MINI クロスオーバー新型に初のPHV・・・47.6㎞/リットル。電動化へどんどん進むドイツもまずはphvで間違いない。プリウスphvほどではないけどなかなかの性能。四駆がいいね。荷物も積めるのも。5人がけも。

BMWグループのMINIは11月16日、米国で開催する
ロサンゼルスモーターショー16において

新型「カントリーマン」

日本名MINIクロスオーバーの

プラグインハイブリッド車(PHV)
を初公開します

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-22-24-06

MINIを擁するBMWグループは
電動車両に特化した

「i8 」と「i3」を投入してますね

8と3は全然クラスが違いますけどね

BMWブランドでは330eという

PHVがありますけどね

3シリーズで500万円台ですから結構戦略的な価格ですね

MINIクロスオーバーのPHVは
「ク−パーSEカントリーマン ALL4」を名乗る

PHVパワートレインのエンジンは
1.5リットル直列ガソリンターボ

最大出力は136ps

6速ステップトロニックを介して前輪を駆動する。

モーターは最大出力88PS
シングルスピードトランスミッションによって後輪を駆動する。

「ALL4」の名前のと落ち

システム全体で4輪を駆動する
4WDとなる

またシステム全体では224PSの
パワーと39.3kgのトルクを発揮

EVモードの最高速は

「AUT Edrive]
mo-doga
80km/ h
「マックス e drive]
モードが125km/h

EVモードでは
最長40kmをゼロ・エミッションで走行できる

この効果もあって欧州のテストサイクルでの平均燃費は
47.6㎞/リットル

CO2排出量は49g/kmの

優れた環境性能を実現している

ご存知の様にイギリス生まれのminiも今やBMWが造ってます。

BMWの本社はドイツ。ドイツではVWのディーザル車の排出ガス問題で

国自体が揺れてますもんね

 

クルマメーカーの裾野は広く1メーカーがコケただけでも

そこらじゅうの下請けもコケますからねえ

 

大きな損失です。一気に電動化に走ろうとしています。国主導で

急速充電器のインフラも整備していくでしょう。到底日本では規制問題でクリア出来ないところも

簡単にクリアしていくでしょう。

日本では企業を潰したいみたいなところもあるけど

こうドイツの様に国を上げてメーカーを守って欲しいですよね。

 

JALの再建の様にね

トヨタなどの企業はかなり優遇しているけど

家電メーカーはほったらかしで実際三洋は無くなり

次は東芝も危ないですから。クルマでは三菱も危ないですけどね。法人税をがっぽり儲けることばかり

考えずに企業を育てることを考えてほしいですよね。

労働者を雇うのは企業ですからね。

働く人もいない働く人がいても能力が無いなんて

 

ドイツに負けないように日本もお願いしますよ。安倍さん

<ポチッとご協力お願いします>

 

 

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください