ミラーレス車、カメラじゃないのよ車なの

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 エコカー

ミラーレス車 カメラじゃないです車です

 

小型ミラーレスカメラが高性能になって売れていますが

これは自動車ですね

TOYOTAレクサスLSと言われています

 

これだけカバーしていたら何かわからんしミラーは存在しているし

 

20161121-00417926-clicccarz-000-2-view

LF-FC」コンセプトのデザインからインスピレーションを得ると見られる、

次期型のハイライトの一つは、現行モデルのV型8気筒NAエンジンから、

新開発の3リットルV型6気筒ダウンサイジングターボエンジンへの進化です。

ここに来て一気にダウンサイジング流行ってますね

そしてもう一つ注目されているのが「ミラーレス」。

今回捉えたプロトタイプには

サイドミラーが付いていますが、これはダミーの可能性が高いようです。

2015年東京モータショーで公開された「LF-FC」は、

サイドに極小センサーカメラを搭載し、室内モニターで確認可能な

「電子ミラー」が採用されており、「LS」次期型への搭載が期待されています。

また、今回初めて撮影に成功した室内の一部には、

現行モデルとは異なるハンドルのスイッチ類レイアウトが確認出来ます。

ワールドプレミアは2017年初頭と見られており、

1年後には最強モデルの「LS F」、さらに2年後には、

水素燃料電池パワートレイン搭載モデルもラインナップされると予想されています。

 

あの固い頭の国交省が意外と早く「ミラーレス」認めましたね

 

2016年6月にはすべてのミラーのカメラ代用を認めると発表しているんですよね

 

既に日産などはルームミラーのカメラ併用(スマートルームミラー)を搭載しているし

002_o

ドア横のブランドスポットカメラ設置のSUV車も増えている。

003_o

そして新しい基準ではさらにバックミラー類もカメラでOKにしようというもの

 

確かにカメラにはメリットも多い

 

もともとテスラモータース等がドアミラーはかっこ悪く視認性を上げるためには

大きくないといけない

そのためには空気抵抗も悪くなり燃費も悪くなる テスラモータースの場合電費ですね

すべて電気自動車EVですから

autoblog_tesla-behind-lobbying-push-ditching-side-mirrors_1

しかしミラーレスにしたらスッキリして良いですよね

ミラー代わりにカメラを入れるからまったく突起物が無くなるわけでは無いですが

デザインが自由になりますからねえ!

 

004_o

こんなかっこ悪いのもありますが

 

ドアミラー同士がぶつかって事故になった 大した事故では無いのに警察を呼んでの事故処理が

時間が掛かったという話も聴いたことありますから

 

ミラーがないミラーレス大賛成です。

ただし、カメラの映像ならではのタイムラグやカメラが汚れていた場合とか

色々問題はあるようですね

 

でもレクサスが一番乗りでしょうか?

Sponsored Link


関連記事

アメリカ市場でTOYOTAの苦戦が露呈されているけどスバルの好調さも伝わる。

アカプリ子の現在のクルマはスバルレガシーツーリングワゴン。実に20万kmになる。2000年製だから1

記事を読む

WRCドイツ超速報!ss4までTOYOTAオットタナク首位!

【SS4速報】SSS Wadern-Weiskirchen I (9.27 km) 【Aft

記事を読む

ポルシェの電気自動車。本気の電気自動車ですね。ポルシェが造るととてもカッコイイ!けどリチウムイオン電池のままでは日本では充電時間がかかりすぎ。走行距離と充電時間は不両立!

これはパナメーラに見えるのだけど違うのかなあ ポルシェ初の市販EV 満を持してやなくて

記事を読む

WRC2018チャンピオンシップセバスチャン・オジエが取りましたね!流石!!勝ち方を知ってますよ。来年はシトロエンに移籍。どうなるかな?

RALLY PLUS · 2018-11-20 すべてラリープラスからの記事です。ラりプラメンバー

記事を読む

去年の販売台数トヨタが3位に!VWが1位!ルノーNISSANグループが2位ですね。一体トヨタと私は何がしたいのか?

テレ朝NEWSより   VWグループが去年の世界販売台数でトップになりましたね

記事を読む

トヨタは次世代環境適合車について今年も悩んでいる・・はず。

明けましておめでとうございます。     今年もトヨタさんは悩

記事を読む

プリウスphvに乗る!もうすぐ乗る!

昨日は発売でしたね。プリウスphv。カタログも届きましたよ。カタログ無しで事前予約していますからね。

記事を読む

TOYOTAオット・タナクがstop。トップはⅯスポーツのセバスチャン・オジエ。やっぱりこの人男前だし。すごいよ。でもTOYOTAのヤリーマティ・ラトバラとエサペッカ・ラッピも2位と3位。それも4秒差11秒差だからまだまだわからない。オット・タナクはラジエーター破損でした。

【SS18速報】Gartheiniog 2 (11.26 km) 1. A.ミケルセ

記事を読む

次世代電池を制するものが次世代の車社会を牛耳る

やはりEV専用車はまだまだですね。 日産リーフも40kWのバッテリーを積んで 航続距離が

記事を読む

プリウスPHVぶつけてもうた。

プリウスPHV 狭いところを通った時に ガードレールならぬガードパイプにぶつけてしまいました。

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0