二宮忠八唐揚げ

八幡浜の記事が多くなります。

クリスマスオレンジが八幡浜でやってますからねえ

聖地とすべく

しかしかなり

八幡浜の為に動いているのですが

あまり評価されないので

そろそろ住んでいる街を

応援しないと

ヤバイです!

 

ただ今日は八幡浜の記事

クリスマスオレンジの屋台村で

出店してた

二宮忠八唐揚げ

 

二宮忠八はあのライト兄弟より早く

飛行機が翔ぶ原理を発見した人ですが

 

カラスを翔ぶのを見てね

その二宮忠八が生まれて

ちょうど150年なので

 

今年八幡浜みなっとでは航空ショーとか色々

やって盛り上がりましたね

其の時に次のトレンド食として

 

この忠八唐揚げを売り出しました。

 

意外とというといつも失礼なのですが

とても美味しいです

 

ポテトと大分のカボスも入ってますね

 

カボスいい感じです

油っこさを取り除くのに

いい感じです。

 

なぜ150年も前に

飛行機の事を考える

 

余裕があったのでしょうか?

その先取の気概があったのでしょうか?

 

僕が思うに八幡浜はお金持ちが多かったからだとも言えると

思います。

まあ南予は米どころや魚介類、和ろうそくなど色んな

食や産物に恵まれていましたからねえ

 

今でもビックリするくらいな庄屋屋敷や網元屋敷が

残っていて往時の華やかさを感じます

 

今となってはその大きな家は保存するにも大変で

改修やリノベするには

億単位かかる家なんても

あります。

 

先取の気概を持ってたはずの南予や南予人が

今元気が無いのは何故なんでしょうか?

 

色んな環境が違うからですよね

 

食や商いや

 

まず食ですがお米を日本人食べなくなりました。

パンの売上がお米を抜いたのです

 

パンの場合は色んな味や種類がありますから

まだ多様です

 

お米の場合は食べ方が限られていますからねえ

其のために友人は米粉のパン専門で

やっていますけど

 

米食のトレンド回復には到底至りませんよね

 

ごはんも美味しいですけど

今は糖質のとりすぎだと問題にもなってますし

 

そして商売

これも交通の便もあって地元商店街ではモノ買わないですよね

 

まあ空き店舗だらけの商店街ですし

お客に来てもらう為には品揃えを完璧にしないと

いけないし

品揃えをしたら在庫になるし痛し痒しですよね

 

中にはお店でサイズ合わせしてネットでご注文なんて

人も多いですしね

 

エミフルなどのショッピングモールもうかうかしては

おれないいですよね。

 

結局衣装合わせルームにしかならない恐れもありますから

今はネットが強いと思います

 

そしてGoogleのご加護が無いとなかなか勝てません

クリスマスオレンジも終わったけど

八幡浜の人あまり宣伝してくれて無いですからねえ

広報はオレの役割なんですかねえ

いつまでも

 

僕はそろそろ住んでいる街を応援しますよ。

 

「環境は変わる いつまでもこの環境では無い

良くも悪くも環境についていく者だけが生き残れる」

ダーウィンもそんなこと言ってましたが

そのとおりだと思います。今は悪くても環境に

適合していたら良くなって来ます

その環境がどのような環境なのか

読み取る力が要りますからねえ

 

今はあまりにも環境が悪いので

ジッとしている人が多いけど

これが一番罪ですね。

環境が悪いなりに藻掻いて藻掻いて藻掻かないと

そのうち何が正解か見えてくると

思います。

 

その店八幡浜商工会議所青年部などの藻掻きは

目に見えてわかるので良いですよね

 

 

僕もやっと光が指してくるのが見えて来ました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください