WRCラリーGB。TOYOTAオットタナク絶好調!ずっと1位をキープ。まだ半分なんでわかりませんけどね。

1. A.ミケルセン(H) 6:51.0

【SS13速報】Gartheiniog 1 (11.26 km)+

2. M.オストベルグ(C) +0.6

3. O.タナク(T) +1.0

4. C.ブリーン(C) +1.1

5. J.ラトバラ(T) +1.5

6. H.パッドン(H) +2.6

7. S.オジエ(F) +3.3

8. E.ラッピ(T) +3.4

9. T.ヌービル(H) +3.7

10. E.エバンス(F) +4.6

【After SS13 of 23】

1. O.タナク(T) 1:46:23.4

2. S.オジエ(F) +48.0

3. J.ラトバラ(T) +51.3

4. E.ラッピ(T) +52.6

5. C.ブリーン(C) +54.5

6. M.オストベルグ(C) +1:09.1

7. H.パッドン(H) +1:22.7

8. A.ミケルセン(H) +1:31.5

9. T.ヌービル(H) +1:32.7

TOYOTA2日目も絶好調ですね。特にオット・タナクの安定感がとまりません。WRCの世界は厳しいですから。雪もあればマッドな路面もある。グラベルとかなんとかがありますけど

今年の中盤からTOYOTAはそのサーフェイスにかかわらず

成績を残して来ましたから

序盤はちょっと心配しましたけど中盤から連続してポディウムに乗り続けて

特にオット・タナクは素晴らしいですね。エストニア出身ということで珍しい国ですけど北欧フィンランドとか近いですから。

ヤリーマティ・ラトバラもフィンランドでしょ。フィンランドと言えば雪深いとか寒いとかフライング・フィンとかイマージあるけど素晴らしいスポーツ王国ですよ。特にこのモータースポーツにかける思いは素晴らしいですね。

日本は選択肢が多すぎて絞れないんだと思います。

ワールドカップやオリンピックで活躍する姿はほんと感動します。水泳とか陸上やテニス。テレビで目にするスポーツでの活躍は最近目に余るくらい頑張ってます。しかし一方モータースポーツといえばどうでしょう。

耐久レースでは小林可夢偉やルマンで優勝した中嶋一貴などとてもすごいことなんですけど。日本人のほとんどは知りません。

ルマン24時間で優勝ですよ。これはオリンピックの優勝と匹敵するよりもっとすごいことの様にも感じるのですけど。

マスコミは一切取り上げないですから。そんなマニアックなスポーツで視聴率が取れると思って無いのでしょう。

そしてこのWRC世界ラリー選手権でも日本の車が優勝しそうなんです。復帰後2年めにしてね。ドライバーはエストニアやスウェーデン人かもしれませんがマシンはTOYOTAなんです。でもだれも知る由もないでしょう。

ちらっと出るかもしれませんけどね。

こんなんでは車やレースに対する憧れは生まれません。若者のね。

本当に素晴らしい活躍で素晴らしい成績。誰もしらない!そこをこのブログで頑張ろうと思います。

車はとても素敵なツールで遊び道具で必需品で。相棒です。しかしコストがかかりすぎです。おそらく車を所有してからいろいろとコストのかかる国は日本が一番では無いのでしょうか?

初期費用は関税とかあるので仕方が無いとは思うのですが。もっと手軽に車を買えて維持できる社会にしてほしいです。で無いと日本のメーカーは日本から出ていくかつぶれます。ただでさえ日本に残る車メーカーは多いですから。

やすくて個性のある車を造りますけど。得にマツダスバルは素晴らしい。あとは次世代の環境適合車を造れるか?そして世界に通用する個性的な車を造れるか。今この2社は素晴らしい。得に日産なんかと比べてみても。

今後の車社会を持続するためにも頑張ります。TOYOTAとともに!!

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

WRC復帰2戦目トヨタ優勝!WRCスウェーデンでのドライバーのコメント。

トヨタWRCに18年ぶりに復帰してたった2戦目で優勝してしまいました。第1戦のラリー・モンテカルロが

記事を読む

トヨタ米国販売、2%減の245万台・・・SUVが過去最高 2016年

年間1000万台を販売していると言うトヨタその1/4が北米ですよね。245万台も販売できているので心

記事を読む

あのカッコ悪いプリウスが首位奪回!

プリウス首位奪回 2016年度平成28年度の国内新車販売台数が、TOYOTAプリウスが22万5

記事を読む

新型TOYOTAプリウスphvのカタログが届いた。

トヨタ新型プリウスPHVカタログ届く! TOYOTA新型プリウスphvを頼んだアカプリ子。本日

記事を読む

豐田章男社長コメント全文

WRCトルコ:「努力してくれた全てのチームメイトを誇りに思う」豊田章男社長コメント全文

記事を読む

とうとうカタログのEV走行可能距離68.2kmを超えましたよ!どこまで伸びるか。

68.2km超え!   昨日は結構距離を走ったので超える予感がありましたが、本

記事を読む

働く車が良い!働く車がクールだったらもっと良い!!

小さな子供にははたらくクルマは人気だ。 消防車やクレーン車やブルドーザー。重機運転したことも

記事を読む

TOYOTAプリウスPHV相変わらずと言うかあまりに燃費が良すぎて変化が無くつまらない。

プリウスPHV専用の子メーター 毎日検針したいのだけど   あまりに変化

記事を読む

ジャガー・ランドローバー 5割を電動自動車へ 2020年には

イギリスの高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー。 今やインドのタタ自動車の子会社ですが

記事を読む

TOYOTAランドクルーザーはドバイの砂漠でも活躍していた。

友人からメルマガでドバイ旅行の旅日記が届いた。羨ましいなあ。アカプリ子には時間が無いしなあ。

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0