トヨタ新型プリウスPHVに試乗した。

2月15日に発売したプリウスPHV。やっと試乗車がディラーに来ましたね。私が注文したのはSグレードナビパッケージですが。オプションで太陽光発電パネルを注文したので納期はなお遅れそうですね。しかしそれゆえいいニュースもあって本日足を運んで正解だったというものです。駄目な日は何をしても駄目な日がありますが、(私にはそういうことは少ないですけどね)

しかし本日お邪魔したディーラーには美しいブルーのドレスを着た石原さとみ嬢が。待っていてくれてましたね。

 

本来このプリウスPHVは昨秋の予定でしたがそれが冬になりそしてこの春になり2月15日発売という結果になり。今日まで来ましたね。環境適合者の最先端にはなったと感じえますが、しかしそれがこれからの環境適合車のスタンダードととは表現できませんから今後どうするかですね。

 

4連のヘッドランプはとても素敵ですね。ホンダのNSXの6連も迫力があり、今後日本市場にも出してきそうですけどね。

 

そしてプリウスPHVのロゴが残るバックドア。素敵ですね。

 

 

そしてタイヤ・ホイールですけど、日本のタイヤは難しいですからねえ。

ホント活躍を期待しますね。

これは樹脂なんですね。中身はアルミホイールですよ。アルミホイールの質感を消してまでカバーする。樹脂製のカバー。本当に意味があるのでしょうか?どれくらい風力的に意味があるのか知りたいです。

そして充電器と本体を繋ぐインレット。その縁を見てくださいよ。なんとここにもカーボンパネルを使用していますね。必要ないのに。多少は軽くなるのでしょうか?それともフェイク。ここまではどこにも情報は無いと思いますが、おそらくカーボンパネルでしょうね。こんな小さなパーツにお値段の差はあまり無いことを祈りますね。

全体を通してリッチ感とか差別感は無いけど

室内インテリアの

対応に対して素晴らしい反応がありましたね。とても嬉しい記事でした。もっともっと宣伝することで次回の反応を色々と感じ得出すことが可能ですね。

もう寝ますおやすみです。

 

 

このバブルウィンドウはあまりバブル感がありませんでした。でも製造は難しいのでしょうね

<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください