TOYOTA HIACEハイエース50年記念モデル 渋い!ほしい

TOYOTA HIACE ハイエース50周年モデル。エクステリアもインテリアも大人好みのいい感じ!

1967年に発売されたHIACE(ハイエース)は大人気です。しかしもうすぐ安全性の問題でボンネットのある車にモデルチェンジの予定。

窃盗犯にも大人気で一位は私の持つプリウスそして2位はハイエース。という名誉あるランキングです。現モデルも2004年からですから、とても古い設計ですけど。設計の古さを感じるのはハンドブレーキ。https://youtu.be/9_pDrPlb-jU

ステッキ式というらしいですね。まあ走りに関係ないですから場所も取るわけで無いですし構わないですけれど。

LEDヘッドランプとメッキカバーのフォグランプ

グリル。漆黒のメッキが渋い。大人じゃん
テールに貼ってある50周年記念エンブレム
スマートキーも特別仕様
ごっついハンドル
木目調の落ち着いてインパネ

ダークプライムとか特別仕様がいっぱいなハイエースですけどこの50周年モデルは落ち着いていてとても好感が持てますね。

しかし高いですね。4133160円します。四駆で2800CCディーゼルです。

私がほしいのは。そしてカラーリングも

ボディーカラー

今までハイエースのボディカラーホワイトパールかブラックマイカかと思っていましたが、今回の特別設定色のグラファイトブラックとても大人でいい感じです。https://toyota.jp/hiacevan/grade/special2/?padid=ag341_from_hiacevan_top_grade_special2

設計も旧いので安っぽい所もあるけど、セフティセンスとかも付いてますから。以前よりお買い得感はありますか?

ブラジルを始め多くの国で発売されていないので、大人気な様ですね。ハイエースの輸出業でもやったら儲けるかな。

なぜここまで人気あるのかといえば、やはり信頼性でしょうね。丈夫なボディ。故障しないエンジン。メンテする工場も無い、食べ物も無いとこ走ることも多いでしょうからTOYOTA ハイエースの信頼性は大事です。そしてこのボンネットの無いキャブオーバー型のデザインは荷物がとてもたくさん積めてそこでも人気を博してます。とことん積めますから。1トン積めますから。私の場合はこれにみかんを1トン積んで東京に売りに行きたいです。

プリウスphvを持つ私ですけど、セカンドカーを軽トラからこれにしたいです。

ただ400万円を超える箱にお金を投資するのも大変です。そのためにもトランスポーター的な役割を持たしお金を産まないとダメダメです。この50周年特別仕様車いつまで販売しますか?

1年くらいですか?2年くらいですか?それてもボンネットのあるワゴンが出るまでですか?噂ではボンネットワゴンが出てもキャブオーバー型を併売するらしいです。噂では。ほんとこんな実用的なワゴンはいつまでも販売してほしいです。

にほんブログ村 車ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください