この春にTOYOTAプリウスphv納車予定!

カローラフィルダーHV

 

プリウスphvがもっと遅くなってたら

お金の算段がまるきり

 

無理だったらTOYOTAカローラフィルダー

HVにしたかもしれません

 

250万円位の車ですから300万円未満で

乗れるようになりますか?

 

もう少し安くても良いですね。
<スポンサードリンク>



しかしセダンがこんなにかっこ悪いのです

 

これはお年寄りしか乗りませんねえ

トヨタはグリルを大きく空けています

 

それはAUDIのグリルが大きくて素晴らしいアイデンティティを

表現しているからです。小さいけど

 

BMWの様にしっかり文化になっているグリルもある。

 

そこをトヨタは悩みに悩んで大きい開口部の

あるグリルこそ新たな

アイデンティティを産むものと

感じてるかもしれないが

 

むしろ逆ですよね

 

ほんと巨大になればなるほど

悩みも大きくなるのはわかりますが

トヨタ悩んでますよね

 

特にLEXUSのフロントマスクは

スピンドルグリルと言って

統一されていってますが

 

あのグリル

どうもいけてません

 

 

 

カローラセダンやフィルダーなど

ほんと若者のクルマ離れを防ぐために

 

一番手頃な価格帯なのにまるでダメダメデザインですね

 

フィールダーはまだ良いけど

 

エンジンも1500CCのハイブリッド燃費もいいですからねえ

 

こんなクラスこそ若者向けのデザインにすべきですヨねえ

 

トヨタさん

 

年間1000万台以上も生産し販売していると

見えなくなるんですよね

 

確かにそこまで販売する会社は迷走しています

今年トップになった

VWなんて

 

排出ガス不正の煽りを受けて

安売りやらキャンペーンの結果

一位になったのですよね

 

おそらく長くは続きません

販売手法に無理があります。

 

トヨタは直ぐ挽回するかもしれません

しかしあっという間にスモール・ハンドレッドに食われるかも

知れません

 

次世代環境適合車を見誤ってへんなモノに手を出してると

とんでもない事になります

 

しかし今はphvがベストでしょう

それは電気自動車の走行距離の短さと

長くすれば充電時間が長くなるという

ジレンマのおかげです

 

バッテリーの発展途上で

まだ不完全なバッテリーを搭載して電気自動車が主流になることは

ありません。

 

マグネシウム電池など電池が改良されて短時間充電長距離航続が

必須です。

 

そんな電気自動車の開発が急がれます

 

しかし今はphv特にプリウスphvが

今の過渡期の中では一番の環境適合車なのです

 

そこを実車をわざわざ購入してインプレッションします

3月か4月に納車予定であります

 

お楽しみに

 

最適な充電方法、最適な電気料金メニュー、最適な走り

インプレッションします!にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

「この春にTOYOTAプリウスphv納車予定!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください