TOYOTAWRC復帰2戦目速報。なんとTOYOTAYARISヤリ-マティラトバラ初日総合首位

TOYOTAは絶好調の様に見えて色々リスクを抱えています。大きくなれば大きくなるほどちょっとしたほころびから崩れる虞もあります。目の前のリスクで大きいのはドナルド・トランプ大統領。彼の出方次第でこの好調さが崩れる可能性もある。そしてHYBRID車がイマイチ売れないと言うのも問題がある。特にアメリカで。

ガソリンが安かったり、ZEVに見なされなかったりと色々原因はありますけどね。折角HYBRIDをいち早く開発し

量販車にして、低炭素社会を造ったり、燃費を高めガソリン消費を減らしたがためにガソリン価格を下げた。それが裏目に出ている。

好調そうでリスクをたくさん抱えるTOYOTAの為にこのブログを捧げます。

 

TOYOTAがWRCに復帰して第2戦。早くもSSトップタイムを叩きだしました。

<ラリープラスから拝借>

2月9日(木)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンが開幕、スウェーデンのカールスタードでスーパーSSが行われ、YARISWRCをドライブするヤリーマティ・ラトバラがベストタイムをマーク。

TOYOTA GAZOO Racing WRTに、参戦2戦目で初めてのSSベストタイムをもたらした。

また同じくYARISWRCのユホ・ハンニネンも安定した走りで8番手タイムを刻むなど、TOYOTA GAZOORacingWRTは順調なスタートをきった。

9日(木)は午前中にサービスパークが置かれるトルスビー近郊でシェイクダウンが行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのドライバー及びコ・ドライバー計4名はマシンの最終確認作業を行った。そして撮るスビーの南、約100kmのカールスタッドで午後8時過ぎに競技がスタート。雪と氷に表面が覆われたアリーナで、SS1として2台同時出走のスーパーSSが行われ、全長1.9kmショートコースでラトバラが全体のベストタイムをマーク。チームとYARISWRCに初のベストタイムをもたらすとともにラリーをリードする立場で一日を締めくくった。またチームメイトのユホ・ハンニネンも順調にスーパーSSを走破した。

■トム・フォウラー(チーフエンジニア)

今朝のシェイクダウンでは前戦のモンテカルロと同じように使用本数の制限があるタイヤを温存することを最優先しました。ラリー本番でドライバーたちがベストなタイヤ選択を行えるようにするためです。

夜に行われたスーパーSSではヤリーマティラトバラがベストタイムを刻み、とても良いスタートとなりましたが、本当の勝負は明日からです。今年のコースは路面が全体的に凍結して固く締まっており、明日以降は積雪の可能性もあります。本日の走行で良い感触をつかむ事ができたので、明日からのチャレンジがとても楽しみです。

明日はもっとも長い距離を走る1日になるので、チームとして万全の準備をして勝負に臨むつもりです。

■ヤリ-マティラトバラ(YARISWRC#10号車)

前線のラリー・モンテカルロでは2位という予想以上の順位でフィニッシュすることができ、我々のモチベーションはさらに高まりました。さらに良い結果を望む声も聞こえてきますが、シーズンはまだ始まったばかりですし、落ち着いて一戦ごとに着実にステップアップしていくことが何よりも重要だと考えています。今回のラリー・スウェーデンは非常にハイスピードラリーなので、ハンドリングとエンジンパフォーマンスがポイントになるでしょう。今日はスーパーSSでチームとYARISWRCにとって初のベストタイムを刻むことができて嬉しかったので、明日以降もこの調子を続けたいと思います。

■ユホ・ハンニネン(YARISWRC#11号車)

今朝のシェイクダウンではタイムを出して行くのではなく、クルマが正常にさどうするかどうかに集中して走行し、全てが正常に作動するかどうかに集中して走行し、全てがうまく機能していることを確認しました。日没後にカールスタードで行われたスーパーSSには多くのファンが集まりとても素晴らしい雰囲気で、コースコンディションも良好でしたが、私自身は少しだけナーバスになっていたような気がします。しかしSSではYARISWRCの良い動きに助けられ、全体をうまくまとめることが出来ました。

