ジャガー・ランドローバー 5割を電動自動車へ 2020年には

イギリスの高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー。

今やインドのタタ自動車の子会社ですが

 

今後 電動化車両のラインナップを大幅に拡大することが

わかった。

 

これは11月16日、米国で開幕した

ロサンジェルスモーターショー16に

おいて

ジャガー・ランドローバーの

ラルフ・スペッツCEOが明らかにしたもの。

20161128102408_660_

ラルフ・スペッツCEOは

「2020年までに今後生産および発売するジャガー・ランドローバー車の

半分を電動化し、顧客だ選択できるようにする」

と発表している。

 

この計画の先陣を切るのが、ロサンジェルスモーターショー16で

 

初公開されたジャガー「I-SPACEコンセプト」。

 

奏者はスーパーカーの様な外観、スポーツカーのパフォーマンス、

 

そしてSUVのスペースを兼ねそなえた5人乗りの

EVで2017年後半に市販ボデルを発表し

 

2018年に発売する

 

此の他ジャガー・ランドローバーはよりクリーンな未来を目指して

クリーンディーゼルや

ガソリンエンジン プラグインハイブリッド車(phv)

 

マイルドハイブリッド車を今後の製品戦略計画に

盛り込む

 

ジャガー・ランドローバーのラルフスペッツCEOは

 

「私たちは未来に向けて独自のアプローチで自動運転やコネクテッド・カー

 

EVの開発を推し進め顧客にさらなる選択肢を提供していく」

 

とコメントしている。

 

僕と一緒の考え方や

 

日本のメーカーは日本では売れる車種に絞って

売れない車は出さない

出す前に出さない事を決めている

多種多様な車を提供提案することで本当は車なんて

いらないって思う人もライフスタイルまで

 

変えて買いたいと思うかもしれない

選択肢を狭めることは車社会や車文化を

狭めること。

 

如何に新しいクルマや新しいクルマのある社会を

提案して新しいクルマ文化を作ることが

 

若者のクルマ離れを防ぐということですよね

 

車が欲しい方 特に燃費が良い車が

そして新しい車を創って広めたい方

 

このブログで色々発信していきますから

 

また呼んでくださいね。よろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください