いよいよPHVの電気工事ですよ。コンセントが届いた。2376円。安い!

PHVの電気工事

いやあ一向に来ないプリウスPHVに一方では呆れながらも一方では待ってるアカプリ子がいる。

本日はなパナソニックのEV・PHEV充電用コンセントを手に入れました〜。

思ってたより一回り小さいのでスワ!大丈夫かって思いましたが、ちゃんと20A250Vと書いているので大丈夫そうですね。書いてあるんでは無くて型にはまってますね。

プリウスPHVは200V16Aですからまだ余裕ありますね。これで2時間20分でリチウムイオンバッテリーが空の状態から満タンの状態までになりますね。

これをスマホで設定して深夜のうちの2時間20分だけで充電するんです。

型番はパナソニックWK4322W。最後のWはホワイトのWですね。ホワイトシルバー、シャンパンローズ、ホワイト、ブラックとありますがアカプリ子は北に白が風水上では良いと言うことでホワイトですね。

間違っても昼間は充電しないほうが良いです。昼間の電気は深夜電力の3倍くらいしますから、それで充電するくらいならHVで走った方が安いんです。

各電力会社の契約にもよるんですけどね。各地域で各電力会社のどの様な契約でどのように充電したら良いかレポートしますね。

想っていたより小さくて可愛いです。蓋がついています。

蓋を締めるためにスプリング(バネ)がありますがそれなりの理由があります。

20A250Vの定格。小さくて心もとないですが、数字を見て安心です。

 

そうなんです。コンセントカバーがプラグの脱落防止のストッパーになっているんです。良くぞパナソニックさん考えましたね。ホントこのコンセント見るまでは逆向けに付けようかと想っていたから、やはり実物を見ないとわからんもんです。

 

 

回路は十分あるんですけどね。工事が難しくなるので

 

 

外にあるスッキリポールの電源BOXから直接取りますね。

 

YOU TUBEで動画が出てますね。

 

 

電気工事の見積が10,000円とコンセント代金が2376円。計12376円です。安いですけどこれガソリン車とかHVには要らない工事代ですからね。系列のトヨタホームになると10倍の102600円ですね。ここをビジネスチャンスとばかりに儲けようとしてますね。

確かに家庭用の電気工事はピンきりです。昔の回路数や大元のアンペアが小さいと高く付きます。

しかし大多数のプリウスPHVを買うような家の人はそれなりの電源があるかもしれません。そんなん標準が10万円超えるってこれはボッタクリです。

どうすればいいか?わからない人は連絡くださいませ。

先ずは自分で理解することが良いですね。もしわからなければ近くの電気工事店が良いと思います。

電気店や家電量販店よりは良いですね。

お近くの電気工事店の看板があるお店で。宣伝やないですよ。もし意味わからなければ連絡下さいね〜。

<ポチッとオ・ネ・ガ・イ>
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください