まだまだHVを捨てきれないトヨタを応援する。

やはりトヨタや日本メーカーが生き残る為には

やはり単純なクルマでは

無くて超高性能なクルマを造らなくては・・。

 

ただ単に燃費が良いだけなら

シンプルで軽いクルマの方が

良いかも知れないけど

 

それではクルマメーカーとして

面白く無いですからね。

 

国によって欲しいクルマも

人によって欲しいクルマも

 

違うし

 

その国に合わせてクルマを造っても

まるで売れないこともある

 

時代も社会も変わりますからね。

 

電気自動車も作りたいけど結局

電気自動車だけになると

 

電費や性能に置いては差別化が図れなくなりますからね。

 

まだまだHVは捨てたもんでは無いかもしれませんね。

 

TOYOTA 「GR HV SPORTS CONCEPT」

TOYOTAのWECに出る TS050HYBRIDをイメージした

ヘッドライトやタルガトップ?が カッコイイですね。

 

THS-Rという TS050HYBRIDのシステムを

活用しているらしいですけどね

 

スーパーキャパシタというコンデンサのお化けみたいなものを

積んで効率良く充電する方法ですね

 

 

まだまだ磨けるかもしれませんね。

HV。

 

プリウスPHVもHVを一歩磨いたものですからね。

アカプリ子のプリウスPHVもHVモードで

 

走ったとしても

30km/リットル

 

高速でも26km/リットルですから。

満足の燃費ですね。

 

もちろんPHVモードで走った方が

圧倒的に燃費が良いですけどね

 

HVモードより単純計算で3倍位

良いですけどね。

 

HVをまだまだ売りたいTOYOTAは

LEXUSのLC500hや

 

東京モーターショーに出てる

新型センチュリーにもHVを搭載してるから

 

まだまだいけると思ってるのでしょうね。

 

と言うかまだまだいけますね。

 

しかしセンチュリーも燃費を語るなんて流石TOYOTA。

 

 

しかしその流石のTOYOTAもどうしても読めなかったのはこれだけの原油安ですよね。

 

まあガソリン安ですか?

 

OPECが値上げを表明しても

アメリカやロシアや南米や

 

足並みが揃わないから

原油は安いもんですよね。

 

中東みたいにお金がある国は良いですけどね

ロシアや南米の国は日銭を稼ぐ必要のある国が

多いですからね。

 

アメリカのシェールガスの影響もあって

原油も安い ガソリンも安い

 

HVで燃費を良くしてガソリンの消費を減らして

来たのに

 

結局返ってきたのはガソリン安による

HV離れですから皮肉なものです。

 

アメリカではピックアップトラックが

一番人気ですしね。

 

ただガソリンを造っていても

他メーカーへの圧倒的な

優位性は持てないし

 

EVは出遅れたし

 

出遅れてもまだまだ間に合いますけどね

今の電池だと

 

ということでまだまだHV

 

そのHV技術を磨くことが大切かと

<ポチッとお願いします>

 

 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
 

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください