日産Eノート発売11月22日決定!エンジンは発電の役割のみ。面白い考え方だけど電気を造るのにガソリンを使用するのはどうかと想う。だってガソリンは税金だらけだもの。排ガスだって。

日産からEノート

注目のレンジエクステンダー式ハイブリッドシステム
「e-power]

が発売されました

レンジエクステンダーとはコンパクトなエンジンで電力を
発生しその電力をモーターに供給し
走るハイブリッドシステムですね

074

エンジンもモーターも程よく使うプリウスとは

一線を画します

燃費は同クラスの

jco8モードで

TOYOTAアクアの37㎞/㍑

より若干上の37.2km/㍑

ホンダ・フィットが36.4km/㍑

国内のコンパクトカーでは最低燃費を誇ります

カルロス・ゴーンもこのレンジエクステンダーシステム
自信を持っている様ですね

個人的にはエンジンは駆動用でガソリンを使用しての

充電は止めた方が良いと思うのですが

モーターを使用しての走行はトルクもあるし加速も良いですし

なにより静かですからね

充電だけのエンジンに3気筒
1200CCを使用しています

ずっと充電だけなので定格運転で良いので

まあアイドリング状態ですね充電時は

それでもガソリンを使用して
充電するのは不経済では無いかなあ?

本当に30㎞/㍑実現するのか

テストをしてみたいです最近の日産も本気ですから

楽しみですね

リーフの電池などは子会社で創っていましたが

最近その電池の工場は売却することが決定したから

パナソニック製を使うようですね

外部調達した方が安くつくし商談に持ち込めますからねえ

バッテリーはサムソンの携帯が
燃え上がったように製造は

かなり難しいんですよねえ

あのテスラモータースも
パナソニックのパソコン用の電池ですが

今テスラモータースは太陽光発電し
自社でもバッテリーを創り始めました

ロケットも飛ばすし
イーロン・マスクは貪欲でアグレッシブな人です

まあ話は飛びましたが
気になる

ノートe-powerの
お値段は

E-POWER S 179万円
E-POWER X 198万円
E-POWER メダリスト 221万円
E-POWER ニスモ 224万円と

システムが複雑なわりに

お安いですよね

ガソリンエンジンタイプのもありますから

お金が無い人はそちらが
良いかもです

中々ハイブリッド元は取れません

ガソリン車との差額を
埋めるのは相当走らないと

無理です

途中リチウムイオン電池交換なんかを
考えていたら

到底ムリですね

ガソリンタンクも

E-POWER Xで
41㍑ありますから

1200kmくらい

走りますね

昨日書いたプリウスPHVくらいは
走りませんが

近いくらい走るようです

やはりリーフのEVも
苦戦しているので

ちょっと違ったシリーズ・ハイブリッドですが

傘下に治めた
三菱のアウトランダー
PHEVの技術を

流用したPHVが欲しいですよね

三菱製を買うのはちょっとためらいますが

日産のMarkがついてたら

手をだすかも

いづれもテストをしてみたいものですにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

 

&nbspにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

NikonD500。フルサイズセンサーでは無くてAPS -Cですけどそれのほうが使い勝手がいい場合が多々ある。

Nikon D500

今年発売になった
NikonD500

売れてますね

アカプリ子が今使っているカメラは
6年前くらいに手に入れた

D700

D3と同じフルサイズのcmosセンサーを採用した
最初のFX機ですね

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-23-30-01

まあ重たいんですよね

おまけにバッテリーパックも付けてるし

D500
D300の後継機種

DXフォーマットで
APS- Cサイズだけど

最近はこれで良いかなあ
(それでも贅沢ですが)

と思い始めました

一番は持ち運びですよね

フルサイズ機だと
レンズもFXを持ち歩くから

ボディとレンズで2kgはありますからねえ

それがこのD500だと

軽く持ち運びできそうですね

画素数も2088万画素

ISO感度は100〜51200

このISO感度の高感度化が

最近のカメラは凄いですねえ

灯りの無いところまで写し込みます
問題はノイズですが
どこまで耐えれるか

楽しみですね

バッテリーパック無しで10コマ/秒も
達成してますしね
まあ要らんちゃ要りませんが

僕の欲しい機能のひとつは
ブルートゥース搭載ですね

スマホとの連動やブログとの連携が楽しみです

あとWI-FI 内蔵

プリンターもWI-FIで飛ばすたちですから

欲しい機能です

動画もよろしいおすなあ

4K動画が撮れます

後AFシステムも素晴らしいです
広域・高密度の153点AFシステム

そしてXQDカード対応により
10コマ/秒で200コマまで撮れるそうです

これは書き込み速度の早い
XQDのお陰ですね

このカード新しく性能も良いのですが
レキサー・メディア製は安くしてますからねえ

お得で性能も良い

フラッグシップ機いのD5と
色んな面で共通な仕様ですけど

値段は半分以下ですからねえ

向こうはD5
プロ仕様なので

ステータスと言うか
持つ喜びが違うかもしれませんが

今はコンパクトなのが
欲しいですね

裏の液晶もチルトするし

今回発売になったレンズもコンパクトで

ナノクリスタルコート
という

ゴーストやフレアに強い
加工をしているし

まあどんな画が出てくるのか

楽しみです
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR  レンズはこれ!
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-23-50-28

コンパクトで良いですねえ

レンズ単体で13万円以上しますが

ボディとのセットで26万円

その上セットで買うと
3万円のキャッシュバックが

あるからお得ですねえ

Nikonですしね

キヤノンへの鞍替えも考えたけど

レンズ資産がありますしね

Nikon言うたらカメラですが
キャノン言うたらプリンターも

ありますしね

毎日持ち歩くニコンとして

このD500欲しいですにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

TOYOTA プリウスPHV発売決定!おお世界初の装備が満載。燃費も月1200円くらいで済みそうだ。これを買うことに決定した。低炭素社会の実現とトヨタの応援のために。

TOYOTA 新型プリウス 

 

PHV発売決定

いよいよ
2月に発売が決定しました

試乗会もあるようですが
先月東京に行ったばかりで

旅費がございません

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-21-49-27

しかしなぜTOYOTAは
日本でNo.1の販売台数を
誇る

プリウスに
PHVを採用するのでしょうか?

今日の新聞ではTOYOTAも
EVの開発を%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-21-50-58
やるって発表しましたね

これは色々TOYOTAも
悩んでますね

その大きな悩みの種のひとつ

【ZEV規制】ですね

カリフォルニア州では
もはやプリウスPHVは
環境適合車として

みなされずかと言って
燃料電池車のミライは

700万円もするし
水素ステーションのインフラが

充実していないので
直ぐには売れない

今回のプリウスPHV
どうしても売らないといけない
車種なんですよね

そうなんですよ
もうすぐ
ただのHVは終わるんですよ

かと言って
EVの不安点

それは
電池ですよね

日産のリーフなど30kWの電池を積んでも
280kmくらいしか走らない

まあカタログ航続距離だから
実際の走行距離はもっと短くなる

暖房をかけた時なんかは
相当心配ですよね

ところがこのプリウスPHV
HVとEVの不安を取り除いて

良いとこ取り!

バッテリーは8.8kWと小さいけど
色んなフリクションを少なくし

回生ブレーキで発電し

航続距離60km

短いと想われるかもしれないが
毎日の通勤には電気だけで

十分

これを毎日続けて1000km
深夜電力のみで充電したら

1200円くらいで済みそうな計算です

100㎞/リットル

ガソリン換算にしたら

行きそうですね。

満タンで1500km

四国八十八箇所も
無給油で周れそうです

それでいて
モーターを2個にしたから

(充電用のジェネレーターを
アクセルを強く踏むと
駆動用補助モーターにした)

アクセルを強く踏むと
電気ターボが効く感じですね

充電方法も現存する
充電方法がすべて可能です

①家庭用コンセント100V6A
家庭用のコンセントから充電出来ますから
工事も要らないんで良いですけど

フル充電に14時間も掛かってしまいます

昼間の電気代になるのでオススメ出来ません

親戚とかに出かけた時くらいですかね

これがオススメ出来るのは

②200V16A
これが一番オススメですね
特別な工事が必要になりますが
格安の深夜電力を使うためには
このコンセントが要ります

2時間20分でフル充電となります

③急速充電
20分で80%充電

バッテリーに負担をかけない
為に80%にするんでしょうけど
負担がかかってバッテリーの
寿命を短くしそうで

あまりオススメできませんねえ
充電用カードの基本料金とかも
気になります

④そしてバッテリーチャージモード
走りながらエンジンで充電するものですが
これが一番ランニングコストが
高く付きますから

オススメ出来ません。

⑤最後
太陽光充電システムですね

屋根にソーラーパネル180Wを
付けるのですが
一日充電しても5kmしか

走れません

でも実験したいし
太陽光で発電するので

欲しいアイテムです

20万円くらいするのかな

ボディと色が違うように
なりますから

おしゃれでもあります

絶対に元は取れませんが
これはオススメです

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

NISSAN GT-R。開発から10年。熟成されてきましたね。とてもいいクルマになってきたけどもうモデル末期ですか?次はphvですか?NISSAN!造り続けて欲しいクルマNO1.

日産GT−R

日本製の代表的スポーツカーです.既に10年経過しているのですね

日産 gt-r th-5

 

 

アクが強いところが良いですね

2007年に発売されて

テレビにもその開発秘話を
公開されて

セールスマンが販売するとこ
なんかも放映されてました

ドイツでのニューブルリンクサーキットを
シャーシーや足回りを固めて

行きましたね

感動のテレビ番組でした

もう10年経つんですね

発売から毎年
イヤーモデルが

発表されていましたが
2016年には

発表されていなかった
ので

そろそろモデル末期で
フルモデルチェンジかな

とも思っていたのですが

2017年3月には

GT-R2017年モデルが

ちゃんと発表されました

ひと安心です

実は親戚に

何年型がわからないけど

エゴイストがあるんですよね

北海道まで探しに行った
との事です

中古車です

中古車でも

1000万円近かったのでしゃ

今回のモデルチェンジが

今までで一番のビッグマイナーチェンジ

従来モデルから20馬力アップし

なんと!エンジン出力は565馬力に

向上した3.8LV型6気筒ターボエンジンに

より0−100㎞/h加速は2.7秒

ASEといって

(Active サウンドエンハンスシステム)

自然とエンジン音が良くなるように

オートマティックでエンジンサウンドの
調整が可能になりました

新しいサスペンションを採用しており

ボディシェルの頑丈さを
上げるシャシーも

向上しています

ボディーカラーはオレンジが
テーマカラーですね
もちろんスクラッチシールドです
(傷がついても自分で修復する)

ブラウンの革の内装の出来も
素晴らしいです

GT-R
PREMIUM EDITIONは

11,705,040円

気になる燃費は8.6㎞/㍑

気になる人は買わないか?

先程の革シートと言い
内装も素晴らしい

ホールにはレイズ製の
アルミ鍛造ホイールが

奢られています

オーディオには
BOZEサウンドシステムも

昔からBOZEが多いですけどね

日産は

NISMO仕様もあるようです

限定販売ですから
早いもの勝ちですね

モデル末期

フルモデルチェンジは

そろそろベストカーなど
雑誌を賑わせているようですが

ヨーロッパ車の様にPHVに
なるのでは無いですかね

8.8km/㍑
と素晴らしい(性能のわりに)

やはり今の環境に適合しているとは
言えません

ポルシェやBMWの様に

PHVにしていくのでは
無いですかね

そうすると
200v充電コンセントを

設ける我が家でもテスト出来るの
ですが

燃費とかパワーとか

その前にプリウスPHV

購入しテストです

楽しみです.
もう少しお待ち下さいにほんブログ村 車ブログ トヨタへ

納車は5月の予定です。おそすぎ〜。
にほんブログ村

エコカー先駆者トヨタの応援ブログ。プリウスのお陰でガソリンは安くなったけどガソリンガバのみのフルサイズピックアップトラックが売れてる!HVは中国やアメリカで逆風!苦境にたつトヨタのためわざわざプリウスphvを購入しそのインプレやWRCの記事などトヨタ包囲網を打破するためのトヨタ応援ブログ。