この春にTOYOTAプリウスphv納車予定!

公開日: : 最終更新日:2017/01/15 エコカー, プリウスPHV

カローラフィルダーHV

 

プリウスphvがもっと遅くなってたら

お金の算段がまるきり

 

無理だったらTOYOTAカローラフィルダー

HVにしたかもしれません

 

250万円位の車ですから300万円未満で

乗れるようになりますか?

 

もう少し安くても良いですね。
<スポンサードリンク>



しかしセダンがこんなにかっこ悪いのです

 

これはお年寄りしか乗りませんねえ

トヨタはグリルを大きく空けています

 

それはAUDIのグリルが大きくて素晴らしいアイデンティティを

表現しているからです。小さいけど

 

BMWの様にしっかり文化になっているグリルもある。

 

そこをトヨタは悩みに悩んで大きい開口部の

あるグリルこそ新たな

アイデンティティを産むものと

感じてるかもしれないが

 

むしろ逆ですよね

 

ほんと巨大になればなるほど

悩みも大きくなるのはわかりますが

トヨタ悩んでますよね

 

特にLEXUSのフロントマスクは

スピンドルグリルと言って

統一されていってますが

 

あのグリル

どうもいけてません

 

 

 

カローラセダンやフィルダーなど

ほんと若者のクルマ離れを防ぐために

 

一番手頃な価格帯なのにまるでダメダメデザインですね

 

フィールダーはまだ良いけど

 

エンジンも1500CCのハイブリッド燃費もいいですからねえ

 

こんなクラスこそ若者向けのデザインにすべきですヨねえ

 

トヨタさん

 

年間1000万台以上も生産し販売していると

見えなくなるんですよね

 

確かにそこまで販売する会社は迷走しています

今年トップになった

VWなんて

 

排出ガス不正の煽りを受けて

安売りやらキャンペーンの結果

一位になったのですよね

 

おそらく長くは続きません

販売手法に無理があります。

 

トヨタは直ぐ挽回するかもしれません

しかしあっという間にスモール・ハンドレッドに食われるかも

知れません

 

次世代環境適合車を見誤ってへんなモノに手を出してると

とんでもない事になります

 

しかし今はphvがベストでしょう

それは電気自動車の走行距離の短さと

長くすれば充電時間が長くなるという

ジレンマのおかげです

 

バッテリーの発展途上で

まだ不完全なバッテリーを搭載して電気自動車が主流になることは

ありません。

 

マグネシウム電池など電池が改良されて短時間充電長距離航続が

必須です。

 

そんな電気自動車の開発が急がれます

 

しかし今はphv特にプリウスphvが

今の過渡期の中では一番の環境適合車なのです

 

そこを実車をわざわざ購入してインプレッションします

3月か4月に納車予定であります

 

お楽しみに

 

最適な充電方法、最適な電気料金メニュー、最適な走り

インプレッションします!にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

TOYOTA ダイハツという子会社がいながらスズキに近づく理由。

スズキ スーパーキャリー良いですね。   これのガーデニングカラーが欲しいです

記事を読む

モトローラ MOTOG 5PLUSをPocketphvの為に購入した。

PocketPHV クルマから離れていても、車両情報(電池残量・外部給電・ソーラー充電)の確認

記事を読む

WRCラリー・スウェーデン復活のTOYOTAは2位!

TOYOTAプリウスphv。いよいよ2月15日発売。首を長くして待ってるアカプリ子。納車は3月か4月

記事を読む

とうとう来ましたよ。赤いプリウスPHV。やっぱり赤だよね〜。

赤プリオ納車 やっと来ました。しかしまだまだ納車では無いです。ショップまで届きました。これから

記事を読む

箱根駅伝 プリウスphv石原さとみさん起用のCM流れましたね。終わりの頃気づきましたが写真撮れませんでした〜。

箱根駅伝   やっと今終わりましたね。 青山学院3連覇おめでとうございま

記事を読む

【フランス 「農業部隊」】求人に20万人もの応募。新型コロナウィルスでフランス農相が失業者らに呼び掛け!

  新型コロナウィルスが蔓延する中 今こそ農業だという風に思い ブログで

記事を読む

ダカールラリー2019でワン・ツーフィニッシュで市販車部門優勝したトヨタ車体のランドクルーザーはディーゼル仕様です。

ダカールラリー2019の市販車部門でワン・ツーフィニッシュで勝ったのはチームランドクルーザー・トヨ

記事を読む

LEXUS スーパーヨット発売!

LEXUSスーパーヨット発表ですね。ヨットと言うのはプレジャーボートもある程度大きくなるとセイル(マ

記事を読む

SURFACE STUDIO 次のPCは何にするか?トレンドは何か?

SURFACE STUDIO 出ました〜 サーフェイス 新型 SURFACE ST

記事を読む

車 Amazon 販売 NISSAN 日産 来てるね日産

日産の先進技術搭載の 2車を特別セールですね Amazonで    

記事を読む

Sponsored Link


Comment

  1. […] 新型プリウスphvを待つ身。中々来ないですよね。2月15日発売ですから。早くこないですかね。 しかしWRCとWECともにVWグループは撤退したんですね。 やはりディーゼル車の排出ガス不正は想像以上に深刻ですね。アメリカの当局への賠償金の支払いはあるしね。   しかしVWは色々キャンペーンやってますね。最近はCMもよく見ます。最近見かけるのはVWティグアン。ミドルサイズのSUVでドイツでは一番売れているSUVですね。 どこと言って特徴の無い外観ですね。おとなしすぎる感があります。 なんかWebカタログを見ると安全対策が凄いですね。予防安全、衝突安全、二次被害防止とVOLKSWAGEN オール・イン・セーフティを一番売りにしてますね。肝心のエンジンは1.4リットルTSIエンジンですね。HVでもphvでも無いですね。 ■1.4リットルTSIエンジン 高出力と低燃費を両立した1.4リットルTSIエンジン。小型の水冷式インタークーラー付きターボチャージャーを搭載した「直噴+加給」システムのパワユニットは、5000〜6000rpmで110kw(150PS)の最高出力を、また1500〜3500rpmで250Nm(25.5kgm)の最大トルクを発揮。さらに、一時的に2気筒を休止させるアクティブシリンダーマネジメント(ACT)の機能があわさることで、低回転域からの自然なレスポンスでの走りを、優れた燃費とともに実現します。   ■アクティブシリンダーマネジメント エンジンへの負荷がそれほど大きくない場合、4気筒のうち2気筒を休止させて燃費の向上を図るシステム。エンジン回転数が1400rpm〜4000rpm、時速130km以下で作動します。これにより燃料消費を100km走行あたり約0.5リットル以上削減。機構はスムーズに作動するのでドライブ中に違和感を覚えることもありません。 しかし100km走って0.5リットル以上ですか。この数字に違和感を覚えますね。電動化も遅れてますね。 ■DSGトランスミッション 2つのクラッチを持ち、切れ目のない滑かな加速を実現する新世代のトランスミッション「DSG」を搭載。オートマチック・トランスミッションと同様の簡単な操作で0.03〜0.04秒というRacingドライバー並のシフトチェンジを実現しました。また高い伝達効率により燃費の向上にも貢献します。ステアリングから手を離さずに、指先だけの操作でシフトアップ・ダウンを可能にするパドルシフトも装備。 ■ドライビングプロファイル機能 【エコ】【コンフォート】【ノーマル】【スポーツ】【カスタム】の各モードから、タッチひとつでシーンに合わせた選択が可能。ダンパーの減衰力を瞬時にコントロールするDCCに加え、シフトプログラム、エア・コンディショナー、電動パワーステアリングなどの、機能の設定を最適化することで、お好みのドライビングスタイルが得られます。   安全装備が凄いって言ってたけど!?結局エンジンのお話になりました。室内は良い感じです。 とてもカジュアルで使いやすそう。 しかし、やはりVOLKSWAGENには焦りが見え隠れしますね。安全装備だとか、コネクティッドナビとかエンジンの基本性能をおいて装備の充実で売ろうとしているのがわかります。HVでもphvでも無いのが気になります。WRCの撤退、WECの撤退、そして何よりVWも世界中に社員がいます。特にドイツ国内ではリストラが数万人単位で行われます。エンジン部門が電動化部門へ移ると思いますが、やはりリストラは避けられません。一部ディーゼルエンジンの排出ガスの不正に関わったお偉い人のせいで多くのVW社員が犠牲になっています。WRCやWECのドライバーだけでなく、関わる人は多いですから尚更です。 排出ガスの不正を行っていたわけですから、良い車造りが出来なかったということです。そう言った中でVWの向上の人がモチベーションが保てるのでしょうか? 昨年の販売台数1位はVW(フォルクス・ワーゲングループ)2位がトヨタ。 トヨタもGMの販売台数を超えた時にえらい目にあいました。レクサスGSが暴走して人が亡くなり、豊田章男社長は公聴会に立つことになったのです。真相はわかりませんが出る杭は打たれるのです。 ヨーロッパでもアメリカでも好調な販売台数を誇るトヨタ。ドナルド・トランプのどんな仕打ちが待っているか計り知れません。 巨像は大きいほど足のちょっとした怪我で倒れてしまうのです。HV潰しはすでに始まっています。VWもトヨタも今年の動きや販売台数が気になるのです。 にほんブログ村 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0