競技2日目となる明日のデイ2は、スウェーデンからノルウエーにかけて広がる森林地帯のスノーロードで7本のSSが行われる。2カ国にまたがるSSの合計距離は145.65kmで、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は527.18km。オープニングのSS2が午前7時59分に開始となり、サービスパークに置かれるトルスビュー周辺で午後5時15分にスタートするSS8でデイ2の競技は終了となる。

ラリープラスより

しかし、マシンYARISWRCが調子良さそうですね。流石TOYOTAワークスです。ラリー・スウェーデンこの週末も楽しませてくれそうです。

<スポンサードリンク>



にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

AUDI A6オールロードクアトロのライバル

ヨーロッパやアメリカでイジメにあってるトヨタの応援ブログです。この春には待望のプリウスphvが届きま

記事を読む

新型プリウスPHVのクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金。

新型プリウスPHVの補助金   新しいクルマの販売当初はやはり本体は高いんです

記事を読む

トヨタWRC18年ぶり参戦。大正解でした!!

トヨタ 18年ぶりにWRCラリーに復帰して大正解だったと思います。   現社長

記事を読む

WRC超速報!SS14で最速はセバスチャン・オジエ。最後までやはり早いねえ。トヨタオット・タナクとの差が広がる。SS15ーSS16速報もここへ。頑張れあとSS16とSS17!!

いよいよ海の向こうのMonte Carloでは最終日が始めったようですね。今日中にMonte Car

記事を読む

WRCPortugalポルトガル3日目を終えてセバスチャン・オジエが首位。TOYOTAのヤリーマティ・ラトバラはコケた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pus

記事を読む

トレンドを創る事の難しさ。

愛媛県は八幡浜のちゃんぽん あっさりスープに麺は中華麺   そして野菜やじゃ

記事を読む

トヨタ AI(人口知能)を搭載した「Concept-愛i(コンセプトアイ)を発表!

今年はAI(人工知能)とVR(仮想現実)の年ですね。    

記事を読む

フェラーリ ディーノ復活 男の夢 Ferrari でも一番安いのでさえ家が買えますね。あなたは何を買う?

Ferrari DINO 1956年に24歳という若さで無くなった フェラーリの創設者 エン

記事を読む

プリウスPHVはヒットするのか?しないのか?またこけるか?前モデルは見事こけましたからねえ。その反省を元に創ったzvw52ですからきっとヒットします!いやこのブログでヒットさせます!

10月もナンバー1の 売上でしたね プリウスHV 軽四も含めて しかし軽四が日本一に

記事を読む

WRCフランス。優勝は韓国ヒュンダイのティエリー・ヌーベルですわ。

おお!超速報 超速報でましたね。やりましたヒュンダイのティエリー・ヌーベルが今季初優勝です。

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


【枝打ちはたいへん!!】田舎暮らしもたいへん!!

本日は大洲市蔵川の実家にて 草刈正雄とヒノキの枝打ち。 &

台風一過

写真は2年前の西日本豪雨災害地 さだまさしさんを連れて行った

【新型ハリアーPHV】なんて良いじゃない!!!?

令和2年6月に発売予定の新型ハリアー良いですよね。 とっても知的

【愛媛で自給自足】昨日はイノシシ・シカ狩り。本日は草刈り。刈払機にやっと慣れてきた。

昨日は朝早くから 山へ鹿狩りとイノシシ狩りに  

【プリウスPHV燃費は99.9㎞/リットル】 本日は大洲市蔵川の実家の草刈り ナイロンカッターのコードがブチぶち切れる

2020年4月14日 プリウスPHVの燃費は 55.2㎞走

→もっと見る

  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0