ファブリーズVSくさや

世界最大の米日用品メーカー「P&G」

が自社の消臭・芳香剤「Fファブリーズ」と

 

伊豆諸島の特産品「くさや」を対決させるCMを

制作し地元民から怒りを買っている

 

20161126-00000012-nkgendai-000-8-view

 

問題となっているのは

昨年からウェブ上で公開されている「究極対決」ファブリーズVSくさや

 

くさやのみのボックスと「くさや」「ファブリーズ」が入ったボックスが用意され

出演者が匂いを嗅ぎわけるというもの。

「くさや」を嗅ぐシーンでは試験者たちが背を向けてむせながら

 

「え!凄い匂い!」

「何これ?」

「クッサイですね!」と

 

不快感をあらわにすると

「あまりの臭さに阿鼻きゅうかんの時刻と化すラボ内」

というナレーションが流れる

 

いっぽう ファブリーズが置かれたボックスに変わると「全然におわない」

「こんなに消えるんだ凄い」

 

先ほどと打って変わって変わり、次々と賞賛の声が

あがる

 

「かくしてファブリーズはくさやのにおいに打ち勝つことが出来た。検証成功。

ファブリーズの勝利」で締めくくられている。

 

いくらなんでも食べ物なんでそれは無いですよね

ちなみに

P&G」の由来ってしってます

プロクターアンドギャンブルの略なんですよね

 

日本ではまだ江戸時代の1837年天保8年

 

蝋燭製造業のウィリアム・プロテクターさんと石鹸製造業のジェームス・ギャンブルさんが

 

「同じ原料を使うのだから競争するより手を組もう」を出身金を折半してオハイオ州で

操業したのが始まりとなります。

 

つまりプロクター&ギャンブルと言う車名は2人の姓を並べたものと言うことです

 

今日本で販売しているp&Ḡは プロクター&ギャンブル・ジャパン株式会社と言い

アメリカ合衆国に本拠を置く世界最大の一般消費財メーカーだそうです

 

米国フォーチュン誌が発表する2008年フォーチュングローバル500において

 

 

売上高ランキングで

世界79位 純利益ランキングで世界39位

 

 

米国フォーブス誌が発表する売上高、利益、資産、時価総額ランキングで世界39位

素晴らしい会社ですね。

 

さてさてくさやをモノともしない

ファブリーズは何からできてるのでしょうか?

 

ファブリーズはCMで「トウモロコシ由来消臭成分」配合と謳っていますね

 

それなら良いのですが、天然成分で無くて化学物質ならあまり

使いたくは無いですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください