新型プリウスPHVのクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金。

新型プリウスPHVの補助金

 

新しいクルマの販売当初はやはり本体は高いんですよね。トヨタMIRAIなんてまさにそうです。そう言えば初代のFCVは1000万以上したような・・。

トヨタプリウスPHVも2代目ではあるけれども

まさに初代とも言えますよね。初代と言えば3世代目のプリウスHVをベースに開発されましたが、売れませんでしたね。

売れない理由の一番はデザインが30系プリウスとなんら変わらなかったこと。

まあフロントやバックドアにメッキ加飾をしていましたがこの輝きがかえって安っぽくなってましたもんね〜。

大きくプリウスPHVをいうステッカーを貼ってたモデルも見ましたがほんと下策ですねえ。

もう一つがバッテリーだけで走る距離が24kmくらいであったこと。

それじゃあねえ何十万円も高いPHVを買う気にはならないし何よりトヨタディーラーのモチベーションが・・

トヨタプリウスPHVを是が非でも売りたいなんていう想いは生まれないですよね。まあ35系プリウスPHVは大失敗でした。でもその失敗に対して責任を取る必要が無いというのも大企業トヨタの良さでもあるけど、中々反省できない要因となっているのも間違いないですね。反省すべきは反省する!責任を取るべき人は取る!それが未来の成功へ導いてくれる策だとも想うのですけどね。

 

 

新型トヨタプリウスPHVはトヨタにとって

「絶対にヒットをさせないといけないモデル」にも拘らず

値段が高すぎますねえ。

しかし部品を積算していったらコンナ具合

ソーラーパネル 28万円

T−Connectナビシステム 30万円

ガスインジェクションヒートポンプエアコン 30万円

8.8kWリチウムイオンバッテリー100万円

これだけでも200万円弱ですから見積額も無理は無いです。そこで補助金なんですが今年度は96000円でますね。

補助金だらけのクルマの販売と言うのも気になりますが、なんせ環境問題にも直結するし、なにせ金額が大きいのでクルマ業界の事業は裾野が広いですからねえ。

なんとFCV燃料電池車のMIRAIは200万円もこの補助金だけであります。

そこまでして新たな水素で走るクルマを売りたいのでしょうがそれは国やトヨタの都合であって、だれも水素で電気起こしてモーター回してクルマを走らせたいとは思わないですよね。モーター回すのは電池で良いはずです。

ガソリンスタンドはクルマの普及とともに増えていきました。増えていかないFCVのために水素ステーション造りますか?

花はミツバチを探しに行きますか?いいえいかない。まつの!

ってミライはほとんど売れてない。水素ステーションを数億使って造ったとしてもいつくるかわからないMIRAI のために待てないですよね。

 

必要とされるインフラで無いのに。造れませんよ。そんなクルマに血税を200万円も使わないで下さいね〜。水素はそれこそ発電所で使ったら良いのです。そこで創った電気で充電したら。

水素エネルギーの時代は来ると思うけど水素自動車の時代はきっとこないと思う。きっと・・。

<ポチッとオ・ネ・ガ・イ>

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください