トヨタ豊田社長 トヨタはやはり苦戦している。今期営業利益は2期連続減益の1兆6000億円

トヨタ2年連続減益 1兆6000億円

<レスポンスより>

トヨタ自動車は5月10日、2017年3月期の連結決算と今期(18年3月期)の業績予想を発表した。今期はアジアでの堅調な販売を見込むものの、主力の北米市場での競争激化などで、営業利益は前期比20%減の1兆6000億円と、2期連続の減益を予想している。

今期の連結販売計画は1%減の890万台としている。主力の北米は1%減の282万台、アジアは中国や東南味がが堅調なことから1%増の168万台を計画した。また国内は新モデル効果が一巡することもあり、3%減の220万台を見込んでいる。

 

 

為替レートは1ドル105円と、前期実績より3円の円高を前提にしており、営業損益段階で1100億円の減益影響となる。鋼材など原材料費の上昇による減益影響が大きく、原価改善は前期実績より3,500億円少ない900億エイント想定した。今期の純利益予想は18%減の1兆5000億円と2期連続の減益になる。また、売上高は0.4%減の27兆5000億円と、2期続けての減収を見込んだ。

 

17年3月期は営業利益が30.1%減の1兆9943億円。純利益は20.8%減の1兆8311億円といづれも5期ぶりの減益だった。連結販売台数は3%増の897万台、またグループ総販売台数は2%増の1025万台となった。円高による減益要因が9400億円におよび、利益を大きく圧迫した。同期の年間配当は前期から据え置きの210円とした。

 

東京本社で記者会見した豊田章男社長は、今期の業績見通しについて「為替の追い風も向かい風もないなかで、まさに現在の等身大の実力が素直に表れたと感じている」と評価した。また、今期は研究開発費を前期比で125億円、設備投資は882億円積み増すことから「目先の利益確保を最優先するのでなく、未来への投資も安定的、継続的に進めるというトヨタの意志が表れた決算」と強調した。
そのうえで「自分たちの等身大の姿を真正面から見据え、徹底的に競争力を磨いていく年ということに尽きる」と位置付けた。ただ、2期連続の減益については「スポーツの世界では連敗。負け嫌いは私だけではない」との受け止めを示し、「ここをボトムラインに、持続的成長へのオンラインで歩みを進めたい」と表明した。

<レスポンスより>

しっかし円高の影響ですからそこまで悔しがる必要も無いと思いますけどね。WEC(世界耐久選手権) WRC(世界ラリー選手権)も好調ですしね。色んなCSRもやってるし、こんな好調な会社はそんなに無いですよえ。20兆円といえばそこいらの国の国家予算でしょ!?円高の影響で慌てる必要は無いですよね。ただそこやあそこで綻びが見えるのでこのトヨタ応援ブログも始めたのですね。

アカプリ子が思う綻び

①はアメリカリスクですね。トヨタCAMRY(カムリ)はプリウスよりも売れるクルマですが、ひとつは安く買えるって事が大きいのですよね。故障が少なく燃費の良いTOYOTAが安く買える。一説には日本で買うよりも100万円も安く買えるって。

これはドナルド・TRUMPに目を付けられダンピングで課税される恐れがおりますよね。

②アメリカでハイブリッドが売れなくなっていると言うことですね。アメリカのシェールガス革命で油が安いですからねえ。燃費なんか考える必要がアメリカでは無いんですよね。

③日本での少子高齢化と若者のクルマ離れですね。

人口減と言うのはスパイラルでマイナス要因を大きくしていきます。工場で働く人財もいなくなります。クルマを乗る人が一層増えてきます。今は乗るのを諦める人が多いのでは無くそもそもクルマに興味が無いって人が多いです。

少子高齢化対策とか移住促進とかもしていかないといけないですね。私やってますからTOYOTAさん支援して下さいね。

④次世代エコカーの選択誤り。

FCVのミライを押しているけど、将来的には電気自動車EVになると思います。シンプルだし、人口の減っていく日本において水素ステーションというリスクの多い、お金もかかるインフラはいらないし、かなりの無駄ですね。もともとモーターは水素自動車でも搭載されるわけだし、電池だけで良いと思います。なにより部品点数が少ない。ここはFCVはあっさり諦めて電気自動車にしたら良いと思いますよ。

ただただまだ電池の性能がイマイチなのでアカプリ子もプリウスPHVを購入しましたけどね。

東京オリンピックまではPHVですね。その進化の途中ではあるけれどもプリウスPHVのセールスの成功無くては次世代のエコカーも成功しないので私がブログ2つで応援しているのです。

⑤デザイン。 プリウスPHVの美しさに比較してプリウスHVのデザインは無いですよね。元になったのはプリウスHVですが、清水アキラが研ナオコの真似をしたような、セロテープを貼った様なフロントマスクと

神社の鳥居の様なテールランプは無いですよね。せっかくのTNGAの第一号が台無しです。現に売れなくなりましたね。

プリウスPHVの記事でPHVはヒット商品にしますよえ。アカプリ子がね。

みなさんも応援して下さいね。

 

<ポチッとオ・ネ・ガ・イ>

 

&nbspにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

珍しい赤いトヨタ2000GTに出会った。

赤いトヨタ2000GT トヨタ2000GTの赤!初めて見るかもしれない。 近所の毎年開催

記事を読む

WRCPortugalポルトガル3日目を終えてセバスチャン・オジエが首位。TOYOTAのヤリーマティ・ラトバラはコケた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pus

記事を読む

トヨタファンの皆様明けましておめでとうございます。低炭素社会を創るために今年はプリウスPHVをヒット!そのうち燃料電池車もヒットさせるぞ。他のPHVも見てみたいな。

明けましておめでとうございます。昨年の写真ですけどね、今年こそプリウスPHVをヒットさせるぞ!!

記事を読む

WRCラリードイツ優勝はオット・タナク2位はヒュンダイのティエリー/ヌーベル3位はTOYOTAのエサペッカ・ラッピ。ヤリーマティ・ラトバラはリタイヤしたけどTOYOTAは本物!

【SS18速報】Bosenberg (14.04 km)1. S.オジエ(F) 7:15.0 2

記事を読む

信頼性の高いTOYOTAがタクシーも本気で造った。その名も「japan taxi」意外とお値段も高い。

TOYOTAが最新のおもてなしの気持ちを込めたらタクシーだってこの様になる。良いですね、トヨタの新型

記事を読む

TOYOTAオット・タナクがstop。トップはⅯスポーツのセバスチャン・オジエ。やっぱりこの人男前だし。すごいよ。でもTOYOTAのヤリーマティ・ラトバラとエサペッカ・ラッピも2位と3位。それも4秒差11秒差だからまだまだわからない。オット・タナクはラジエーター破損でした。

【SS18速報】Gartheiniog 2 (11.26 km) 1. A.ミケルセ

記事を読む

WRCRALLYSWEDENのWRC2部門ではなんと!?日本人の勝田貴元が優勝。その勝田貴元選手のサポートで佐藤健がレベルアップ、TAKERU SATOH MEETS GAZOOの最新動画公開

WRCRALLYSWEDENではHYUNDAIのティエリー・ヌーベルが優勝したけどその下の部門WRC

記事を読む

軽自動車にも白いナンバープレート装着可能!です。「ラグビーナンバー」

軽自動車にも白いナンバープレート アカプリ子もこれ薦められましたよ。ラグビーナンバープレート。

記事を読む

no image

映画オーバードライブ 面白そうですね。主人公はあの千葉真一の息子でしょ?かっこよすぎです。

タイムリーな映画が出ましたね。 ラリーを素材にした 映画なんて TOYOTAがスポンサーで

記事を読む

苦悩するトヨタは今! 1番 !何をなすべきか?もっといいクルマを造るべきか?レースで勝つべきか?LEXUSに新しいSUVを造るべきか?

トヨタの苦悩がわかりますよね。トヨタのGRスーパースポーツのコンセプトカーにしてもまんまWECのトヨ

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0