WEC2017年 ル・マン24時間レース。インディ500で優勝した佐藤琢磨の影響か?ル・マンでも小林可夢偉が凄い!日本人凄いぞ。TOYOTAも凄いぞ。

WEC 2017年 第3戦 ル・マン24時間レース

 

予選でトップですね。TOYOTAGAZOO Racing。それも日本人の小林可夢偉。それもコースレコード。自己ベスト。これはひょっとするとひょっとしますね。とう言うか優勝は必ずTOYOTAして欲しいですよね。昨年の悪夢があるだけにね。

インディ500での佐藤琢磨の優勝もあるしホンダですけど、今年はやってくれそうです。

 

 

予選1回目でトップタイムをマークしたTS050 HYBRID 7号車

TS050 HYBRID #7号車の小林可夢偉がコースレコード更新でPP獲得
中嶋一貴がアタックした#8号車が2番手で、TS050 HYBRIDが最前列独占
#9号車は5番手から24時間レースへ

TOYOTAGAZOO Racingホームページから

6月15日(木)、第85回ル・マン24時間レースの公式予選2日目が行われ、午後7時から行われた予選第2回目の終盤、TS050 HYBRID #7号車を駆る小林可夢偉が3分14秒791という従来のコースレコード(注)を約2秒上回る驚異的なタイムでポールポジションを獲得した。前日の予選第1回目に記録した自らのタイム3分18秒651から約4秒ものタイム更新で、最終的に2番手グリッドにつけたTS050 HYBRID #8号車にも2秒半の大差をつける大記録となった。

小林は予選第2回目が始まって1時間ほどで起きたアクシデントで赤旗中断になっていたセッションが再開してすぐ、コースがクリアな状況でタイミングよくタイムアタックを開始。ミシュランのミディアムタイヤを使用したTS050 HYBRID #7号車は1周13.629kmのコースで、まるでフォーミュラカーの様な走りを見せた。

トヨタにとってル・マン24時間レースでのポールポジションは、1999年のマーティン・ブランドル、そして2014年の中嶋一貴に続く3回目。

予選2番手にはTS050 HYBRID #8号車の中嶋一貴が、予選第3回目の序盤に3分17秒128をマークし続いた。しかし、TS050 HYBRID #8号車は、予選第2回目が始まってすぐ、セバスチャン・ブエミがタイムアタックを始めた直後に、ユノディエールの直線の終わりでスローダウン。原因はエンジンの不調で、ブエミはそこからTS050 HYBRID #8号車を電気エネルギーだけでピットまで持ち帰った。その後、大事を取ってエンジン交換が行われ、修復なったTS050 HYBRID #8号車はコースに復帰したが、その直後に他車のクラッシュによりセッションは再び赤旗中断となり、そのまま予選2回目は終了した。

小林の衝撃的なタイムの感動が覚めやらぬまま、午後10時から予選3回目が行われた。すっかり夜の帳が降りたコースで、まずTS050 HYBRID #8号車の中嶋がタイムを3分17秒128まで縮め、予選2番手のポジションを確実にした。TS050 HYBRID #9号車はニコラス・ラピエールのマークした3分18秒625がベスト・タイム。予選順位は2台のポルシェに続く5番手だった。#9号車は他の2台と異なり、国本雄資、ホセ・マリア・ロペスという2人のル・マン未経験ドライバーがラインアップに加わっており、予選セッションを通してナイトランの経験を積むことも忘れなかった。

ピットインするTS050 HYBRID 7号車

ピットインするTS050 HYBRID 7号車

予選2日目のセッション中のサルト・サーキット

予選2日目のセッション中のサルト・サーキット

TS050 HYBRID 8号車

予選走行中のTS050 HYBRID 8号車

予選後の撮影の様子

予選後の撮影の様子

決勝レースである第85回ル・マン24時間レースは、6月17日(土)午後3時にスタートを切る。

(注)ル・マン24時間レースが行われるサルト・サーキットは、24時間レースが始まった1923年に現在とほぼ同じレイアウト・距離になり、以後少しずつ形状を変えて現在に至っている。これまでの最速記録は1985年にポルシェ962のハンス・ヨアヒム・シュトックがマークした平均251.815km/hで、この記録はユノディエールにシケインが設置される前のもの。最高速が400km/hを越える車両が出始めたため、1990年、ストレート上に2カ所のシケインが設置された。シケイン設置後のベストラップは、2015年にポルシェ919のニール・ジャニが記録した3分16秒887(平均249.2km/h)だった。今年、小林可夢偉はそのタイムを大幅に破るとともに、最速記録を更新(251.882km/h)したことになる。

 

TOYOTAGAZOO Racingホームページから

小林可夢偉 (TS050 HYBRID #7号車):

チーム全員のおかげでこの結果が得られ、本当に感謝しています。100%のアタックが出来、思い通りの速さを示せました。TS050 HYBRIDも快調そのもので、最高のアタックラップでした。赤旗中断からの再開直後というタイミングも絶好で、コース上もクリアな状況であり、フルアタック出来ました。ポールポジションを獲得出来たことは本当に誇りに思います。とはいえ、まだ24時間レースはスタートしていません。重要なのは決勝レースの結果であり、それこそが我々の目標です。

小林可夢偉

マイク・コンウェイ (TS050 HYBRID #7号車):

夢偉がスーパーラップを決めてくれました。全てが完璧でした。チームの皆と見守っていましたが、本当に凄いアタックでした。3分14秒台というのは信じられないタイムです。テストデーから可夢偉はここまでずっと速さを見せており、彼はやってくれると信じていました。

ステファン・サラザン (TS050 HYBRID #7号車):

可夢偉はどのサーキットでも速さを持っているドライバーですが、今回は本当に、本当に速かったです。チームが献身的な努力によって、コースレコードを更新するだけの速さを持つTS050 HYBRIDを用意してくれました。チーム全員に感謝します。ポールポジションからスタート出来るのは素晴らしいことですが、それは過程にすぎず、真の目標へ向かって立ち向かわなくてはなりません。

 

 

TOYOTAGAZOO Racingホームページから

中嶋一貴 (TS050 HYBRID #8号車):

時間の経過と共にコースコンディションが徐々に向上して行くのが感じられた一日でした。トラブルがあり、我々は満足いく予選アタックが出来ませんでしたが、それでも2番手グリッドを獲得、チームの最前列独占という素晴らしい結果に貢献出来ました。決勝レースへ向けたTS050 HYBRIDのバランスには満足していますし、自信を持って決勝レースに臨めます。

中嶋一貴

セバスチャン・ブエミ (TS050 HYBRID #8号車):

トヨタにとって素晴らしい一日になりました。#7号車と可夢偉に祝福を送ります。コースレコードの更新は本当に素晴らしい結果です。チームは良い仕事をしてくれて、最終的な予選結果には満足しています。我々にとってはスムースに行った一日とは言い難かったですが、予選2番手というのは良いスタートポジションだと思います。

アンソニー・デビッドソン (TS050 HYBRID #8号車):

我々の#8号車は予選第2回目でエンジン交換を強いられ、順調なスタートではありませんでした。このトラブルは残念でしたが、その後は決勝レースでのペースに集中しながらも予選2番手を獲得出来ました。チームメイトがポールポジションを獲得したのは嬉しいですし、TS050 HYBRIDが最前列グリッドを占められたのも良かったです。可夢偉と#7号車のドライバー、チームスタッフを祝福します。

ニコラス・ラピエール (TS050 HYBRID #9号車):

今日の予選はフラストレーションの溜まるセッションでした。再三、先行車に阻まれてタイムを伸ばすことが出来ませんでした。タイミングさえ良ければ、他の2台のTS050 HYBRIDに並ぶタイムも可能だったと思いますが、切り替えてレースに向けての準備に集中しました。いずれにせよ、チームが成し遂げた快挙をとても嬉しく思います。

国本雄資 (TS050 HYBRID #9号車):

可夢偉さんとチームの快挙には心からおめでとうを言いたいと思います。我々の予選はとても難しいものでした。ニコラスが頑張ってくれましたが、遅い車に阻まれたのが最大の問題でした。ただ、自分自身の走りは、ラップを重ねる度に良くなっていると感じています。それにしてもTS050 HYBRIDは素晴らしい仕上がりです。

国本雄資

ホセ・マリア・ロペス (TS050 HYBRID #9号車):

チームのパフォーマンスには満足すると同時に仕事振りには大いに感激しています。ポールポジション獲得は素晴らしい偉業です。私はTS050 HYBRIDとコースに慣れることに集中しました。特に遅い車両をかわす術を身に着けることに集中しました。予選が終わった今、最も重要なのはレースでの結果です。日曜日午後3時のゴールが目標です。

RESULT
WEC 2017年 第3戦 ル・マン24時間レース 予選2回目結果:LMPクラス

順位 No. クラス チーム名/車名 ドライバー ベストタイム 周回 タイヤ
1 7 LMP1-H TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
マイク・コンウェイ
小林 可夢偉
ステファン・サラザン
3:14.791 6/22 M
2 1 LMP1-H ポルシェ LMP チーム
ポルシェ 919 Hybrid
ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ニック・タンディ
3:17.259 +2.468 6/21 M
3 2 LMP1-H ポルシェ LMP チーム
ポルシェ 919 Hybrid
ティモ・ベルンハルト
アール・バンバー
ブレンドン・ハートレー
3:18.067 +3.276 8/21 M
4 9 LMP1-H TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
ニコラス・ラピエール
国本 雄資
ホセ・マリア・ロペス
3:19.889 +5.098 5/20 M
5 25 LMP2 CEFC マノー TRS レーシング
オレカ 07 – ギブソン
ロベルト・ゴンザレス
シモン・トリュンマー
ヴィタリー・ペトロフ
3:25.549 +10.758 5/16 D
6 4 LMP1 バイコレス レーシングチーム
ENSO CLM P1/01 – Nismo
オリバー・ウェッブ
ドミニク・クライハマー
マルコ・ボナノミ
3:26.026 +11.235 3/4 M
7 38 LMP2 ジャッキー・チェン DC レーシング
オレカ 07 – ギブソン
ホー・ピン・タン
トーマス・ローラン
オリバー・ジャービス
3:26.776 +11.985 2/21 D
8 24 LMP2 CEFC マノー TRS レーシング
オレカ 07 – ギブソン
トー・グレイブス
ジョナサン・ハーシー
ジャン-エリック・ベルニュ
3:26.871 +12.080 4/14 D
9 13 LMP2 ヴァイヨン・レベリオン
オレカ 07 – ギブソン
ネルソン・ピケJr.
デビッド・ハイネマイヤー・ハンソン
マティアス・ベシェ
3:27.021 +12.230 20/21 D
10 31 LMP2 ヴァイヨン・レベリオン
オレカ 07 – ギブソン
ニコラ・プロスト
ジュリアン・キャナル
ブルーノ・セナ
3:27.564 +12.773 17/19 D
11 37 LMP2 ジャッキー・チェン DC レーシング
オレカ 07 – ギブソン
デビッド・チェン
トリスタン・ゴメンディ
アレックス・ブランドル
3:28.432 +13.641 15/17 D
12 26 LMP2 G-DRIVE レーシング
オレカ 07 – ギブソン
ロマン・ルシノフ
ピエール・ティリエ
アレックス・リン
3:28.580 +13.789 10/17 D
13 36 LMP2 シグナテック・アルピーヌ・マットムート
アルピーヌ A470 – ギブソン
ロマン・デュマ
グスタボ・メネゼス
マシュー・ラオ
3:28.856 +14.065 17/19 D
14 22 LMP2 G-DRIVE レーシング
オレカ 07 – ギブソン
メモ・ロハス
平川 亮
ホセ・グティエレス
3:28.937 +14.146 14/15 D
15 35 LMP2 シグナテック・アルピーヌ・マットムート
アルピーヌ A470 – ギブソン
ネルソン・パンチアティシ
ピエール・ラギュ
アンドレ・ネグラオ
3:29.328 +14.537 10/21 D
16 40 LMP2 グラフ
オレカ 07 – ギブソン
ジェームス・アレン
フランク・マルテッリ
リチャード・ブラッドレー
3:29.396 +14.605 20/21 D
17 47 LMP2 チェティラー・ヴィッロルヴァ・コルセ
ダラーラ P217 – ギブソン
ロベルト・ラコート
ジョルジオ・セルナジョット
アンドレア・ベリッチ
3:30.014 +15.223 16/18 D
18 45 LMP2 アルガルベ・プロ・レーシング
リジェ JSP217 – ギブソン
マーク・パターソン
マット・マクマリー
ヴィンセント・キャピレー
3:30.164 +15.373 6/20 D
19 27 LMP2 SMP レーシング
ダラーラ P217 – ギブソン
ミカエル・アレシン
セルゲイ・シロトキン
ヴィクトール・シェイタル
3:30.262 +15.471 4/13 D
20 21 LMP2 ドラゴン・スピード – 10スター
オレカ 07 – ギブソン
ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
フェリックス・ローゼンクヴィスト
3:30.369 +15.578 8/17 D
21 32 LMP2 ユナイテッド・オートスポーツ
リジェ JSP217 – ギブソン
ウィリアム・オーウェン
フーゴ・ド=サーデレール
フィリップ・アルバカーキ
3:30.693 +15.902 6/18 D
22 28 LMP2 TDS レーシング
オレカ 07 – ギブソン
フランソワ・ペロード
マシュー・バシビーレ
エマニュエル・コラール
3:31.085 +16.294 8/23 D
23 23 LMP2 パニス バルテズ コンペティション
リジェ JSP217 – ギブソン
ファビアン・バルテズ
ティモシー・ビュレット
ナタナエル・バートン
3:31.346 +16.555 18/18 M
24 29 LMP2 レーシングチーム・ネダーランド
ダラーラ P217 – ギブソン
ヤン・ラマース
フリッツ・ヴァン=アード
ルーベンス・バリチェロ
3:31.766 +16.975 18/19 D
25 34 LMP2 トックウィズ・モータースポーツ
リジェ JSP217 – ギブソン
ナイジェル・ムーア
フィリプ・ハンソン
カルン・チャンドック
3:33.739 +18.948 3/17 D
26 49 LMP2 ARCブラチスラヴァ
リジェ JSP217 – ギブソン
ミロスラヴ・コノプカ
コンスタンティン・カルコ
リック・ブロイカーズ
3:33.921 +19.130 4/22 D
27 39 LMP2 グラフ
オレカ 07 – ギブソン
エンツォ・ギベール
エリック・トゥルイエ
ジェームス・ウインスロー
3:36.128 +21.337 7/9 D
28 17 LMP2 IDECスポーツ・レーシング
リジェ JSP217 – ギブソン
パトリス・ラファーギュ
ポール・ラファーギュ
デヴィッド・ゾリンガー
3:36.362 +21.571 19/22 M
29 43 LMP2 キーティング・モータースポーツ
ライリー MK30 – ギブソン
ベン・キーティング
イエルーン・ブリークモレン
リッキー・テイラー
3:37.350 +22.559 7/14 M
30 33 LMP2 ユーラシア・モータースポーツ
リジェ JSP217 – ギブソン
ジャック・ニコレ
ピエール・ニコレ
エリック・マリス
3:42.916 +28.125 3/3 D
  8 LMP1-H TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
セバスチャン・ブエミ
アンソニー・デビッドソン
中嶋 一貴
    0/2 M

WEC 2017年 第3戦 ル・マン24時間レース 予選2回目結果:LMGTEクラス

順位 No. クラス チーム名/車名 ドライバー ベストタイム 周回 タイヤ
31 97 LMGTE Pro アストンマーチン・レーシング
アストンマーチン ヴァンテージ
ダレン・ターナー
ジョニー・アダム
ダニエル・セラ
3:51.860 +37.069 5/12 D
32 51 LMGTE Pro AFコルセ
フェラーリ 488 GTE
ジェームス・カラド
アレッサンドロ・ピエール-グイディ
ミケーレ・ルゴロ
3:52.087 +37.296 20/22 M
33 82 LMGTE Pro リジ・コンペティション
フェラーリ 488 GTE
トニ・ヴァイランダー
ジャンカルロ・フィジケラ
ピエール・カッファー
3:52.138 +37.347 7/15 M
34 92 LMGTE Pro ポルシェ GT チーム
ポルシェ 911 RSR
マイケル・クリステンセン
ケヴィン・エストル
ディルク・ヴェルナー
3:52.177 +37.386 19/20 M
35 64 LMGTE Pro コルベット・レーシング ‐ GM
シボレー コルベット C7.R
オリバー・ギャビン
トミー・ミルナー
マルセル・ファスラー
3:52.391 +37.600 9/19 M
36 69 LMGTE Pro フォード チップ・ガナッシ チームUSA
フォード GT
ライアン・ブリスコー
リチャード・ウェストブロック
スコット・ディクソン
3:52.496 +37.705 3/14 M
37 95 LMGTE Pro アストンマーチン・レーシング
アストンマーチン ヴァンテージ
ニッキー・ティーム
マルコ・ソーレンセン
リッチー・スタナウェイ
3:52.525 +37.734 3/11 D
38 66 LMGTE Pro フォード チップ・ガナッシ チームUK
フォード GT
ステファン・ミュッケ
オリヴィエ・プラ
ビリー・ジョンソン
3:52.558 +37.767 6/19 M
39 91 LMGTE Pro ポルシェ GT チーム
ポルシェ 911 RSR
リヒャルト・リエツ
フレデリック・マコヴィッキィ
パトリック・ピレ
3:52.593 +37.802 19/20 M
40 68 LMGTE Pro フォード チップ・ガナッシ チームUSA
フォード GT
ジョーイ・ハンド
ディルク・ミュラー
トニー・カナーン
3:52.626 +37.835 8/16 M
41 63 LMGTE Pro コルベット・レーシング ‐ GM
シボレー コルベット C7.R
ヤン・マグヌッセン
アントニオ・ガルシア
ジョーダン・テイラー
3:52.886 +38.095 10/20 M
42 71 LMGTE Pro AFコルセ
フェラーリ 488 GTE
ダビデ・リゴン
サム・バード
ミゲル・モリーナ
3:52.903 +38.112 8/21 M
43 67 LMGTE Pro フォード チップ・ガナッシ チームUK
フォード GT
アンディ・プリオール
ハリー・ティンクネル
ルイス・フェリペ・デラーニ
3:53.059 +38.268 10/22 M
44 84 LMGTE Am JMWモータースポーツ
フェラーリ 488 GTE
ロブ・スミス
ウィル・スティーブンス
ドリス・バンスール
3:53.981 +39.190 16/18 M
45 90 LMGTE Am TFスポーツ
アストンマーチン ヴァンテージ
サリー・ヨルック
ユアン・ハンキー
ロブ・ベル
3:54.319 +39.528 17/18 D
46 98 LMGTE Am アストンマーチン・レーシング
アストンマーチン ヴァンテージ
ポール・ダラ・ラナ
ペドロ・ラミー
マティアス・ラウダ
3:54.456 +39.665 10/16 D
47 50 LMGTE Am ラルブル コンペティション
シボレー コルベット C7.R
フェルナンド・リース
ロマン・ ブランデリ
クリスチャン・フィリッポン
3:54.559 +39.768 4/16 M
48 62 LMGTE Am スクーデリア・コルサ
フェラーリ 488 GTE
クーパー・マクニール
ウィリアム・スウィードラー
タウンゼント・ベル
3:54.576 +39.785 18/19 M
49 93 LMGTE Am プロトン・コンペティション
ポルシェ 911 RSR 991
パトリック・ロング
アブドルアジズ・トルキ・アルフェイサル
マイケル・ヘッドランド
3:54.621 +39.830 15/17 D
50 83 LMGTE Am DHレーシング
フェラーリ 488 GTE
トレーシー・クローン
二クラス・ヨンソン
アンドレア・ベルトリーニ
3:54.813 +40.022 18/20 M
51 77 LMGTE Am デンプシー プロトン レーシング
ポルシェ 911 RSR 991
クリスチャン・リエド
マッテオ・カイローリ
マービン・ディエンスト
3:54.890 +40.099 5/18 D
52 55 LMGTE Am スピリット オブ レース
フェラーリ 488 GTE
ダンカン・キャメロン
アーロン・スコット
マルコ・チオチ
3:54.941 +40.150 20/21 M
53 99 LMGTE Am ビークディーンAMR
アストンマーチン ヴァンテージ
アンドリュー・ハワード
ロス・ガン
オリバー・ブライアント
3:55.046 +40.255 16/17 D
54 88 LMGTE Am プロトン・コンペティション
ポルシェ 911 RSR 991
クラウス・バハラー
ステファン・レメレット
ハレド・アル・クバイシ
3:55.468 +40.677 17/19 D
55 61 LMGTE Am クリアウォーター レーシング
フェラーリ 488 GTE
モク-ウェン・サン
澤 圭太
マシュー・グリフィン
3:55.995 +41.204 17/19 M
56 54 LMGTE Am スピリット オブ レース
フェラーリ 488 GTE
トーマス・フローア
フランチェスコ・カステラッチ
オリビエ・ベレッタ
3:57.005 +42.214 14/19 M
57 65 LMGTE Am スクーデリア・コルサ
フェラーリ 488 GTE
クリスティナ・ニールセン
アレッサンドロ・バルザン
ブレット・カーティス
3:59.842 +45.051 10/12 M
58 60 LMGTE Am クリアウォーター レーシング
フェラーリ 488 GTE
リチャード・ウィー
加藤 寛規
アルバロ・パレンテ
4:02.436 +47.645 9/19 M
86 LMGTE Am ガルフ レーシング UK
ポルシェ 911 RSR(2016)
マイケル・ウィンライト
ベンジャミン・バーカー
ニコラス・フォスター
0/0 D

WEC 2017年 第3戦 ル・マン24時間レース 予選3回目結果:LMPクラス

順位 No. クラス チーム名/車名 ドライバー ベストタイム 周回 タイヤ
1 8 LMP1-H TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
セバスチャン・ブエミ
アンソニー・デビッドソン
中嶋 一貴
3:17.128 2/32 M
2 1 LMP1-H ポルシェ LMP チーム
ポルシェ 919 Hybrid
ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ニック・タンディ
3:18.210 +1.082 2/30 M
3 9 LMP1-H TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
ニコラス・ラピエール
国本 雄資
ホセ・マリア・ロペス
3:18.625 +1.497 2/31 M
4 7 LMP1-H TOYOTA GAZOO Racing
トヨタ TS050 HYBRID
マイク・コンウェイ
小林 可夢偉
ステファン・サラザン
3:19.928 +2.800 16/28 M
5 2 LMP1-H ポルシェ LMP チーム
ポルシェ 919 Hybrid
ティモ・ベルンハルト
アール・バンバー
ブレンドン・ハートレー
3:20.154 +3.026 12/15 M
6 4 LMP1 バイコレス レーシングチーム
ENSO CLM P1/01 – Nismo
オリバー・ウェッブ
ドミニク・クライハマー
マルコ・ボナノミ
3:24.170 +7.042 3/12 M
7 26 LMP2 G-DRIVE レーシング
オレカ 07 – ギブソン
ロマン・ルシノフ
ピエール・ティリエ
アレックス・リン
3:25.352 +8.224 5/26 D
8 38 LMP2 ジャッキー・チェン DC レーシング
オレカ 07 – ギブソン
ホー・ピン・タン
トーマス・ローラン
オリバー・ジャービス
3:25.911 +8.783 22/24 D
9 25 LMP2 CEFC マノー TRS レーシング
オレカ 07 – ギブソン
ロベルト・ゴンザレス
シモン・トリュンマー
ヴィタリー・ペトロフ
3:26.521 +9.393 22/23 D
10 31 LMP2 ヴァイヨン・レベリオン
オレカ 07 – ギブソン
ニコラ・プロスト
ジュリアン・キャナル
ブルーノ・セナ
3:26.736 +9.608 24/29 D
11 13 LMP2 ヴァイヨン・レベリオン
オレカ 07 – ギブソン
ネルソン・ピケJr.
デビッド・ハイネマイヤー・ハンソン
マティアス・ベシェ
3:26.811 +9.683 2/28 D
12 28 LMP2 TDS レーシング
オレカ 07 – ギブソン
フランソワ・ペロード
マシュー・バシビーレ
エマニュエル・コラール
3:27.108 +9.980 5/24 D
13 24 LMP2 CEFC マノー TRS レーシング
オレカ 07 – ギブソン
トー・グレイブス
ジョナサン・ハーシー
ジャン-エリック・ベルニュ
3:27.359 +10.231 2/19 D
14 35 LMP2 シグナテック・アルピーヌ・マットムート
アルピーヌ A470 – ギブソン
ネルソン・パンチアティシ
ピエール・ラギュ
アンドレ・ネグラオ
3:27.517 +10.389 17/21 D
15 37 LMP2 ジャッキー・チェン DC レーシング
オレカ 07 – ギブソン
デビッド・チェン
トリスタン・ゴメンディ
アレックス・ブランドル
3:27.535 +10.407 23/27 D
16 27 LMP2 SMP レーシング
ダラーラ P217 – ギブソン
ミカエル・アレシン
セルゲイ・シロトキン
ヴィクトール・シェイタル
3:27.782 +10.654 22/23 D
17 36 LMP2 シグナテック・アルピーヌ・マットムート
アルピーヌ A470 – ギブソン
ロマン・デュマ
グスタボ・メネゼス
マシュー・ラオ
3:28.051 +10.923 24/26 D
18 39 LMP2 グラフ
オレカ 07 – ギブソン
エンツォ・ギベール
エリック・トゥルイエ
ジェームス・ウインスロー
3:28.368 +11.240 7/11 D
19 40 LMP2 グラフ
オレカ 07 – ギブソン
ジェームス・アレン
フランク・マルテッリ
リチャード・ブラッドレー
3:28.891 +11.763 2/12 D
20 32 LMP2 ユナイテッド・オートスポーツ
リジェ JSP217 – ギブソン
ウィリアム・オーウェン
フーゴ・ド=サーデレール
フィリップ・アルバカーキ
3:29.151 +12.023 21/25 D
21 21 LMP2 ドラゴン・スピード – 10スター
オレカ 07 – ギブソン
ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
フェリックス・ローゼンクヴィスト
3:29.777 +12.649 2/20 D
22 29 LMP2 レーシングチーム・ネダーランド
ダラーラ P217 – ギブソン
ヤン・ラマース
フリッツ・ヴァン=アード
ルーベンス・バリチェロ
3:29.976 +12.848 2/28 D
23 22 LMP2 G-DRIVE レーシング
オレカ 07 – ギブソン
メモ・ロハス
平川 亮
ホセ・グティエレス
3:30.313 +13.185 2/23 D
24 45 LMP2 アルガルベ・プロ・レーシング
リジェ JSP217 – ギブソン
マーク・パターソン
マット・マクマリー
ヴィンセント・キャピレー
3:32.425 +15.297 23/24 D
25 34 LMP2 トックウィズ・モータースポーツ
リジェ JSP217 – ギブソン
ナイジェル・ムーア
フィリプ・ハンソン
カルン・チャンドック
3:32.536 +15.408 25/27 D
26 23 LMP2 パニス バルテズ コンペティション
リジェ JSP217 – ギブソン
ファビアン・バルテズ
ティモシー・ビュレット
ナタナエル・バートン
3:32.888 +15.760 5/5 M
27 47 LMP2 チェティラー・ヴィッロルヴァ・コルセ
ダラーラ P217 – ギブソン
ロベルト・ラコート
ジョルジオ・セルナジョット
アンドレア・ベリッチ
3:33.412 +16.284 9/20 D
28 17 LMP2 IDECスポーツ・レーシング
リジェ JSP217 – ギブソン
パトリス・ラファーギュ
ポール・ラファーギュ
デヴィッド・ゾリンガー
3:36.230 +19.102 6/22 M
29 43 LMP2 キーティング・モータースポーツ
ライリー MK30 – ギブソン
ベン・キーティング
イエルーン・ブリークモレン
リッキー・テイラー
3:37.007 +19.879 2/22 M

WEC 2017年 第3戦 ル・マン24時間レース 予選3回目結果:LMGTEクラス

順位 No. クラス チーム名/車名 ドライバー ベストタイム 周回 タイヤ
30 97 LMGTE Pro アストンマーチン・レーシング
アストンマーチン ヴァンテージ
ダレン・ターナー
ジョニー・アダム
ダニエル・セラ
3:50.837 +33.709 9/10 D
31 51 LMGTE Pro AFコルセ
フェラーリ 488 GTE
ジェームス・カラド
アレッサンドロ・ピエール-グイディ
ミケーレ・ルゴロ
3:51.028 +33.900 16/19 M
32 95 LMGTE Pro アストンマーチン・レーシング
アストンマーチン ヴァンテージ
ニッキー・ティーム
マルコ・ソーレンセン
リッチー・スタナウェイ
3:51.038 +33.910 3/4 D
33 71 LMGTE Pro AFコルセ
フェラーリ 488 GTE
ダビデ・リゴン
サム・バード
ミゲル・モリーナ
3:51.086 +33.958 18/19 M
34 69 LMGTE Pro フォード チップ・ガナッシ チームUSA
フォード GT
ライアン・ブリスコー
リチャード・ウェストブロック
スコット・ディクソン
3:51.232 +34.104 3/4 M
35 63 LMGTE Pro コルベット・レーシング ‐ GM
シボレー コルベット C7.R
ヤン・マグヌッセン
アントニオ・ガルシア
ジョーダン・テイラー
3:51.484 +34.356 8/26 M
36 92 LMGTE Pro ポルシェ GT チーム
ポルシェ 911 RSR
マイケル・クリステンセン
ケヴィン・エストル
ディルク・ヴェルナー
3:51.847 +34.719 7/27 M
37 66 LMGTE Pro フォード チップ・ガナッシ チームUK
フォード GT
ステファン・ミュッケ
オリヴィエ・プラ
ビリー・ジョンソン
3:51.991 +34.863 14/15 M
38 67 LMGTE Pro フォード チップ・ガナッシ チームUK
フォード GT
アンディ・プリオール
ハリー・ティンクネル
ルイス・フェリペ・デラーニ
3:52.008 +34.880 16/20 M
39 64 LMGTE Pro コルベット・レーシング ‐ GM
シボレー コルベット C7.R
オリバー・ギャビン
トミー・ミルナー
マルセル・ファスラー
3:52.017 +34.889 2/27 M
40 68 LMGTE Pro フォード チップ・ガナッシ チームUSA
フォード GT
ジョーイ・ハンド
ディルク・ミュラー
トニー・カナーン
3:52.178 +35.050 18/18 M
41 50 LMGTE Am ラルブル コンペティション
シボレー コルベット C7.R
フェルナンド・リース
ロマン・ ブランデリ
クリスチャン・フィリッポン
3:52.843 +35.715 7/21 M
42 98 LMGTE Am アストンマーチン・レーシング
アストンマーチン ヴァンテージ
ポール・ダラ・ラナ
ペドロ・ラミー
マティアス・ラウダ
3:53.233 +36.105 4/10 D
43 62 LMGTE Am スクーデリア・コルサ
フェラーリ 488 GTE
クーパー・マクニール
ウィリアム・スウィードラー
タウンゼント・ベル
3:53.312 +36.184 2/17 M
44 77 LMGTE Am デンプシー プロトン レーシング
ポルシェ 911 RSR 991
クリスチャン・リエド
マッテオ・カイローリ
マービン・ディエンスト
3:53.381 +36.253 5/7 D
45 55 LMGTE Am スピリット オブ レース
フェラーリ 488 GTE
ダンカン・キャメロン
アーロン・スコット
マルコ・チオチ
3:53.641 +36.513 7/25 M
46 91 LMGTE Pro ポルシェ GT チーム
ポルシェ 911 RSR
リヒャルト・リエツ
フレデリック・マコヴィッキィ
パトリック・ピレ
3:53.807 +36.679 6/20 M
47 84 LMGTE Am JMWモータースポーツ
フェラーリ 488 GTE
ロブ・スミス
ウィル・スティーブンス
ドリス・バンスール
3:53.977 +36.849 8/19 M
48 83 LMGTE Am DHレーシング
フェラーリ 488 GTE
トレーシー・クローン
二クラス・ヨンソン
アンドレア・ベルトリーニ
3:54.088 +36.960 2/24 M
49 82 LMGTE Pro リジ・コンペティション
フェラーリ 488 GTE
トニ・ヴァイランダー
ジャンカルロ・フィジケラ
ピエール・カッファー
3:54.129 +37.001 7/8 M
50 99 LMGTE Am ビークディーンAMR
アストンマーチン ヴァンテージ
アンドリュー・ハワード
ロス・ガン
オリバー・ブライアント
3:54.328 +37.200 2/18 D
51 90 LMGTE Am TFスポーツ
アストンマーチン ヴァンテージ
サリー・ヨルック
ユアン・ハンキー
ロブ・ベル
3:54.551 +37.423 3/15 D
52 61 LMGTE Am クリアウォーター レーシング
フェラーリ 488 GTE
モク-ウェン・サン
澤 圭太
マシュー・グリフィン
3:54.955 +37.827 26/26 M
53 60 LMGTE Am クリアウォーター レーシング
フェラーリ 488 GTE
リチャード・ウィー
加藤 寛規
アルバロ・パレンテ
3:54.994 +37.866 6/25 M
54 54 LMGTE Am スピリット オブ レース
フェラーリ 488 GTE
トーマス・フローア
フランチェスコ・カステラッチ
オリビエ・ベレッタ
3:56.301 +39.173 2/13 M
55 86 LMGTE Am ガルフ レーシング UK
ポルシェ 911 RSR(2016)
マイケル・ウィンライト
ベンジャミン・バーカー
ニコラス・フォスター
3:56.469 +39.341 11/19 D
56 93 LMGTE Am プロトン・コンペティション
ポルシェ 911 RSR 991
パトリック・ロング
アブドルアジズ・トルキ・アルフェイサル
マイケル・ヘッドランド
3:59.046 +41.918 12/15 D
57 88 LMGTE Am プロトン・コンペティション
ポルシェ 911 RSR 991
クラウス・バハラー
ステファン・レメレット
ハレド・アル・クバイシ
4:00.323 +43.195 16/17 D
33 LMP2 ユーラシア・モータースポーツ
リジェ JSP217 – ギブソン
ジャック・ニコレ
ピエール・ニコレ
エリック・マリス
0/0 D
49 LMP2 ARCブラチスラヴァ
リジェ JSP217 – ギブソン
ミロスラヴ・コノプカ
コンスタンティン・カルコ
リック・ブロイカーズ
0/0 D
65 LMGTE Am スクーデリア・コルサ
フェラーリ 488 GTE
クリスティナ・ニールセン
アレッサンドロ・バルザン
ブレット・カーティス
0/2 M

TOYOTAGAZOO Racingホームページから

とにかく本レースで勝って欲しいですよね。24時間もありますしね、遅いクルマも同じところを走るので何があるかわかりませんからねえ。とてつもなく早いTS050ハイブリッド。

ポルシェには買って欲しいです!絶対に勝つ!

みなさんも応援しましょう!本気で見たらとてもおもしろいですね。昨年は劇的な負けですけど。このホームページで伏線があったことに気づきました。本質を知れば知るほど面白い。

<こちらもポチッと応援お願いします>

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

レクサスLC日本での価格は?

プリウスphvSグレードナビパッケージを注文してしばらく経ちます。まだまだ来ません。それもそのはず2

記事を読む

TOYOTAGAZOORACING WRCラリー・フィンランド。ワールドラリーチームオット・タナク2勝目!!!

WRCラリー・フィンランド。 TOYOTAが1位と3位取りましたね。 超速報です。

記事を読む

タイ・チェンマイ灯りの祭典「コムローイ祭り」が開催された。とても幻想的で美しいイベントだ。火事が怖いので日本では出来ないけど。海の上とかで真似が出来ないかなあ。灯りのイベントはいつも心を癒やす。

タイで毎年11月に開催される仏教のお祭りコムローイ(ロイクラトン、イーペンサンサーイ 、イーペ

記事を読む

トヨタに昂ぶる、トヨタを愛する

大人になって本当に心から欲しいと思ったのはハリアーかな。それも初代のハリアー その頃はとても買

記事を読む

GRGarage松山による86GTLIMITEDがかっこよかったりする。

プリウスphvのGRSPORTの細部までの出来が良いと毎回褒めてますけど、GR良いですね。昨日は愛媛

記事を読む

WRC RALLY GB ヤリーマティ・ラトバラ4位まで浮上!!

超々速報です!! ヤリ−マティ・ラトバラが 総合4位まで 上がってきま

記事を読む

WRCラリー・スウェーデン超速報!TOYOTA最終日SS16までまだトップ。差を拡げる。

いよいよプリウスphv発売まで後2日ですね。相当待ちました。でも待ってて良かったです。C-HR買って

記事を読む

トヨタ豊田社長 トヨタはやはり苦戦している。今期営業利益は2期連続減益の1兆6000億円

トヨタ2年連続減益 1兆6000億円 <レスポンスより> トヨタ自動車は5月10日、20

記事を読む

WRCトルコ超速報!

WRCトルコのSS7までの超速報!ですね。オット・タナクもやっとトップをとりましたが、総合では苦戦

記事を読む

いよいよWRCラリートヨタ復帰第3戦 ラリー・メキシコ

実に18年ぶりのトヨタのWRCラリー復帰。第1戦のラリー・モンテカルロでは2位、そして第2戦では優勝

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0