日産セレナを始めとして自動運転のシステム構築が急がれる

昨日も本日も80歳を過ぎた
老人の事故がニュースに出ています

みんなどこを走ったか

覚えていないとか

勝手に車がバックしだしたとか
急発進しだしたとか

頭の動きと体の動きが一致して
いないですね

みんな前回の免許更新の時には
問題が無かったらしい

まあ講習だけでは掴めないし
突然認知症とか出るかもしれないですしね

私も昨日はボーッとして
家までの30分間の道程を

あまり覚えていないですね

まだ50歳後半ですけど・・。(汗)

ここまで毎日高齢者の交通事故や

いつまでも続く飲酒運転防止のためには

自動運転のインフラの整備が急務ですね

GOOGLEやアップルや日産やトヨタや

色んな車関係の会社が研究していますが

早くその技術をひとつに纏めることが

早期実現への道ですよね

日産が少し先んじてセレナで
プロパイロット出しましたね
フライングかなあ

これでも今回の事故を防止出来たような
設備がついていますね

セレナで

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-20-15-14

セレナハイウエイスターGのプロパイロットエディション

特別装備の中身は
●ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定。プロパイロット、オーディオ)
●電動パーキングブレーキ
●オートブレーキホールド
●オートデュアルエアコン(プラズマクラスター搭載)
●踏み間違い衝突防止アシスト
●進入禁止標識検知
●フロント&バックソナー
●SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグ
●プロパイロット
●LDP(車線逸脱防止支援システム)
●ヒーターダクト
●PTC素子ヒーター
●高濃度不凍液
●ヒーター付きドアミラー

自動運転とは関係ないものまで
羅列してしまいましたが

踏み間違い衝突防止アシストや
車線逸脱防止支援システム
進入禁止標識検知

など

昨今のお年寄りによる交通事故を
防げそうですね

全部では無くても

まあ早期に自動運転のインフラを構築し

長時間違反を続けるとか休みの無い運転とか
眼を瞑ったり
よそ見をしたり

自動でリモートコントロールで停止させると良いですよね

酒が臭いとエンジンがかからないとか

ハンドルで指紋を検知するとか
脈拍や血圧測るとか

麻薬反応を検知するとか

自動運転急がれます

お年寄りの事故で酷いのが
被害者がとても若いと言うこと
ですよね

たったひとりかもしれません

しかしその人はかけがえの無い人です

身内や近い人にとって

そして

この若い人たちは世の中に甚大な
影響力を与えたかもしれません

凄い宝を無くすのです

80歳過ぎた加害者も大事かもしれませんが

その誤った先の被害者が大事なのです

早く自動運転を実現しましょうにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください