介護殺人 介護心中 介護ロボット 老老介護 179件

 高齢者介護をめぐる家族間の殺人や心中などの

事件が2013年度以降、全国で少なくとも

179件発生し、189人が死亡していた

ことが読売新聞の調べでわかった。

 

ほぼ1週間に1件のペースで発生しており、70歳以上の夫婦間で

事件が起きたケースが4割を占めた。

介護が必要な人が10年前の1.5倍の600万人超に

上がる中、高齢の夫婦が「老老介護」の末に悲劇に至る例が

多いことが浮き彫りになった。

悲しい話ですね

 

仲睦まじかった夫婦が老いることによって

殺人の加害者と被害者にわかれるなんてね

 

福祉の世界も厳しい労働環境で

なにせ報酬が少ない

 

慢性的な人材不足になり今後は益々

人材不足の傾向になってくる

 

3K職場は尚更でその職場間の競争になるから

 

益々人材不足になる

一人あたりの世話する要介護者も増えると

いうもんで労働環境はますます悪化する

 

それを根本的に解決する方法は

 

東南アジアからの人材確保や

介護ロボットの導入しか

無いだろう

 

家も家内の両親、そして僕の両親と

4人共85歳〜90歳の間にいて

 

みんな健在なので一度に介護の時代が

どっとやってくる。

 

現在もボケは始まっているので

デイサービスや訪問サービスなど

 

既に受けている

徐々にではあるが

 

当家も介護社会に入っているのである

しかし介護施設にどっぷり

 

入るのは可哀想で自宅での介護も考えている

 

その中で必要なのはロボットの活用だろう

 

th

 

飲酒運転や老人の交通事故が増える中

自動運転技術で元から断つ

大鉈を振るう必要があると

前から書いていますが

 

介護の世界も何かその世界を一変するような

カンフル剤が必要で

 

それがロボットだと言えると思います

 

ただそれもイメージが先行しすぎるのは

自動運転技術と同じで

 

介護者の補助的なこんなものから

でも良いと思うのです

th-1

 

来年はAIやVR元年だとも言われています

その様な技術を使い

ロボットを発展させます

 

現場で磨きあげないと

ロボットも使いこなせ

無いようじゃ採用の意味もありません。

 

介護ロボットの現場採用急がれます。

そのうち介護専門のブログも

立ち上げます

 

なにせ4人も候補者がいますからねえ

なるべくいつまでも元気で

 

いてほしいですけどね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください