新型カムリを世界初披露遅れ馳せなニュース。

新型カムリを世界初披露

TOYOTAは、米国東部時間1月9日、米国ミシガン州デトロイト市で開催の北米国際自動車ショー(通称:デトロイトモーターショー)において、新型カムリ(米国仕様)を世界初披露した。

【TOYOTAホームページより】

カムリは1982年に日本で発売して以来、「TOYOTAのグローバルミッドサイズセダンとして、10か所工場で生産、100以上の国・地域で販売されている。累計販売台数は1800万台を越え30年以上にわたり世界中のお客様に育てられてきた。さらに米国では、乗用車セグメントにおいて15年連続で最も多くのお客様にお選びいただいた車種であると共に、米国ケンタッキー州の工場で年間40万台近くを生産するなど、トヨタ自動車㈱の米穀事業における最重要車種の一つである。

CONCEPT

開発CONCEPT

・走りや乗り心地などクルマとしての基本性能を鍛えこむ(Performance:性能)とともに、先進技術・機能を通じ環境性能や安全性能を更に高めていく(Intelligence:智能)

・この二つの要素を徹底的に追求することで、両者が相まって数値では表せない価値を生み、カムリをお客様の五感に訴えるクルマに昇華させる(Experience:官能)

8代目となる新型カムリは、カムリが培ってきた高い品質・耐久性・信頼性や実用性に一層磨きをかけるだけでなく、世界中のお客様の心を揺さぶり、所有する・操る喜びや感動を提供することを目指した。TOYOTAが考える理想の次世代グローバルミッドセダンを体現すべく、開発を推進。

また「もっといいクルマづくり」に向けた「Tyota New Global Architecture」(以下、TNGA)による構造改革をこれまで以上に推し進め、プラットフォームに加えパワートレーンユニットも一体的に開発することで、エモーショナルで美しいスタイルや、意のままの走りを実現した。

 

※TNGA:トヨタが全社を挙げて取り組む、クルマづくりの構造改革。機能横断的・一体的な開発を進めることで。効率的かつ効果的に、クルマの基本性能や商品力の飛躍的向上を目指す

【TOYOTAホームページより】

DESIGN

走りを予感させる、スポーティーで洗練されたデザイン

EXTERIOR

バンパーコーナーをより立体的で大胆な構成にした「アンダープライオリティ」により、TOYOTA独自フロントの表情「キーンルック」を進化。スリムなアッパーグリルと大きく構えたロアグリルを対比させ、低重心感とワイドなスタンスを強調

新プラットフォーム採用によりフードと全高を低く抑えながら、後席頭上空間を確保したロングルーフのキャビンシルエットと、クウォーターピラーの流麗なキャラクターラインにより、実用性とスポーティーさを高次元で両立した独創的なキャビン造形を実現

【TOYOTAホームページより】

INTERIOR

TNGAに基づく新パッケージにより、前方視界に優れたスポーティーなインパネとグローバルミッドサイズセダンに相応しい広々として空間を両立

次世代インターフェースとして

1.カラーヘッドアップディスプレイ

2.マルチインフォメーションディスプレイ(メーターパネル内)

3.8インチオーディオ・ビジュアルナビゲーションシステムが

相互にリンク。操作性を大幅に向上しつつ、流れるような曲線が際立てるフラッシュサーフェイスの表示パネルが未来感を演出

PERFORMANCE

キビキビとした意のままの走り

プラットフォーム

TNGAに基づきプラットフォームを刷新(GA-Kプラットフォーム)。低重心化、ボディ・フロア剛性強化、エンジンのマウント位置見直しのほか、リヤに新サスペンションを採用するなど、クルマのパッケージ全体を一新することで、操縦安定性や乗り心地などの性能を幅広く向上

パワトレーンユニット

TNGAにより構造や構成を全面的に作り直し、高い走行性能と環境性能を両立させた新型エンジン「Dynamic Force Engine」の初採用モデルとして、直列4気筒2.5L直噴ガソリンエンジンを設定。

ガソリン車、ハイブリッド車とともに世界トップレベルの熱効率を達成すると同時に、レスポンスやトルクを向上することで、燃費と動力性能の大幅向上を実現

2.5Lガソリン車には、同じくTNGAにより全面刷新された新型トランスミッションであるDirect Shift-8 ATを採用。世界トップレベルの伝達効率を実現するとともに、多段化、ロックアップ領域の拡大により、ドライバーの意のままに反応する走りを実現

ハイブリッド車では。2.5L用のトヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)を一新。小型・軽量・低損失化技術を、高燃焼効率・高出力の新型エンジンと組み合わせることで、優れた動力性能・低燃費を実現

SAFETY

先進の安全装備

ミリ波レーダーと単眼カメラを道意、総合的な制御により、クルマだけではなく歩行者も認識する歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティーをはじめ4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ

「Tyota Safety Sence P」を採用

なお日本ではトヨタカローラ店に加え、トヨペット店およびネッツ店(東京地区は東京トヨタでも販売)を通じ2017年夏頃の販売を予定している。

ドナルド・トランプのメキシコでのカローラ工場の指摘をツイッターで受け、それに豊田章男氏が1兆円投資すると応えた新型カムリの発表会の模様。

Sponsored Link


関連記事

苦悩するトヨタは今! 1番 !何をなすべきか?もっといいクルマを造るべきか?レースで勝つべきか?LEXUSに新しいSUVを造るべきか?

トヨタの苦悩がわかりますよね。トヨタのGRスーパースポーツのコンセプトカーにしてもまんまWECのトヨ

記事を読む

ラリー専門雑誌「RALLY+」が届いた。WRCラリースウェーデンとWRCラリーメキシコの記事だ。

ラリプラメンバーズのアカプリ子の家にラリーPLUS Volume13が届いた。ということは創刊してま

記事を読む

CANONのミラーレスカメラEOS M5は買いか? やっとキャノンもミラーレスに対して本気出して来ましたね。オリンパス、パンソニック、富士フイルムなどに続いて。何れクルマもカメラもミラーレスになる。あんな邪魔なもの要らないからね。

CANONのミラーレス Mシリーズ  M5になってやっと本気出しましたね 一番良くなったのはデザ

記事を読む

WRCSPAIN超速報!

ヤリーマティラトバラは WRCSPAIN 残念ながらリタイヤですね。 最近

記事を読む

上海モーターショーでトヨタ、ワールド・プレミア車3台を出展

トヨタ、上海モーターショーでワールドプレミア車3台を出展 トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は

記事を読む

TOYOTA GAZOO Racingのヤリーマティ・ラトバラのお宝。スウェーデンのパルクフェルメにラトバラのラリー博物館を建設。

TOYOTA 実に18年ぶりにWRCラリーの場に復帰して大活躍でしたね。やはりその立役者の一人はこの

記事を読む

WRCドイツ超速報!オット・タナク1位。ヤリーマティ・ラトバラ3位。5位にエサペッカ・ラッピ。ターマックでもTOYOTAが速くなった。1-2-3もあり得る。

【SS15速報】Romerstrasse II (12.28 km) https://you

記事を読む

WRCトルコ速報!!

WRCトルコ:ヤリスWRCのタナクが首位浮上、ラトバラが2位につけ最終日へ RALLY PL

記事を読む

プリウスphv納車後1ヶ月

ほんと燃費が良くて助かってます。 納車後1ヶ月。納車時にはタンクの中にはガソリンは1/3程度し

記事を読む

プリウスPHVの電源工事!一万円。これはうちだけで。実際は現場による。

PHVのコンセント工事について!   そろそろ電源工事を行なうかなあ?コンセン

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0