プリウスphv実燃費!1円/km

プリウスphv実燃費がどんどん良くなっていますね。

 

燃費の問題は良く取り沙汰されます。一番はMITSUBISHIの軽四ですけど

各メーカー悩んでますね。

やはりカタログ値と実際に乗った数値が違いすぎるのが問題ですよね。

「羊頭を掲げて狗肉を売る」ですね。

今や30km/㍑の数値を掲げるクルマは山ほどあるけど、実際は20km/㍑。酷い時は17km/㍑なんてのもありますね。

特に軽四の差は激しいです。友人の軽四も17km/㍑〜18km/㍑ですね。

JC08モードですよね。国土交通省審査値のことらしいですけど、どんな審査をしているのか怪しいものですね。

こんなに差があるならメーカー独自の測定が必要ですね。

それ意外にもそうこうあって2018年10月に義務化を予定する新燃費表示基準「WLTCモード。

既にTOYOTAのCX−3などでは認可を取得しているたしいですね。

これは国連で定義された国際的な試験法。

マツダCX−3はJC08モードでは17.0km/㍑  WLTCモードでは16.0km/㍑

ちなみに2000CCのガソリンエンジンですからまあこんなもんですよね。

しかし友人のスカイアクティブエンジンの2.2㍑クリーンディーゼルのクルマなんかも14km/㍑ですよ。トルクフルな走りで

軽油も安いですからね。最近のマツダは良いですからね。デザインも性能も。しかし燃費の点ではカタログ値と違いすぎてますね。

まあこれは国の責任ですよ。アメリカなら訴訟問題ですよね。プリウスの燃費の表記もアメリカEPA予想燃費は23.〜24km/㍑ですからね。

これは少し引く気がしますけど、アメリカではガソリンが超安いですから、ついついアクセルを踏むモードなんですかね(笑)

 

実燃費は28km/㍑くらいでは無いのでしょうか?アカプリ子のハイブリッドモードは一度だけなのですが30km/㍑出てましたね。

100kgくらい本体の重量が重いですけど、回生能力が高いためかハイブリッド性能も良さそうですよね。

 

そして充電完了後のEV走行可能距離も66.8kmになってきました。カタログ上は68.2kmですから

ほぼニヤリーになってきましたね。ニヤリです(笑)

乗り始めが確か55kmくらいでしたから、約600km乗ってこの数値は素晴らしいです。

 

この数値は17kmの片道を下って来たときの数値で66.8kmの走行可能距離が60.9kmですね。

17km走った後ですよ。ほぼ下りですからかなりエネルギーを回収しているのがわかりますね。

そして電費も9.6km/kwhまで上がって来ました。これも確か8km/kwhから始まったと思います。

 

 

カタログ上は10.54km/kwhですからこれも達成しそうですね。

駆動用バッテリーは実は8.8kwhの総電力量ですけど、一充電消費電力は6.47kwhなんですよね。この違いがアカプリ子には難し過ぎます。わかりません。しかし6.47kwh☓10.54km=68.1938ですから。ここでEV走行可能距離が68.2kmという数字が出ますよね。

 

今のところ1kwhあたり9.6kmですから6.47☓9.6km=62ですから。66.8km出ている最近は66.8÷6.47=10.32km/kwhあたり走ってますね。

 

実走行では17kmを2往復して17☓4=68 そしてまだ4kmくらい走れるので実際は72km。くらい走るんです。

まあ晴天が続いていたのでソーラーパネルで昼間復活しているからですよね。

 

しかし1日目の17km走ってまた60.9kmもあるので1日目の昼間は少なくともこの駆動用バッテリーには蓄電されません。

夜の充電時にソーラー用のバッテリーから先に充電しているのかそれもわかりません。

単相200Vの充電にのみ測定出来るメーターでも無いですかね。

まあそこまで興味のある人は少ないと思いますけどね。

ただプリウスphv 興味がある人の多くは走りやスタイルよりも燃費に一番興味があるのでは無いでしょうか。

言いたいことは本当にプリウスphvは燃費が良い!カタログ以上になることもある!

 

ただ電気の消費量は同じでも電気の契約によっても急速充電器を使用したりしても、HVモードのほうが安い時がありますから

要注意です!まずは単相200V!そして夜間電力で使う。これが大事ですね。

温度が変化が少ない西欧や夜間でも電力が大事な地域では夜間電力が安くない場合も多々あるので、夜間電力がオトクな日本では是非この夜間電力を使って充電して欲しいです。

昼間の1/3のやすさなんで契約もありますからね、この辺りはもう少しデータを収集してからもっと詳細にお伝えしますね。

しかし毎日の消費電力がどれくらいなのかはっきりわからないのが、ちょっと残念ですね。毎日空になることは無いし

ちょっと消費電力の出し方を工夫します。しばしお待ちを〜。燃費を追求したい方にはとてもいいクルマです。

静かでパワフル。重い車体も高級車然とした走りに貢献している!

まあ燃費を追求したい方は選んでも間違いないです!!燃費なんか気にせず走りで選んだ人も知ってますけどね(笑)

 

みなさんが知りたいことコメント欄からお願いします。最近忙しいんであまりインプレ出来ませんが、徐々にデータ収集・発表していきます。

 

 

 

 

<ポチッとご協力お願いします>にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

クルマの所有の仕方が変わってくる。TOYOTA毎月定額制。「kinto」影響のある業種も出てくるのでは?そこまで危機感持っていたのかTOYOTA!

TOYOTAが「愛車サブスクリプションサービス」 【kinto】を発表しました。若者のクルマ

記事を読む

いつかはCROWN いつものCROWN!

1955年に初登場したCROWN   息が長いですね。  

記事を読む

no image

ZVW52プリウスPHVに乗って半年

プリウスPHVを購入して 半年181日になりました   しかしショップか

記事を読む

no image

最悪〜。TOYOTAのlemans24。なんでこうなるの〜?ルマンには魔物が潜んでいる。特にTOYOTAに厳しい。

WEC 2017年 第3戦 ル・マン24時間レース 決勝レース結果 しかし今年のルマ

記事を読む

TOYOTAハイエース

盗難の多い車 プリウスとハイエース 両車ともタマが多いですからね 当然と言えば当然ですが

記事を読む

世界的なEVの流れがトヨタを強くする。かな?HVは黄信号。FCVはまだ早い。プリウスphvはあまり売れない!

アカプリオことプリウスphvは今年に入っての雪で1月30日にして10日丁度しか乗っていないですね。さ

記事を読む

トランプ政権、自動車燃費基準の緩和に動く-加州の権限無効化も提案

Ryan Beene、John Lippert、Jennifer A. Dlouhy2018年8

記事を読む

WRCラリー・モンテカルロ速報 Red Bull TV

勝手にトヨタ応援ブログ いよいよWRCラリー開幕戦!ラリー・モンテカルロです。トヨタさんもYA

記事を読む

WRCモンテカルロ3日目トヨタYARISWRC総合3位に浮上!

勝手にトヨタ応援ブログ 低炭素社会を創造するために真っ赤なプリウスphvを注文しているアカプリ子!2

記事を読む

ジャガークラシックも復刻したんだし次はTOYOTA2000GTよね。

JAGUAR ジャガーの復刻版カッコイイですね。いや復刻版がカッコイイのでは無くてもオリジナル

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0