ハスクバーナ TE250 2017 再定義されたエンデューロ オイル交換不要 メンテナンス要らず

あのハスクバーナから凄いマシンが

登場です!

TE250はたった100kg

しかない超軽量マシン

単気筒 2ストロークエンジンで

pho_bike_90_re

 

危険な所を走るのでメンテナンスフリーが

一番のウリの様ですが

なんと!オイル交換が不要

らしいです。一生!!

 

これ良いですね。

でも本当かな?

ハスクバーナホームページから

TE250はエンデューロライダーが好む、簡単で

メンテナンスの必要が少ないエンジンコンセプトを

採用しており、最新のテクノロジーを

さらに活用しています。

クラス最高の出力と最新の軽量設計の組み合わせは2017年

モデル用にさらに改良されました

 

新しいシャフト調整はマスの集中力を向上し

カウンターバランスシャフトとともに

振動を低減します。

 

新しい38mmの

平面スライド MIKUNI TMXキャブレターは高度や

温度の変化への抵抗性を増したので

以前のキャブレターに比べて調整頻度が少なくて済みます

新しいセルスターターユニットは

エンジンケース内に収納され衝撃から保護されます

 

軽量かつ強力なリチウムイオン電池に接続されているため

必要な時に確実に始動します

 

って事です。

日本ではバイク離れも激しいですからねえ

こんなメンテンナスフリーで

軽くてカッコイイバイクなども

選択肢のひとつに出来れば

 

バイカーも増えるのでは

このままでは公道は乗れない様ですが

保安部品あるんですかね?

 

ようわかりません。

 

 

ハスクバーナと言えば

 

チェーンソーで有名ですけど

 

今はバイクメーカーハスクバーナモーターサイクルとは

 

別会社になった様ですね

 

チェーンソーのハスクバーナは

 

 

日本のゼノアという

農機具メーカーも

買収してますね。

 

ちなみに高度358mのところに

ある山中の実家にはゼノアの草刈り機が3台

 

あります。

 

ハスクバーナのナンバーの無いエンデューロバイクでも

走れそうなオフロードはたくさんあります。

 

そんなオフロードバイカーがたくさん集まり

農業体験やオフロードバイク体験や

林業体験やツリークライミングや草刈り瞑想や

 

宿泊が出来るような施設を

その358Mの山中に作りたいなな

 

夜は焚き火と星空を見る

 

美味しい田舎料理を囲炉裏にて

 

皆で囲む

 

やりたいなあ

 

そんなライフスタイルの提案があって

初めてバイクブームの再来も

あると思っています

やりたいこといっぱいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください