プリウス実に4年ぶり首位!

トヨタプリウス4年ぶりに首位ですね。昨年までトップのHONDA N-BOXは次々とリニューアルしてきて新鮮さんは残ってますが新車には負けますね。そこで4年ぶりのトヨタプリウスHVなんですけど。年間24万8258台ですね。N−BOXは18万6367台なので随分離されてますね。

しかし日本のマーケットでは軽四のマーケットかもしれませんがやはり安全のためにもレジャーにいくことによる、経済効果のためにも普通車が売れて欲しいですよね。軽四優遇だけでなく普通車優遇も考えてもらわないとね。


 

家でも車でもですけど安いものに飛びついてもらうと言うことは将来の高いものを買わないと言うことですよね。小さな芽のうちに切り取ってしまう。まあ商売の世界ではありかもしれませんが、1000万円の家やマンションを売り出して潰れるメーカーなんかも見てきましたから

高くて良いものを売るのには少し待たんといけませんね。

このプリウスめでたく4年ぶりに首位奪回ですけど。このスタイルで良く売れましたね。街を確かに走ってますし、近所の駐車場でも確かに良く見かけますよ。

かっこ悪いですからあまり続かない気はします。

プリウスphvが2月15日に発売されますが、プリウスとプリウスphvは同じものとしてカウントされるんでしょうね。そんなことはどうでも良いことなんですけど

既存のプリウスHVをお持ちの方の心情を察すると少し気の毒になります。あまりにもスタイルが違いすぎますから。値段の違いで納得するのでしょうね。

プリウスphv色んなジャーナリストとかがレポートしてますけど、ランニングコスト、燃料代のレポートがまちまちですね。あくまでもこのプリウスphvは家庭の200Vそれも深夜時間帯の8時間とか10時間のうちの都合の良い深夜に2時間20分だけ充電して、毎日の通勤は買い物はこれだけ使う。つまりEVのみの運転にする。たまの休み遠出するときにはその充電分ではしるEVモードで行けるところまで足を伸ばし、その後はプリウスHVと同じように走る。

家庭用100V充電とか、急速充電とかでランニングコストの計算をしても決していい数字にはなりません。急速充電器のみで充電すると、プリウスHVモードのほうが

燃料費は安くつきます。私はその説明が克明に出来ますが、8.8KWの充電をするのに電力量はどのくらいいるのか、8.8KWでは無いですし、充電器の出力3.3KW✕2時間20分でも無いので今はとても気になるところです。

 

そして8.8KWで60km異常を走りますとカタログには書いてますけど実際はどれだけ走るのかと。もちろんデュアルモーターとかの走りを期待しアクセルを踏んでいたら

とても60kmは走りません。しかし1kW10km走ることも可能かと想うんですよ。かなりフリクションや空気抵抗を抑え回生エネルギーを吸収しようと

極力努力していますから。

ただそこはカタログやホームページでは読み取れないところです。振り幅がひどいのです。どのような走りでどのくらい電気のみで走っていざガソリンで走ったときの燃費とか

なかなかわからに部分をレポしますね。

楽しみですね。兎に角間違ったらいけんのは充電方法。ここで倍半分または1/4くらいまでになるくらい差がでます。その理由を詳しくお話しますね。

次回また。

 

 
<スポンサードリンク>


 
にほんブログ村 車ブログ ハイブリッド車へ
にほんブログ村

Sponsored Link



関連記事

トヨタは次世代環境適合車について今年も悩んでいる・・はず。

明けましておめでとうございます。     今年もトヨタさんは悩

記事を読む

WRCラリー。来年からは餌ペッカ・ラッピがシトロエン。今年クビになったクリス・ミークがTOYOTAで復帰だ!!!

苦しいときのラリープラスネットです。https://www.rallyplus.net/55074

記事を読む

18年振りに復活したトヨタWRCラリー用YARIS WRC大図鑑だよ。

知らぬ間にYARIS WRCの大図鑑が出来てましたね。簡潔にわかりやすく作られていますね。 &

記事を読む

ZVW52プリウスPHV OIL交換 ザーレン GAIA EPSILION に交換した。さて燃費は伸びるか?

半年点検、ちょっとした擦り傷1ヶ所以外は どこもなんとも無く 調子は良い。 擦

記事を読む

今 創っている トレンドはクリスマスオレンジ

プロモーションばかりしてて 問題があるのは わかるけど   僕が主

記事を読む

WRCRallyMonte Carlo速報!!セバスチャン・オジエが優勝!しかし注目すべきは予想通りのクリス・ミーク!!

ただいま終わりました。しかし素晴らしいですね。セバスチャン・オジエ またMonte

記事を読む

ヨーロッパでもトヨタは眼の上のタンコブ!

ヨーロッパでEV売上頭打ち、トヨタHVを防止したいドイツの苦悩   <世界のニ

記事を読む

WRCフランス。優勝は韓国ヒュンダイのティエリー・ヌーベルですわ。

おお!超速報 超速報でましたね。やりましたヒュンダイのティエリー・ヌーベルが今季初優勝です。

記事を読む

人口減少時代をどう生きるか?

凄まじい人口減少時代になりましたね 人口減少になると分かっていた当局の人も しばらく発表しなかっ

記事を読む

no image

『ブラタモリ』のタモリは赤塚不二夫が発掘した!知ってました。福岡で活躍していたタモリを東京へ連れてきたのは赤塚不二夫。寝泊まりもさしていたようですね。

今日の『ブラタモリ』も面白かったですね NHKで放送中でまさに佳境に入ってきた 「真田丸」の真田

記事を読む

Sponsored Link



Comment

  1. […] トヨタプリウスphvを購入して低炭素社会を創る! その目的でこのブログを書いてますが昨日のニュースではトヨタ・カムリが1位ですし日本ではトヨタプリウスHVが1位ですから NISSANとかMITSUBISHIとか応援すべきですかね。ということで浮気 次期NISSAN GT-R言わずと知れたNISSANのフラッグシップカーでNISSANの顔ですね。 1000万円を超えるスポーツカーをコンスタントのに製造し販売しているから凄いです。現行モデルは2007年に登場して もう10年になるんですね。 ヨーロッパのトップモデルの様に毎年イヤーモデルを出すのでもう熟成されてますね。内装も素晴らしいですしこのオレンジ色が 似合うモデルってのも素晴らしいですね。   新型はもはやランボルギーニ・アヴェンタドール超えですね。 V6 3.8リットルツインターボ+モーターで800PSごえ。 HONDA NSXを遥かに凌駕しそうですね。HONDAはアメリカでNSXを造ってるけど伝統のGT−Rは日本で造って欲しいですよね。日本ではあまり売れないかもしれませんけどね。 全部プロトタイプでしょうけどもはや車では無いですね。空を飛びそうです。 しかし子どもたちに見せたいですね。 これは値段もランボルギーニに近くなるんでは無いでしょうか?まだ現行モデルが4年位続きそうです。トヨタからはスープラも久しぶりに登場しそうですし マツダからはRX−7   各社を代表するスポーツカーが揃い踏みになりますかね。HONDA NSXだけでも いいニュースですがこれ続けて欲しいですよね。オイルシェックとかリーマンショックとか世界恐慌があるたびに ポルシェ911は休止しなかったですよね。だから歴史が出来るんですよね。 とにかく継続して欲しいです。トヨタさんだけでなくみなさん頼みますよ。トヨタ2000GTも復活しないかなあ。全くのレプリカで中身だけ最新のエンジンで。3.5リッターV6ツインターボで。頼みますよ。売れなくても夢を与えきっと波及効果がありますから。 しかしハイエンドスポーツカーの登場 楽しみになってきました。             […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link



森林を綺麗にするためにチェンソーを購入した。

実家は標高358Ⅿ~500Ⅿのところにあり昔はその急傾斜地に田んぼが

アカプリオこと赤いプリウスPHVのタイヤをスタッドレスタイヤからサマ

おお!これはスバルのCH-Rとも言えるようなデザインですね。VIZIVアドレナリンというらしい。このブログのアドレス。トレンドアドレナリン(TREND ADRENALINE)だから取り上げました。スバル好きですしね。

プリウスPHVの前はスバルのレガシィツーリングワゴン2000

TOYOTAオイット・タナク今年初優勝!!強い!!

TOYOTAGAZOOracingのオイット・タナク昨年まで

WRCラリースウェーデン速報。TOYOTAオイット・タナク優勝は目前か???

【SS16速報】Torsby Sprint (2.80 km

→もっと見る

  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0