TOYOTAWRC速報 ツール・ド・コルスでヤリーマティ・ラトバラが総合4位。豊田章男社長も参戦!

TOYOTAWRC速報

<ラリーPLUSネットより>

4月9日(日)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)大戦ラリーフランス(ツール・ド・コルス)の競技最終日となるDay3がコルシカ島の東南部で行われ、TOYOTAGAZOORacingワールドラリーチームのヤリ−マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(YARISWRC#10号車)が総合4位でフィニッシュした。またDay2で再出走を果たしたユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(YARISWRC#11号車)は、SS9でコースオフによりリタイヤとなった。

おいおいまたですかい?ユホ・ハンニネンさん 頼みますよ。マシンを大事にね〜。エンジンは確か3台までですね。年間。

途中で出れなくなりますよ〜。

競技最終日を迎えたツール・ド・コルスのSSは全部で2本。1本目のステージである全長53.78kmのSS9で、ラトバラは4番手タイムとなり、2秒差で総合4位の座を失い総合5位に後退した。しかし、最終ステージとなる全長10.42kmのSS10で、ラトバラは堂々ベストタイムを記録。0.1秒差ながら4位に復帰する事に成功した。SS10はボーナスのドライバーズポイントが与えられるパワーステージとなっており、ラトバラは第2戦ラリー・スウェーデン以来となる最大ボーナスポイントの5点を獲得。その結果、ラトバラ/アンティラ組は選手権2位の座を堅持した。一方、ハンニネン/リンドストローム組はSS9でコースアウト。リタイアとなり、残念ながら開幕戦からの連続完走記録を伸ばすことができなかった。

豊田章男(チーム総代表)
「18年ぶりのWRC復帰から4戦目となるツール・ド・コルスで、やっと私もヤリスWRCの走る姿を間近で見て、チームの皆と共に現場で戦うことができました。土曜日、ラトバラ選手が午前のSSを終え昼のサービスに戻った際、大がかりな部品交換によるセッティング変更を制限時間ギリギリまで使って行うメカニック達の姿を目の当たりにしました。ドライバーが道との会話で感じたクルマへの違和感をメカニックやエンジニアが即座に改善し、また道に戻して走り続ける…ドライバー視点の開発とその改善を繰り返していくマキネンのチームの姿は、まさに私どもが目指す『もっといいクルマづくり』そのものだと感じます。現場では誰かが大声で指示を出すのでなく個々のメカニックが各々の役割を全うし作業が進んでいきました。想いが通じ合った信じあえるプロのチームを築きあげたマキネン代表に改めて感謝します。

<ラリーPLUSネットより>

また、沿道では多くのファンやオフィシャルに出会うことができました。手の届きそうなところを通り過ぎるラリーカーの音や匂いや迫力を楽しもうとする文化がそこにはあり、WRCの現場でラリーの魅力を改めて体感することができました。彼らに笑顔で話しかければ、言葉は通じなくとも『トヨタがんばれ!』と返してくれます。ラリーを愛し、クルマを楽しみ、そしてトヨタの挑戦を応援してくださる方が世界中にいること、本当にありがたく、そして心強く思います。

今後も、トミをはじめとしたチームのみんな、そして全世界にいるファンの皆さまとWRCの道をヤリスで走り続けていければと思います。応援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。これからもサポートをよろしくお願いいたします」

豊田章男社長のコメントですね。嬉しいですね。ファンの反応が

このファンの一言で復帰したWRC。今後の活躍が楽しみですね。アカプリ子

<ポチッとオ・ネ・ガ・イ>
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください