ(F) +5.2

6. M.オストベルグ(C) +5.6

7. H.パッドン(H) +5.7

8. J.ラトバラ(T) +6.7

9. E.エバンス(F) +9.4

【After SS18 of 23】

1. S.オジエ(F) 2:31:22.5

2. J.ラトバラ(T) +4.4

3. E.ラッピ(T) +11.8

4. C.ブリーン(C) +13.5

5. M.オストベルグ(C) +34.1

6. A.ミケルセン(H) +36.5

7. H.パッドン(H) +45.4

8. T.ヌービル(H) +55.5

SS19は日本時間7日(日)15:22スタート予定です。

Rallyプラスネットより

3日目終わり、なんとTOYOTAGAZOOracingのオット・タナクがstopしたみたい。調子よかっただけに残念。ただヤリーマティ・ラトバラが4秒差で2位

11秒差でエサペッカ・ラッピが3位だからまだまだわかりません。しかしこのセバスチャン・オジエねばいですし、強いし男前。フランス人ですし。来年はシトロエンに行くことが決まってます。WRCラリーの中では今現在1弱ですから。良いですね。来年はもっと盛り上がりますよ。

ヤリーマティ・ラトバラは今年優勝は確か無いはず。逆転して優勝してほしいですね。4秒ならまだまだわかりませんし、トップのセバスチャン・オジエをまだまだプッシュしないと余裕あるタイム差ではありませんから。現在チャンピオンシップトップのティエリー・ヌーベルも8位。まだまだ上を狙ってくることでしょう。オット・タナクはラジエータの破損の様です。大事なエンジンを守るためまだ2戦ありますから。エンジンを温存するためにstopです。初日にくらっしゅしてましたからその影響かもしれませんね。メカニックトラブルはほんと残念です。長く厳しい戦いですから仕方無いとこもありますけれど。

#WRCRally #WRCRally速報

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください