いつかはクラウンは買いか?クラウンの時代は終わったのか?

TOYOTAのフラッグシップサルーン クラウン。昔はいつかは「クラウン」なんてCM打ってましたが、もはや夢の車では無いですね。近くの道の駅に停まってました。本当はこの向こうにグレーのプリウスphvが停まっていたんでそれを撮影しようとしたのですが、運転席で寝てる方がいて都合の悪い写真になったらいけないのでやめたんです。それでこのクラウンを見つけてこちらを撮ったのですけど、あまり食指が動くような車では無いですね。3.5リッターのHYBRIDなんてのもありますから、実際に乗ったらパワフルなんでしょうが。

日本の巷では売れてるらしいですけど、アメリカでも中国でも販売されて無いんでしょう?日本専用の車がこんなにでかいなんて!?そしてそれがアメリカで販売されてないなんてもったいないですね。日本専売なんて??

TOYOTAのフラッグシップを買うならレクサスのほうがやはりブランド力あるし。今度のレクサスESもカッコいいですしね。はじめてのミラーレスですし。なんで先行したLSに最初ミラーレス付けなかったか疑問です。

近くの会社でも一つ前のクラウンとこのクラウンと2台あるけどあまり羨ましく無いです。600万円くらい払うならBMWとかベンツとか買いませんかね。

でも信頼度はTOYOTAのものですから。先日も徳島県に行って大規模にいちごを作ってる農家さんを訪ねたのですがその人もベンツ。コンプレッサーがイカれたので修理しようと見積もりとったら50万円。それで三菱のアウトランダーPEHVでも買おうと思ってたんだけど、結局ベンツの新車を買ったらしい。

外車はこういった売り方上手なんですよね。前者の価値を高く評価し下取りを高く取る。お得感を売り新車に買い換えさす。そんなやり方が上手です。

日本車もあまり現金で購入する人は少ない時代だと思うけど支払い方も大事ですよね。半分だけの価値でローンを組む。なんて方法もあるようですけどね。

最近のセダンもポルシェプリメーラの様にクーペラインのルーフになってきているからスポーティーでカッコいいです。

ほんまプリメーラなんかめちゃ素敵です。しかしですよしかしSUV 全盛で今後クラウンの未来はどうなるんでしょうね。TOYOTAもそれは本当に危惧してて前モデルでもピンクのクラウンを出して注目を引こうとしてましたけどそんなものではお客さんは動きませんから。

ほんと車社会というか車メーカーを取り巻く環境は激変しています。あの電気自動車のテスラもFBIの調査が入ろうとしています。出来もしないSシリーズを量販出来ると嘘ついたと。あの予約受け付けのときにはすごい話題になりイーロン・マスクはまるでヒーローでしたが。1年でここまで変化しました。

スバルも日産も点検の不正をしていました。日産も一時期売る車が無かったなど窮地に陥りました。

激変するこの環境の中 TOYOTAはどうやって生き残っていくのでしょうか?クラウンはこのまま売れるのか?売るのか?電気自動車はいつ出すのか?中途半端なリチウムイオンの電気自動車で良いのか?HYBRIDはいつまで持つのか?もっと進化させるのか?

年間1000万台売る世界のトップメーカーの不安だらけなのです。トランプの一言で次世代環境適合車なんて創らなくても良くなる可能性もあるのです。しかしトランプが終わったら急速に環境適合車だけしかうれなくなるかも。

まあそんなものに影響されないTOYOTAになってほしいです。

やはりまずは日本の生産や日本の地域を大事にすることだと思います。都会では車を持たない若者が増えています。しかし地域では絶対に必要な足です。しかし地域の農業や漁業などはほぼ軽トラを使って仕事してます。夢が小さいです。

ハイラックスやハイエースなどで若者が地域で仕事をしてほしいです。そんな姿が日本の田舎で残れば夢があるって感じます。頑張ります!

にほんブログ村 車ブログへ


にほんブログ村
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください