WRCドイツ 最新情報!

赤いプリウスPHVのEV走行可能距離はとうとう80kmを超しました。

素晴らしい!

現実にはエアコンをかけますから下の66.4kmですけれど

これから気が早いですけど涼しくなると

 

これも70kmは超すと思いますね。

思わぬ高スコアにびっくりです!みなさんはどこくらいいってるのでしょうか?

てさてWEC「国際耐久選手権」ではなにやらポルシェがトップカテゴリーから

脱却すると言うことで

TOYOTAは目標を失いかけていますね。

 

しかしWRCラリーはFINLANDで優勝したものの

次戦早くも第10戦になりますがWRCドイツでは苦戦を強いられている様です。

 

前線WRCFINLANDではエサペッカ・ラッピが優勝したものの

ドイツでは大クラッシュした模様ですね

<ラリーPLUSNETより>

ユホ・ハンニネンも後半になって

前回のFINLANDでもボデイウムに乗ったのでしたっけ?

 

ヤリーマティ・ラトバラがマシンの調子で落ちているので

TOYOTAやTOYOTAGAZOO RacingのWRTのトミ・マキネン代表にとって

はありがたいことです。

 

しかしWRCドイツの風景は美しいですね。

ぶどうバ畑を走ります。

 

ドイツと言えば白ワイン

甘いワインが特徴ですが

羨ましいのはその美しい景色

 

日本の景色はいつの間にかこうなったのでしょうか

 

WRCドイツSS8終了後暫定リザルト

1.オット・タナク(フォード・フィスタWRC)  1:07:23

 

2.アンドレアス・ミケルセン(シトロエン C3WRC) PLUS5.7

 

途中からWRC再挑戦のミケルセン 男前のミケルセン

本調子が出てきましたかね〜。

 

3.ティエリー・ヌーベル (ヒュンダイi20クーペWRC) PLUS 28.2

ヒュンダイのクールガイ ティエリー・ヌーベル

 

4.セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC) PLUS30.6秒

絶対王者 ほんといつもねばいところに着けますよね。どんなに調子が悪くても

安定しています。

 

5.エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC) PLUS52.1秒

 

6.ユホ・ハンニネン(TOYOTA・YARISWRC) PLUS 1:14.7

 

7.クレイグ・ブリーン(シトロエンC3WRC) PLUS1:24.5

 

8.ヤリーマティ・ラトバラ(TOYOTA・YARISWRC) PLUS1:54.7

 

9・ヘイデン・パッドん(ヒョンダイi20クーペWRC) PLUS2:29.5

 

10.ヤン・コペッキー (シュコダ・ファビアR5)  PLUS3:36.2

 

40. エサペッカ・ラッピ(TOYOTAYARISWRC) PLUS14:30。1

 

しかし、フォードフィスタはMスポーツというチームで

メーカーチームでは無いのに

 

頑張ってますね。作り込まれてますね。

1年目のTOYOTAはまだまだですけど

良い感じにはなってきました

 

ラッピ激突シーンもあるTOYOTAGAZOO RacingWRCの動画です

 

 

もうひとつの動画

 

3日目が日本時間16時過ぎから始まるようですね。

 

<ポチッとお願いします>

 
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください