TOYOTAに暗雲がせまる。

プリウスphvを注文してる。アカプリ子!まだまだ来ません。来週ですものでいよいよの発売は。納車は3月か4月。バリバリDriveのインプレッション書きますよ〜。お楽しみに〜。

さてさてTOYOTAの決算も1兆円以上の儲けが出てると発表されていましたが、ドナルド・トランプのつぶやきくらいから徐々に暗雲も出てますね。

アメリカでは売れてない普通のプリウスハイブリッドが日本でも売れなくなりましたね。かっこ悪いですからねえ。その点、プリウスphvはカッコイイからこちらのほうが売れるかな。ただ、値段が高いですし、カッコだけで買ったら痛い目にあうphvですからねえ。絶対に充電は家庭の200Vの深夜電力。急速充電は基本使わない。で無いと普通のプリウスハイブリッドの方がランニングコストが安くなります。プリウスハイブリッドのデザインをマイナーチェンジでプリウスphvにしないで下さいね。TOYOTAさん。それは怒りますよ。値段が想像以上の差なんですから。

さてさて今日の暗雲は?今日の暗雲!明日もあるんかい?ってな感じですが

稼ぎ頭の中国でも販売台数が落ちていますね

いつもお世話になっているresponseさんによると

トヨタ自動車の中国法人は2月8日、1月の中国における新車販売の結果を明らかにしましたね。総販売台数は10万1800台。前年同月比18.7%減。2ヶ月ぶりに前年実績を下回った。と

TOYOTAの1月販売は、小型車が引き続き販売の中心。ただし2015年10月から開始された小型車に対する減税について、中国政府は2017年1月から減税幅を縮小。そのため1月は、排気量1.6㍑以下の「カローラ」や「レビン」の販売が失速した。

TOYOTAの中国合弁には、第一汽車との一汽豊田と、広州汽車との広汽豊田の2社がある。

TOYOTAの2016年の中国における新車販売台数は、過去最高の121万4200台。前年比は8.2%増だった。

中国での生産や販売は先行き不透明でリスクがありますよね。スモッグの問題もありますから、TOYOTAのハイブリッドやphvが売れて欲しいですけどね。ホントスモッグで先行き不透明ですね。減税でモノを売るってものどうかとは思いますけどね。本来の価格で売るべきです。ただ日本のクルマに対する税金は高すぎです。最早必需品ですからもっと安くしないと若者が車離れになるのは当然です。なんとかしてくださいね〜。

このブログでTOYOTAの応援しています。みなさんも応援下さいね。

<スポンサードリンク>



にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください