日本代表オマーンとの戦い。オマーンの位置はここ。こんな国。

日本代表は今オマーン戦ですね

オマーン国
通称オマーンは中東にありますね

サウジアラビアの南西に位置します

国旗はこんな感じですね

オマーンコック (Wikipediaより)

国名を聞いてもほとんど
ほとんどしらないですね

現国王はスルタン・カブース

Wikipedia地図

絶対君主制国家
らしいです

国王と首相も兼任していますね

人口は2588000人と少ないですね

このくらいが良いのかもしれませんが

北西部にはハジャル産地
南部にはカラー産地が連なる

南部にはワジという水の無い川があるそうです

雨季にのみ川が流れるんですね

2015年のオマーンのGDPは
601億円

岡山県とほぼ同じらしいです

オマーンは先代サイード国王のもとで
鎖国的制作が行われ、経済は停滞していたが

1970年に就任した

カブース国王は開国をすすめ
国内経済は大きく成長を遂げました

原油関連設備の近代化による収入の安定はオマーンの
成長に大きく寄与している

オマーンの鉱業の中心は原油生産(4469万トン、2003年時点)で
輸出額の76.7%を占めており
天然ガスも産出する

金属資源としてはクロム鉱石。銀、金を採掘するものの
量が少ない

河川が無いにもかかわらず、オアシスを中心に国土の0.3%
が農地となっている。

秋条件にも関わらず

人口の9%が農業に従事している

主な農産物はナツメヤシ (25万トン
世界シェア 8位 2002年時点)

穀物と根菜ではジャガイモ(13キロトン)の生産がもっとも多い。
その他 冬場の日本での生鮮サヤインゲンの流通不足を

補うため日本向けサヤインゲンの大規模生産も行っている

オマーンは東アフリカ・中東・ペルシャ湾岸・インドを結ぶ
航路を擁する戦略的に重要な位置にある

特に南部のサラーラには経済特区や大きなコンテナ港が
設置されている。

日本との関係は
現国王スルタン・カブースの祖父に当たる先々代国王スルタン・タイムール
は退位後日本人の大山清子と結婚しており

普たちの間の子がブサいな王女である

(現国王スルタンカブースにとっては叔母にあたる)

首都マスカットでは「オマーン・日本有効協会」が
日本語教育などの活動を続けている。

2001年にはマスカット近郊のナシーブ・マスカット講演の敷地に
オマーン平安日本庭園が開園した

2011年3月11日おきた東日本大震災が日本で発生した後には

オマーンの王族系の企業から迅速な支援のために南相馬市の
落合工機に26億円の発注がされた

同年9月には日本人女性書道家 矢部澄翔がオマーンを訪問

18の学校や機関で書道の指導やパフォーマンスを行った

駐日オマーン大使館は東京都渋谷区広尾4丁目にあり

広尾ガーデンヒルズと外苑西通りに
挟まれた場所に位置している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください