「TOYOTAGAZOO Racing」カテゴリーアーカイブ

20歳のF1ドライバー 角田祐毅君を応援!


史上最年少日本人F1ドライバー誕生


今一つ

F1に始まる

モータースポーツも盛り上がりません。WRCラリーは少し

盛り上がりはあると思いますが

個人的に好きですしね。

WECもトヨタが活躍しているの

全然知らない人が多いでしょう。

 

F1も昔はテレビで盛んに放送していたし

テーマ曲も今でも覚えているし

古舘伊知郎がアナウンスしていたし

 

マスコミの積極的な放映のお陰で

みんな知ってましたし

私もツールドフランスの自転車レースを見て

ロードレーサーに乗ってみたものです。

 

愛媛県は知事が熱心に自転車を推しているから

今も自転車はブームが続いてますけど

 

他のモータースポーツはテレビにも出ないし

フェイスブックや他のSNSを見ても

取り上げる人は少ないです。

 

今やテレビ見る人が少ないですし

車さえ必要の無い人も多いです。

田舎では車が無いとかなり不便です

 

買えない収入の人も多いのです。

 

お年寄りも軽四、軽トラばかりです。軽トラも良い車ですけど。

私も柚子採りや草刈り、ちょっとした木の伐採には使っていますけど。

ホンダの軽トラ アクティトラックの製造中止は残念です。

自動ブレーキや誤発進防止機能など

普通車にも負けず劣らず色々つけなければ

ならず、高コストになってますから

いづれアクティトラックもEVになってかえって来るのかな。

全個体電池になってかえってくれたら良いなあ。流石に

軽トラに燃料電池はまだまだ早いでしょうしね。

復活と言えばホンダF1の撤退

復活と言えば撤退というのも変ですけど

ホンダも本田宗一郎時代が

第1期とすれば

第2期はアイルトン・セナ時代ですよね。

これがF1の一番面白い時代だし多くの伝説も残った。

 

アイルトンセナの最後の場面も昨日の事の様に

瞼の裏に残っている

多くの人がそうだろう

第3期は残念ながら昨年少し勝て出した様だが

苦戦も多く

そしてコロナ禍の今2021年で

撤退することも決めた

 

成績が上向いていただけに残念!!!

 

そんな中 日本人F1ドライバーが

誕生しました。

西暦2000年以降生まれでは

初のF1ドライバーらしいです。

角田裕毅氏です。

わずか20歳です。

 

どんな英才教育を日本でしてきたのでしょうね。

規制の厳しい日本の中で若干20歳でF1ドライバーになったのは素晴らしいです。

 

こう言った事実はみなさんもほぼ知らないのでは

やはりマスコミの情報発信が偏っているのが問題です。

 

日本のマスコミもNHK以外は広告収入がメインですから

この広告主 クライアントが満足してもらわないと

いけないですから視聴率大事ですよね

 

最近は視聴率とれても突然番組打ち切りもあるから

気をつけないといません。

最近ではコロナの事ばかり放送してるし

 

番組もクイズ番組とか

くだらないものが多いです

 

まあビートたけしが言ってるように

テレビはもともとくだらないものだと・・。

それを見るも見ないも

視聴者の勝手だと

 

WRCでトヨタが久しぶりに登場し

優勝しても誰も知らないし

 

WECのルマンで初優勝しても

アメリカの耐久レースで優勝しても誰も知らない

 

それは個人個人のアンテナが立っていないのも

責任ですけど

 

マスコミが一切取り上げないもの

どうかと思う

 

こんな夢の無い番組で事実が事実として

発表されないなんて

次世代の若者が育たないのは

よくわかります。

 

「こんなところに日本人!」みたいな番組も素晴らしいけど

「ポツッと一軒家!」

も素晴らしい・・。

自宅が映らないから

 

なお素晴らしく思うんだけど

そんなレアな人間取り上げるのも

素晴らしいけど

 

フツーにモータースポーツで

頑張っている若者を取り上げ

放映してほしいです。

 

そして応援することで

その後が後継者が育つというもの

 

スポンサーの顔色を伺って

視聴率狙いの番組ばかりで

みな画一かされて

事実が伝わらない

 

のは辛いす!

ましてやスポンサーのネガティブな部分を

ニュースでも長さないのは

もっと悪いす。

 

仕方のないことかもしれませんが

 

今やNetflixなど うちはアマゾンプライムビデオ

などを見てるし

 

見損なった番組もTVERや

amebatvで見れるしね

 

テレビ番組 テレビ局の存在さえ

危ぶまれている

 

NHKもやっとナタが小さなナタが

入ろうとしている。

 

テレビがあったらみんな見もしないのに

視聴の契約を取られる

 

こんな横暴な国営放送はない

 

選択出来る様にすべきだ

 

今の時代

テレビはただのディスプレイの

一つとして存在したのでいい

 

スクリーンと一緒だ

 

チューナーはインターネットでいい

NHKもオンデマンド契約で好きな番組を見るだけで良い。

 

まあ連れがテレビ好きでね

テレビをいつもリビングで占領されるから

なお思うんだけど

 

今はアップルTVか

パソコンでアマゾンプライムビデオか

そんな生活なんで

 

なおさら感じるんですよね

そして偏った番組

偏った報道

 

アホな自民党の国会議員

金に塗れた国会議員

せめてF1に挑戦する

 

今年初めて挑戦する若者の夢をドキュメントとして

取材してほしい

 

一部分でも良いからさ

 

そして次世代に育つ若者にヒントを与える様な番組作りを・・。

 

マスコミもそろそろ変シーン!!

してほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トヨタ2021WRCラリーも万全!


トヨタ2021WRCラリーモンテカルロ優勝


トヨタ絶好調ですね。

WRCラリーも売り上げも

なんと昨年で引退と騒がれていたセバスチャン・オジエ・ジュリアンイングラシアが優勝しました。

 

エルフィン・エバンス/スコット・マーティンは総合2位で、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネンは総合4位でフィニッシュし、チームは最高のシーズンスタートをきった。

6位にも勝田 貴元/ダニエル・バリット 

が入賞し

絶好調ですね!WRCヤリス

販売も好調な様です。

 


RALLYプラス


画像もラリープラスネットから頂きました。

今はラりプラメンバーズでは無いのですが

一昨年までメンバーでした。

昨年はWRC開催されましたけど

休止された大会もあって

一時メンバーも休止したのです。

 

ヤリスは2020年の乗用車売り上げ1位なんですね。

2位にダイハツが造ってるトヨタライズが

入ってるのが腑に落ちないのですが・・。

1位 トヨタ「ヤリス」:1万7198台(ー)
2位 トヨタ「ライズ」:8912台(前年同月比97.8%)
3位 トヨタ「ルーミー」:8792台(前年同月比146.2%)
4位 トヨタ「ハリアー」:8128台(前年同月比532.6%)
5位 トヨタ「アルファード」:7962台(前年同月比153.6%)
6位 トヨタ「カローラ」:7789台(前年同月比84.8%)
7位 ホンダ「フィット」:6726台(前年同月比384.3%)
8位 トヨタ「シエンタ」:6136台(前年同月比84.3%)
9位 トヨタ「ヴォクシー」:6114台(前年同月比119.8%)
10位 ホンダ「フリード」:5570台(前年同月比85.4%)

数字はこちらから頂きました

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1299184.html

 

トヨタが1位から6位まで

乗用車だけですから、ホンダのNボックスは軽四で1位ですけどね。

しかし日産はどうしたのでしょうか?

トヨタ応援ブログでは無くて

日産応援ブログにしなくてはいけないか・・・・?

 

日産は燃料電池車手を付けて無いですから

GT-RやらフェアレディZやら良いクルマは造るのに

売り上げに貢献出来ませんね。

 

フェアレディZも

新型がそろそろ出ますよね。

 

今年でもでそうな感じですが

売り上げ増には繋がらないでしょうね。

 

カルロスゴーン時代に私腹を肥やされ

魅力的な新型車をコンスタントに出せなかったのが

敗因ですね。

キムタクで起死回生のCMを連発しているけど

売るのは車で人間では無いですから

e―POWERもどうなんですかね?

 

前に八幡浜の諏訪崎の海岸清掃の時に日産ノートe-POWER見ましたけど、結構五月蠅かった!

 

レンジエクステンダーのハイブリッドなんて

どうなんですかね?

結局発電機を使って電気をつくり

バッテリーに貯めて

モーターを動かす

ガソリンで電気をつくるなんて

高くつくと思うのですけど

まあ現在西予市宇和町では124円/リットルなんで安いかもしれないしね

あまり試したくも無いです・・。


絶好調もこれからが大変


トヨタは耐久レースのWECもこのWRCラリーも

売り上げも絶好調ですけど

これからは大変ですよね。

トヨタの社長

豊田章男氏が怒ってたように

内燃機エンジンだけのクルマは廃止されると

2030年代までに

新車は造れないと

EVだけになるわけでは無く

PHVやPHEVや燃料電池車も含めてだけど

マスコミがまるでEVのみ見たいな

書き方をするからって

「マスコミ煽るな!」っても

怒ってますよね!!!

 

今の電力の発電状況だと

ホント充電している場合では無いですよ。

 

電力会社は今電力の需給が逼迫していて

新電力もJPEXのお値段が

高いので100円/h越えの時もあったようですね

販売価格が20円~30円くらいなのに

こんな価格で購入していたのでは

赤字になるし

 

もし市場の価格に連動して

上げれる様に

契約して請求しても

 

そんなはずでは無かったとお客さんも離れて行きますよ

地域の電力ももし足らなくなったらと戦々恐々ですよ。

 

やはり重油を焚いた発電機車を動員してまで

発電してくれてますが

重油と言えども高いですし

70円超えると大変らしいですけど

 

今80円くらいするんでは無いですかね

まあわたくしの場合は5時から6時半くらいの間に

毎日充電しています

1時間20分だったかな

 

最近ブログ書いて無かったので忘れたけど

ピークが朝の朝食時や工場や事務所が動きだしたときなので

ここではあまり使わない様に

全てタイマー設定しています。

 

今長時間結構負荷のかかる電気自動車の充電はやはりよく無いですね。リーフやテスラを非難するようで申し訳無いけど

もう少し短時間で充電できる

全個体電池が出来るまでは

私は電気自動車購入しませんね

 

まあ水素社会を構築し水素自動車の普及を応援しているので

水素ステーションが出来れば

新型ミライが欲しいですけど。

まあテストしたいんでトヨタさんから頂いてもいいんですけど(笑)

 

まあこれから人口減やなんかで田舎は疲弊するばかりだから地域を元気にするためにも

水素生成工場を田舎に創ったら良いんですよ

海水からも出来ますしね

 

洋上発電や潮流発電なんて

自然を壊すだけですからもっての他ですよ。

トヨタさんも自身で車や船を創るだけでなく

 

水素ステーションや水素生成工場創ったら良いんです

国に期待しててもほんと

情けなくなるだけです。

ホントコロナ過の中税金使って

キャバクラ行く議員なんかはよ辞めてしまえ!

ですよね!!!

 

 

 

 

【新型ハリアーPHV】なんて良いじゃない!!!?

令和2年6月に発売予定の新型ハリアー良いですよね。

とっても知的でエレガントで都会的。

 

3代目も十分エレガントですけど

細部がとても良くなりました。

内装が良いですね。

内装もとてもお洒落

前の3代目の内装もシンプルでよかったけど

シンプル過ぎましたしね。

最近もトヨタのディーラーで明るいブルーの

3代目ハリアーが

オーナーを待つ

セレモニー待ちで

飾ってありましたが

このニューモデルを見て残念がらないか要らぬ心配です。

また隣の明浜町のシーサイドサンパークのビーチの

駐車場には

ハリアーばかり15台くらい集まってました。

3代目ハリアーだけです。

 

壮観でした。グレーとか黒とか渋い色が多かったです。

私もFacebookのプリウスPHVのグループページ

 

で情報交換はしていました。

一時訳ありで Facebook休止していたので

見てなく 1週間前に再開したら

まだまだ元気にやってました。

 

同じ車を持つ人たちのコミュニティは良いですね。

それがリアルであればもっと良いです。

 

それがヒストリックカーならもっともっと良いですけど

ハリアーを見たので何かホッコリしました。

 

このハリアーRAV4ベースだと

聞きましたが

 

RAV4も間も無くプラグインハイブリッド版が

でると言うことで

楽しみであります。

 

プリウスのプラグインハイブリッドも

ほんと燃費が良くて

「今一番の低燃費車だ!低炭素排出車だ!」と

思って購入したのですが、燃費カタログ値

乖離の少ない車種だと思います。

 

三菱など一時問題になりました。

「燃費偽装問題」

 

現在でも問題にしたいような

カタログ値と実際の燃費の差が

あるような車種もありますが

 

このプリウスPHV だけは

問題にしなくて良いです。

 

しかしおそらく自宅で充電しない人が

多いと思いますが

できれば自宅で

それも安い深夜電力か

太陽光で発電した電気を

使うか

することをお勧めしますね。

 

でも今度のRAV4 PHV

パワーが凄いです。

 

モーターが前後2個

2.5リットルエンジンと合わせて

306PS

0ー60マイルも

5.85秒と凄まじい加速です。

 

自ずとEーfourにもなり

バッテリーも床下配置で

 

重心が低くなると同時に

荷室の制限が無くなるのが良いです。

 

プリウスP HVについては

荷室に

バッテリーを

積んでいてそれの嵩が高くなり

荷物があまり積めないのですよ。

 

キャンプやバーベキューや焚き火や登山など

好きな私には

荷室が足りないのです。

 

三菱のアウトランダーPHEV

が一番ライフスタイルが合ってるといつも

書いてきましたが、RAV4が出るなら

トヨタの応援ブログなんで

それも良いかなって

 

(まあ買えませんが・・・)

でも

新型ハリアーがRAV4ベースなら

「新型ハリアーも PHVが出ても良いんやない!?」

 

 

ですよね!?

ですよね!?

ですよね!?

 

エレガントで内装も良い新型ハリアー

2.5リットルのハイブリッドの燃費なら

15km/リットルの

実燃費やと思うのですよ。

 

しかし長距離とか

走る

モデルだと思うのでs

燃費は

良い方が長くはしれる。

 

その上

凄まじくパワフルなら

まさしくピッタリ!!

 

デカ過ぎのRXにも無い

モデル

 

良いと思いますけどね。

より低炭素排出車にもなりますから。

トヨタさん待ってますよ。

 

[トヨタハリアーPHVの登場!!

待ってます!!」

 

しかし可能性はありますよね。

エレガントさとパワー

最強のトヨタ車になりますよ!!!

うれますよ!

お値段にもよりますが

 

 

 

話は変わりますが

新型コロナウィルス感染症 COVIDー19

のせいで

岡江久美子さんが亡くなりました。

 

ここ数日私も部屋に籠もったままでしたが

その中でのニュース驚きました。

 

「はなまるマーケット」の

司会でやっくんとの

やりとりや笑顔が素敵でした。

 

本当に残念です。

エレガントな女性でした。

 

いつまでこの

新型コロナウィルス感染症COVIDー19

は続くのでしょうか?

 

このままでは経済が保たない人が

多く出てきます。

 

政治家や公務員は良いですよ。

給料が約束されていますから

 

休業もお願いするだけですから

政治家などもっと給料を下げ

休業しているお店の人に

分配すべきやと思いますけど

 

こんななか選挙で

歩き回るのもどうかと

思います。

 

選挙カーも日にちを制限している

みたいですが

この選挙カーによる選挙運動も今では

どうか!!??と思うんですよ。

 

テレワークでZOZOによるテレビ会議

してる時に

 

「〇〇が応援をお願いします!!!!」

て完全に邪魔

 

というか今このインターネットの普及や

SNSの普及が

進んで来た時

 

いつまでも迷惑のかかる選挙カー

そして3蜜にもなりかねない

当日一箇所での選挙

 

それにより多くの経費も要する

そのお金も困った人に使うべきだし

ほんと政治のあり方

選挙のあり方

 

見直すべきです。

選挙前だけしか

 

活動しない

全く顔の見えない人もいます。

選挙の時だけ

握手し

(今回はしていないけど)

 

選挙後当選したら挨拶もしない人

います。

 

他人に決めてもらうのだから

しょうがないといえば

しょうがないですけど。

 

選挙もおわり、新型コロナウィルスも

終わり

どのような世の中になるのでしょうか。

早く終わることを祈ります。

 

 

 

 

【2020ニューイヤー駅伝トヨタ応援「トヨタ頑張れ!」】

あけましておめでとうございます。2020年とても良い天気で明けました。いよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。楽しみな年です。

WRCもセバスチャン・オジエがTOYOTA GAZOO RACING へシトロエンから電撃移籍しますからまたドライバーズチャンピオンシップで優勝するかもしれませんから、ここも楽しみです。

ニューイヤー駅伝2020

これは通称で本来は

第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会

というらしいです。群馬県庁をスタートとゴールとし100kmを7人で走る駅伝です。

昨年までは旭化成が3連覇していますが、今年はTOYOTAが注目されています。設楽悠太のいるHONDAも。

TOYOTAにはMGCで途中で失速した設楽悠太に勝ち2位となり東京オリンピック代表に内定しました服部勇馬がいてかなり本命視されています。

しかし駅伝は襷を繋ぐ者 一人でも足を引っ張る人がいると勝てない場合が多いようです。

クルマづくりにも相通じるところがあると思います。エンジンが良くても足回りがだめならいい車にはなりませんから。

そのクルマ業界を取り巻く環境も激変しており、業績の良いTOYOTAの豊田章男社長もかなり危機感を持っているようです。

中でも

「CASE」
CASEとは、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared&Services(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字をとった用語で、2016年にメルセデス・ベンツが発表したことで注目されました。

電気自動車では今年 小さな2人乗りのモビリティを発売するくらいですか?

一時はトヨタも社長を筆頭として電気自動車のチームを作ったりしてたけどどうなったのでしょうか?

電気自動車も今のリチウムイオン電池や国内での充電インフラの事を考えるとまだ未成熟感が高いですから。

もっと「充電時間を短く走行距離が長く!」ならないと実用的では無いから

私もプリウスPHVにしたのですけどね。FCVの未来はまだ遠いですし。

でも地球温暖化の波は収まりません。というか加速している感があります。

そりゃそうですよね。永久凍土や南極や北極の氷が溶けるとそれで冷やしていた周辺の水や土や空気も暖かくなりやすいですから

それは加速します。

グレタさんも確かに厳しく言うけど、大のオトナが彼女を批判する意味がよくわかりません。

香港の問題にしても高校生が自由を求めて活動している。

世界の若者にもっと見習うべきときですよね。今年はブログもっと頑張ります。今年もトヨタ応援よろしくおねがいします。

【プリウスPHVに最適なタイヤは】スタッドレスタイヤ ブリジストンブリザックVRX2

アカプリオこと赤いプリウスPHVのタイヤをスタッドレスタイヤ
からサマータイヤに交換。

ヨコハマタイヤのタイヤガーデンのお店ですけど
ブリヂストンブリザックVRX2を購入
昨年の12月です。
アルミホイールは標準で付いて来た
アルミホイールに装着。

樹脂製のキャップが付いてますけど
まあ樹脂が汚れてもすぐ落ちるし
樹脂を外したらスポーク型のアルミホイールで
あまりかっこよく無いです。
だから冬の短期間の間だけこちらにしました。

スタッドレスはほかのタイヤも見ずカタログもネットも確認せず
まあ「ちゃんと買い!」の綾瀬はるかのCMで選びました。

昔もブリザックにして、その高速の走行性能とか

時速160㎞でも安心して走行していました。


燃費がサマータイヤとかより良かったので
単純にブリザックにしたのですが
まあ北海道のタクシーの装着率ナンバー1という事
だし、あとから覗くネットの評判も良さそうですしね
まあ正解だと思ってます。

やはりスタッドレスタイヤなんで
ブロックが大きくノイズも大きかったですけど。
肝心の燃費は良かったと思います。ただでさえ
プリウスPHVの燃費は良いので
金額にしたらほんのわずかだけど
68㎞/㍑⇒72㎞/㍑くらいになりました。

まあ暖かかったらと相当三味線を弾きながら走りましたから。
恐らく2000㎞~3000㎞しか乗って無いですけど

このまま5年間乗っても15000㎞くらいしか
スタッドレスは走らないのですね。

もったいないです。
前の時はスタッドレスタイヤとしての
性能が終わったら夏タイヤとして
使ってましたが、マンホールや
グレーチング等鉄板の上に乗ると必ず滑るので
とても怖かったです。

この高いタイヤを5年以降どうするか
プリウスphvももう2年
そのころ乗っているかも問題ですが・・。

全個体電池の電気自動車がTOYOTAから出るか
いっそのこと、ハイラックスにするか
そんなことが無い限り買い替えはしませんけどね。

さてサマータイヤは標準で付いてた
ダンロップエナセーブです。

外側になんとインサイド側が付いてますが
これは車に取り付ける前に
ワタクシが指摘しましたので
治してもらいましたが

なんと4本中3本間違えてましたね。

結構やってるんやないの?って思ったけど
気づかなくて走ってる人いるんやないの???

でも結構恥ずかしがって反省していたから
そうでも無いのかな?

まあヨコハマタイヤのお店だけど
ミシュランやハンコックもあるけど
あまりヨコハマタイヤ愛が感じられないと
いうかタイヤ愛も感じません。

もっとこだわりのセールスしたほうが良いと思うんだけどなあ。

ヨコハマタイヤは特に雨天時の性能
ウェット性能「a」とかカタログや
幟にどん!っと書いているのに
なんでショップは拘らないのかなあ

やはり外国のタイヤが多く入って
値段が一番なんでしょうね。

ナンカンとかハンコックでも性能良さそうですし。
まあ愛媛県も景気悪いですし
あまりタイヤみなさん見ないしね。

最近は特にタイヤの話で拘ってる人聞かないし
CMは環境タイヤや燃費のことばかりですし。

まあそれでも外国産を選んでる人が増えて
来てるってことでしょうか???

ダンロップエナセーブの取り付けはインサイドも
ちゃんとインサイド側にいって
綺麗になりました~。

そこで今度はパッソ用タイヤの値段交渉。
パッソも4年目くらいになるのですが
この冬同じくブリヂストンブリザックVRX2
を奢りました。

165 65 R14というあまりサイズの無い
変なサイズですが・・。

これも最初のタイヤはダンロップエナセーブ
なんと!4年目にしてタイヤのサイドウォールに
ヒビが入っていたので
ここは交換を奨められました。

しかし最初から「エコス」のみの見積もり。

まるでパッソにはエコスしか合わないような
セールスでした。あまり165 65R14無いんですよね。サイズが

ダンロップルマンⅤとミシュランエナジーセーブプラス
くらいで
その3つと175 60 R14にと比較しましたが
結局車検もヤバいという事と

扁平率が5%下がるとかなりお値段が違います。

ルマン5もミシュランも値段が高いので
結局エコスを注文してきました。

このお店あまりタイヤにはこだわっていないと
言いましたが良いところは
保管料と工賃込々の値段なので
そこいらよりはもちろん高いのですが

(でもYハットより安い!)
2年~3年で元取ります。工事代のみで
保管料は田舎なので0と計算してます。

アカプリコもホイールに入っていたら取替くらいは
出来ますが、昔背筋を痛めたことありましてね。

あそうそう!このアルミホイールは
TRDおすすめのホイールです。

まあまあカッコ良いかと思ってましたが
やはり15㌅。

17㌅にインチアップすればカッコ良いんでしょうけど。
燃費命ですから。

帰りの高速はやはりサマータイヤ静かでした。


にほんブログ村




 

【TOYOTAオイット・タナク今年初優勝!!強い!!】

TOYOTAGAZOOracingのオイット・タナク
昨年までオット・タナクでしたがラリープラスネット
読者の指摘でオイット・タナクになりました。

昨年はマシンの故障やリタイアなど
浮き沈みの激しいバトルを繰り広げた
オイット・タナク

今回は序盤でリード・中盤でリードを広げ
最終日は安全策をとり
三味線を弾いて走ってます。

本日最終日の様にクレバーな戦いを繰り広げる
事が出来れば
WRCも面白くなるし
ティエリー・ヌーベルもセバスチャン・オジエも
うかうかしていられなくなりますね。

6年連続チャンプのセバスチャン・オジエは良いですよ。
もう歴史創りましたから。しかしティエリー・ヌーベルも
1昨年からチャンピオンの可能性があったのに
TOYOTAが2年目の中頃からエンジンが調子よくて
いよいよ仕上がって来ましたからね

うかうかしていたらチャンピオンの経験なし
なんてこともあり得ます。ただティエリー・ヌーベルも
ヒュンダイが長くなりましたから

ひょっと調子の良いTOYOTAに移籍するかもしれませんしね。

TOYOTAが19年ぶりに復帰した2017年には
出だし良かったのですが
簡単なポカでリタイア。

イージーミスでチャンピオンを逃したように
ワタクシ目には見えました。2018年も途中までは良かったのですけどね
ポカしないし。途中まで勝ってたし、確か最終戦まで
チャンピオンが3人くらい可能性があってティエリー・ヌーベルにも
その可能性が残っていた様な気がします。

シトロエンはこれはオジエかな?わかりませんが
クルマ自体のデザインは一番好きですね・C3がオシャレですから。

近所の若い女の子も持ってます。結構なお値段がしますね。
さすがおフランス車です。シトロエンと言えば2CVがオシャレですし
大好きでしたが
最近はレースでも好成績を残すようになってるんですね。

 

 

オット!!!ここで順位が出ましたね。ラリープラスネットから
mailが届きました。ありがとうございます!!!

お陰で超速報が書けます。

最後は
パワーステージなんで5ポイントも取りに
行きましたか?

やはりポイントを取りに来た
ティエリー・ヌーベルよりも3.5秒

セバスチャン・オジエよりも4.6秒
早い。たったの8.93㎞で。

恐ろしい速さです。
TOYOTAとオイット・タナク

【SS19速報】Torsby 2 (Power Stage) (8.93 km)

1. O.タナック(T) 5:15.1

2. T.ヌービル(H) +3.5

3. E.エバンス(F) +4.4

4. S.オジエ(C) +4.6

5. E.ラッピ(C) +4.9

6. K.ミーク(T) +5.2

7. J.ラトバラ(T) +5.7

8. S.ローブ(H) +6.9

9. A.ミケルセン(H) +8.0

10. T.スニネン(F) +8.2

11. P.ティデマンド(F) +12.9

【After SS19 of 19】

1. O.タナック(T) 2:47:30.0

2. E.ラッピ(C) +53.7

3. T.ヌービル(H) +56.7

4. A.ミケルセン(H) +1:05.4

5. E.エバンス(F) +1:08.2

6. K.ミーク(T) +1:38.8

7. S.ローブ(H) +1:49.7

8. P.ティデマンド(F) +3:37.7

そしてわれらがクリス・ミークも6位入賞です。

各メーカー入り乱れてますから
メーカー間の競争は面白くなりましたね。

にほんブログ村 車ブログ トヨタ


にほんブログ村

【WRCラリースウェーデン速報。TOYOTAオイット・タナク優勝は目前か???】

【SS16速報】Torsby Sprint (2.80 km)

1. T.ヌービル(H) 1:56.8

2. E.ラッピ(C) +0.9

3. A.ミケルセン(H) +1.3

4. S.オジエ(C) +2.2

5. S.ローブ(H) +2.5

6. E.エバンス(F) +2.7

7. K.ミーク(T) +3.2

= O.タナック(T) +3.2

9. J.ラトバラ(T) +4.0

10. P.ティデマンド(F) +4.2

11. K.ロバンペラ(S) +4.4

【After SS16 of 19】

1. O.タナック(T) 2:19:31.7

2. E.ラッピ(C) +54.5

= A.ミケルセン(H) +54.5

4. T.ヌービル(H) +56.8

5. E.エバンス(F) +1:08.7

6. K.ミーク(T) +1:36.5

7. S.ローブ(H) +1:38.1

8. P.ティデマンド(F) +3:08.0

16台走行時点の情報です。最新の情報はこちら。

ラリープラスネットからのメールです。

時差が8時間スウェーデンの方が遅いから
丸々活動できる昼間が夜にシフトしてる
って考えたら早い!

19SSのうち16SSが終わって
われらがTOYOTAGAZOOracingのオイット・タナクが
トップを独走していますね。

面白いのは2位のエサペッカ・ラッピとアンドレアス・ミケルソン
男前ミケルソンは結構不遇の男ですから
頑張ってポディウム狙って欲しいです。

結果は本日ですが8時間も時差があるから夜中かなわかるのは。
トヨタも頑張って欲しいですが
各チームやはり2名づつくらい上位に顔を出してますが

3人との元気ってチームは無いですね。

もう1チームくらい出て欲しいですね。

スバルや三菱などが参戦してほしいですけど
どちらも今が潮時って時ですから

ヨーロッパで人気のモータースポーツですから
ベンツとか出ないのかな。

Aクラスで出たらいいのに。

そういえばスバルもホットハッチを開発中だとの
噂も出ておりました!!!

本当かどうかはわかりませんが
今は不正問題やハンドルのリコールとかで
生産台数が落ち大変みたいですしね。

スバルもアウトドア大好きな赤プリ子的には
大好きなブランド。

復活してWRCの世界にもかえってきて欲しいものです。

2017年にトヨタも復帰してヤリス。日本ではVitzと言いますけど魅力

がぐっと増しましたものね。日本名もヤリスに変えるらしくて
モデルも帰るのかな。
奥さんの買物クルマから若者のエントリーモデルになると
良いですね。アクアこそ若い奥さん乗ってますしね。

ヤリスはスポーティーになって欲しいです。

にほんブログ村 車ブログ トヨタ


にほんブログ村

【WRCスウェーデンSS4までTOYOTAのオイットタナクが1位。3位にはヤリーマティ・ラトバラも。大好きなクリス・ミークは8位。】

1. O.タナック(T) 8:42.5

【SS4速報】Rojden 1 (18.10 km)

2. J.ラトバラ(T) +0.2

3. E.エバンス(F) +1.1

4. T.ヌービル(H) +1.8

5. T.スニネン(F) +2.0

6. E.ラッピ(C) +2.3

7. A.ミケルセン(H) +2.7

8. S.オジエ(C) +5.0

9. K.ミーク(T) +8.2

10. S.ローブ(H) +8.4

11. P.ティデマンド(F) +17.9

【After SS4 of 19】

1. O.タナック(T) 33:16.5

2. T.スニネン(F) +5.5

3. J.ラトバラ(T) +5.6

4. T.ヌービル(H) +6.0

5. S.オジエ(C) +14.4

6. E.ラッピ(C) +14.8

7. A.ミケルセン(H) +17.3

8. K.ミーク(T) +29.8

9. S.ローブ(H) +43.5

10. E.エバンス(F) +45.1

11. P.ティデマンド(F) +1:06.5

WRCスウェーデンはどれだけ時差があるか
わからないのだけども
夜になって速報が届いて来ました。

どうも8時間くらい進んでいるらしい。日本の方が。ってことは
まだ本日走るのですか?

やはりエストニア出身のオイット・タナク
昨年までオット・タナクだったけど
どうも現地というがレース会場でのオイット・タナクの
呼び声を聞いてると「どうも違うぞ!」って
事になったのでしょう。

これはラリープラスの編集部への読者からの
投稿文を見ましたけど
その時の影響かとは思います。

旧ソ連だっとエストニア出身というだけあって
スカンジナビア半島半島の真南ですから
雪も降るんでしょうね。

強いです。早いです!オイット・タナク。
写真ではとても気が強そうなお顔をしていますが
本当のところはどうですか?

Ⅿ・スポーツでもオジエの影に隠れてましたから
昨年TOYOTAGAZOOracingに来ても
こんなに早くなるとは思いませんでした。

しかし走りはキレッキレッ!の様ですね。
2018年はその分アクシデントやリタイアに
みまわれてですね。結局セバスチャン・オジエ
ティエリー・ヌーベルの次の3位にしかなれませんでした。

後半チャンスがあっただけに残念でしたね。

この速報メールが届くのも
ラリープラスネットのラリプラメンバーズ
入会しているからなのです。

アカプリ子も1昨年のTOYOTAの復帰とともに
この会員になったのですが色々特典が
あって便利です。2018年はなんと
ヤリスWRCのホワイトモデルのミニカーも付いてた。

ほかにもコピペするけど

「ラリプラ・メンバーズ」は、日本で唯一の総合ラリー専門誌RALLY PLUS編集部がお届けする、
2019年のラリーシーンをとことん楽しむための会員制年間購読パックです。

ラリプラ・メンバーズ会員特典

【その1】RALLY PLUSのレギュラー刊行分(4冊を予定)をご自宅にお届け
【その2】メンバーズ限定オリジナルグッズをお届け
【その3】電子書籍版をダウンロード可能!
【その4】WRC全戦と全日本ラリー全戦でSS速報メールを送信
【その5】メンバーズ会員限定のメールマガジンを発行
【その6】ラリープラス主催イベントの優待
【その7】小林直樹カメラマン渾身のワールドラリーカレンダーをお届け
【その8】1/43モデルカー(車種未定)を1台プレゼント
【その9】2019年1月31日までの新規お申し込みで、2018年メンバーズ特典だった1/43ヤリスWRCをプレゼント(15台)

ラリプラ・メンバーズ2019有効期限
2019年1月1日〜12月31日

冊子も出来が良いです。カレンダーもアカプリコの自室に
長い間カレンダーなんか飾ったことが
無かったけど
今は飾ってます。とても大きくて存在感があります。

ミニカー以外のオリジナルグッズは少し
しょぼいです。まあ年間これだけで
10800円ですからお得です。

アカプリコはこの速報メールが助かってますね。
オイット・タナクやヤリーマティ・ラトバラの
活躍が即座にわかりニヤニヤしてます。それの
おすそ分けです。

書籍離れが激しく
ノベルティやグッヅやインターネットで
つなぎとめる必要がますます増えてくるけど

この様にマイナーな情報であるけど
メジャーな日本の自動車メーカーの活躍を
海外まで取材に行き、細かな取材を行い
即座に日本のみなにも届ける。

良いことですよね。
日本のテレビ局にも見習ってほしいです。
放送はテレビ朝日でしているようですが。

ラリープラメンバーズおススメです。

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村