WRCラリー・スウェーデン復活のTOYOTAは2位!

TOYOTAプリウスphv。いよいよ2月15日発売。首を長くして待ってるアカプリ子。納車は3月か4月。WRCラリーを拝見してるとついついとばしてしまいそうですけど、安全運転で行きますね。もちろんKENWOODのドライブレコーダーを購入予定ですからDriveの模様もアップシますよ。なにより気になるのは燃費や電費だと想うのですけど

正しい充電方法、電気料金プラン等をインプレッションしますから納車まで少々お待ちください。

<ラリーと言えばラリープラス 会員になって下さいね>

2月10日(金)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンのデイ2がスウェーデンのトルスビーを中心に行われ、TOYOTAGAZOO RacingWRTからYARISWRCで出場しているヤリ−マティ・ラトバラが総合2位について。また。同じくYARISWRCを駆る、ユホ・ハンニネンはSS5でアクシデントによりフィニッシュ後リタイアとなったが、マシンを修復し明日の再出走を目指す。

しかし前回のWRCラリー・モンテカルロでも左側の立木にぶつかってユホ・ハンニネンはリタイヤしたやないの。今回は右側の立木にぶつかってフロントタイヤ。湯けむりが出ていたからラジエーターをヤラれてエンジンを壊さないためのリタイヤですね。まああれだけ雪が降っていたらスリップしないほうがおかしいのはおかしいですけどね。

昨年までVWに乗っていて今回再就職先(ドライバー)が決まらなかったドライバーも雇って3台体制にしたら良いのに。男前だし。

詳細はRed BullTVで見て下さいね。

ラリー・スウェーデンのデイ2は、スウェーデンとノルウェーの両国で7本、計145.65kmのSSが行われた。前日のデイ1でベストタイムを記録し首位に立ったラトバラは、デイ2でもベストタイムを記録し一時はトップにたったが、最終的には2位でデイ2を走り終えた。一方手堅い走りで9位につけていたユホ・ハンニネンは、SS5のフィニッシュ直前で走行ラインを乱しコースオフ。その際、立木に激突しマシンのフロントまわりを破損してしまった

ユホハンニネンはSS5を最後まで走りきったが、ダメージがエンジンに及ぶことを避けるため、以降の走行を断念した。

トミ・マキネン(チーム代表)

「2位という本日のラトバラの結果はもちろん嬉しいですが、本当に大変なのはこれからです。明日は路面のコンディションが今日よりもさらに均衡化し皆が同じような条件で走ることになると思いますので、我々の信の力が試される1日となるでしょう。ここまでのところ、マシンの信頼性とパフォーマンスには満足しています。小さなミスでユホハンニネンはリタイアとなってしまいましたが、マシンを修復し明日彼を再びコースに送り出したいと思います。我々にとって今年は学習の1年であり、アクシデントもその過程のひとつなのです」

ヤリ−マティ・ラトバラ(YARISWRC#10号車)

「今日は、概ね満足のいく1日でした。最初のSSを走り終えた後、自分たちでセッティングを微調整したところ、マシンのフィーリングが好転しました。1日を通して良い走りが出来たと思いますが、唯一、SS7だけは上手く走れませんでした。その同じステージをSS4として午前中に走ったときは良かったのですが、再走となった午後のSS7ではなぜか自信を失い、力が入りすぎてタイムをかなり失いました。それでも今日の結果には満足しています。マシンはほぼ完璧なので、明日のデイ3も集中力を切らさずに戦い抜くつもりです」

ユホ・ハンニネン(YARISWRC#11号車)

「今朝はスローなコーナーでタイムを失っていた感じがしたので、サービスでマシンのセッティングを変更したところ、午後は走りがかなり良くなりました。そのため自信を持ってドライブしていたのですが、SS5の終わりでコーナーリングラインが乱れ、マシンのフロントセクションを木にヒットして大きなダメージを負ってしまいました。ステージは走りきったのですが、冷却系が破損していたので、エンジンを守るために走行を止めました。もし可能ならば明日再出発して、出来るだけ多く経験を積み重ねたいと思います」

この一年はテストや準備や試験なんですね。でも調子良さそうです。

明日、2月11日(土)のDay3は、サービスパークが置かれるトルスビーの東側エリアに広がる森林ステージが戦いの中心となる。SSは全部で7本。その合計距離は125.38km。リエゾン(移動距離)を含めた総走行距離は575.99kmに達する。SS11とその再走ステージであるSS14「Vargasen」は、有名なコリンズクレストのビッグジャンプで知られる。飛距離は最大40m以上に達するなど、WRCの中でも1,2を争うスペクタルなジャンプだ。また1日の最後にはカールスタッドの屋外アリーナで、2回めのスーパーSSが予定されている。

2日目も楽しみですね。是非Red BullTVラリープラスでお楽しみ下さい。
<スポンサードリンク>



にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link



関連記事

WRC2018チャンピオンシップセバスチャン・オジエが取りましたね!流石!!勝ち方を知ってますよ。来年はシトロエンに移籍。どうなるかな?

RALLY PLUS · 2018-11-20 すべてラリープラスからの記事です。ラりプラメンバー

記事を読む

RALLY PLUS Monte Carlo速報号が届きました!今年初。トヨタが調子いいからホント嬉しい!

RALLY PLUS Monte Carlo速報号が届きました!今年初。トヨタが調子いいからホント嬉

記事を読む

マイナーチェンジしたプリウスは買いか?

豊田章男社長に 「かっこ悪い!」 と言わしめた50系プリウス。 あくが強すぎまし

記事を読む

綺麗な森に綺麗な海だ。TOYOTAとともにこんな森や海を綺麗に守りたい!

山々を走ると自然林が意外と多いことに気づく。 人工林に価値が無いから太陽光パネルなど 再

記事を読む

雪に対する備え!東京でも雪。スタッドレス・タイヤをちゃんと買い。ブリジストンブリザックVRXが良いらしい。

東京でも積雪の予想、雪に対する備えをしよう!   YAHOOニュースによると24日

記事を読む

ル・マン24時間 TOYOTAの勢いはそのままで優勝しそうだが、昨年の悪夢があるからきっと優勝する。

アカプリ子が一生懸命TOYOTAを応援するに至った昨年のル・マン24時間耐久レース。 あま

記事を読む

no image

クルマのフロントマスクは美しい方が良い!

50系プリウスHVと違うのがフロントマスク 50系のままだったら おそらく52系プリウス

記事を読む

WRCモンテカルロ トヨタのヤリ-マティーラトバラが2位フィニッシュ!

プリウスphvを買って「低炭素社会」とトヨタの応援をしてます。よろしくご愛読ください。 さてW

記事を読む

東京サロンに出ているMARK X GRMN仕様は350台限定。買いか?これ箱根駅伝でも走ってましたね。

箱根駅伝で確かこのマークⅩも走ってましたよ。コロナMARKⅡからはじまったこのMARKxも

記事を読む

WRCラリーカーの進化はここまで来た。

TOYOTA新型プリウスphvを注文して赤いプリウスphvを待つアカプリ子。Sグレードナビパッケージ

記事を読む

Sponsored Link



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link



屋久島の森から

屋久島の杉板を販売することになった。 5月から 屋久島の杉と言

2020ニューイヤー駅伝トヨタ応援「トヨタ頑張れ」

あけましておめでとうございます。2020年とても良い天気

宇和島 宇和海のめぐみ「釜揚げしらす丼」

昨日頂いたシラスの釜揚げで朝食を頂く。昨日茹で上げたもの

耕して天まで登る

ここは西予市明浜みかん畑である。標高0mの海抜から200mくらいは登

狩猟免許取得

今、愛媛県南予地方への移住促進をしているのだけど、南予にはあまり良い

→もっと見る

  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0