TOYOTA T-コネクト つながる車は自動運転には必須だが今のところあまり魅力は感じない。後1年半で無料期間は終わるけど。

インナーガレージでいろんなことやってます。まずは軽トラがバッテリー上がりをして、ケーブルを探したのですが、見つからず。プリウスphvもまだバッテリー上がりの恐れは少ないんで車内を探したけどさすがに私も入れて無かったです。

そのままドアロックをせずにいたら、うっかり通知メールが来てました。インナーガレージなんで心配はしていないのですが・・。充電も満杯ですし。ケーブルも外してますけど。

自動運転になるとこのT-コネクト等、繋がる車は必要なのでしょうね。

しかし自動運転になると、運転する喜びは要らなくなる。まあステータスの自慢したくなる車は必要でしょうけど。

TOYOTAもソフトバンクと組んでどう自動運転の世界でリーダーシップを取れるかですね。グーグルとかアップルも狙ってますし。業界のスタンダードになるのはやはりマップを持っているグーグルなんでは無いですかね。T-コネクトで双方向の情報が行き来してるとは思うのですが、ドライバーはまだまだこのうっかりメールくらいでそんなに恩恵は感じないんですよ。少なくとも赤プリ子はね。

実現にはまだまだ遠いんでしょうけど、これだけ交通事故や飲酒事故、煽り事故が多いと早く実現してほしいです。

飲酒事故を減らすためにはアルコールを少しでも検知すればリモートで止める。煽り運転してたら動かさない様に止める!スピード出すぎなら注意する。等つながる車だからこそしてほしい事がありますよね。

JALのパイロットが飲酒運転してくびになりましたけど。日頃はそんなに空の飲酒運転なんてありえないと思いニュースにならないから

パイロットも油断して飲んで運転したみたいですね。

しかし、車以上に多くの命を預かる身。パイロット!当然の報いですよ。そして自然災害も多いですから、例えば西日本豪雨災害の様に浸水や浸水の恐れのある所に寄らないとか南海トラフ地震などももうすぐ起こるとされているので

地震後津波の恐れのあるところはアラートするとか。いろいろ使えそうです。ただオーナーがその機能に対してどこまで対価を払うかですね。

国もダメなんですよ。ETCがまだ普及して無いのは義務化しないからですよね。利権を吸う人もいますしね。

ETCにしてもあまりメリットは少なかったですし。これからはやはりメリットを大きくすべきです。

自動運転もこれからは義務化するべきです。そしてクルマ対本部ではなくクルマ対クルマも情報が行くようにして、煽りで近づけないとか、出会いがしらの正面衝突が無いとかいろいろ工夫をすべきです。これは国主導でやるべきですよ。

そしてこの際一気に右側通行にしても良いかもしれません(笑)

右側通行の国は少ないですから、日本車でも基本左側通行の設計にして日本だけ部品が違うなんて車もありますから。ハンドブレーキの位置なんかでそれがわかるくらいですけど。

ほんとTOYOTAだけでなく、車社会を取り巻く環境は一気に変化の時になりました。VWもTOYOTAもルノーグループも安穏としてる時代では無いです。

フォードやGMなども今は大排気量のピックアップが飛ぶように売れてますけどトランプが変わるだけでも一気に変わるでしょう。この地球の環境の変化や温暖化を見過ごすなんて、大統領以前の問題で人間としてどうかと思います。北極や南極の生命が脅かされているのに。

少しのことで環境は変わっていきます。環境の変化に対応できるようTOYOTAさん一緒に頑張りましょう。

にほんブログ村 車ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください