TOYOTAGAZOORACING WRCラリー・フィンランド。ワールドラリーチームオット・タナク2勝目!!!

WRCラリー・フィンランド。

TOYOTAが1位と3位取りましたね。

超速報です。

 

何よりうれしいのは地元フィンランドのヤリーマティ・ラトバラの復活では

無いでしょうか?

TOYOTAがWRC界に復帰して2年目

1年目にTOYOTA復帰をWRCファンに

鮮明に知らしめした

ヤリーマティ・ラトバラ

今年別にセカンドドライバーになったわけでも無いのに

なかなか成績を残せなかった

 

マシントラブルやミスも続き

オット・タナクやエサペッカ・ラッピなど

若手に譲れという声も聞こえたか?聞こえないか?知らないが

本当に苦しんでた今年のWRC

 

母国で3位入賞し我慢我慢のドライブで

なんとか復帰して来ましたね。

 

123フィニッシュも考えられたのですが

エサペッカ・ラッピがリタイヤしそれも

叶えられなくなりましたね。

 

2年目のTOYOTA

オット・タナクという

暴れん坊を得ても

 

なかなかオジエやヌーベルに勝てません。

来年かなあ。

 

しかし苦しい中 オジエにしてもヌーベルにしても

ちゃんとリザルトを残すから素晴らしいですよね。

 

内燃機エンジンに逆風がふく中

今後WRCもWECの様にどうなるか

わかりません

 

TOYOTAもここにどれだけの資本を投入しても

元が取れるかどうかも

よくわからないと思います。

 

一時的にヤリスは売れるかもしれませんけどね

 

次の100年に向かってTOYOTAが

何を目指したいかです

 

やはり燃料電池社会を創ることが

TOYOTAにとっても日本にとっても

 

正解なことでは無いでしょうか?

 

最近の温暖化による被害は激しすぎです。

 

低炭素社会を燃料電池社会を構築することで

成し遂げたいです。

 

なんとかしましょう。TOYOTA。––

 

 

【SS23速報】Ruuhimaki 2 (Power Stage) (11.12 km)
1. O.タナク(T) 5:26.2
2. M.オストベルグ(C) +0.5
3. J.ラトバラ(T) +0.8
4. T.ヌービル(H) +1.2
5. S.オジエ(F) +1.7
= C.ブリーン(C) +1.7
7. E.エバンス(F) +2.9
8. T.スニネン(F) +5.1
9. H.パッドン(H) +5.3
10. A.ミケルセン(H) +7.4

【After SS23 of 23】
1. O.タナク(T) 2:35:18.1
2. M.オストベルグ(C) +32.7
3. J.ラトバラ(T) +35.5
4. H.パッドン(H) +1:35.6
5. S.オジエ(F) +2:15.0
6. T.スニネン(F) +2:19.2
7. E.エバンス(F) +2:29.5
8. C.ブリーン(C) +3:08.4
9. T.ヌービル(H) +3:51.8
10. A.ミケルセン(H) +8:37.4

トヨタのオット・タナクが今季2勝目を飾りました。
次戦のWRCは8/16-19の日程で第9戦ドイツが開催されます。

WRC速報 トヨタ絶好調!!  SS19までトップにオット・タナク、3位にラトバラ、4位にラッピ

WRCラリー・フィンランド絶好調ですね。

TOYOTASS23ステージのうち19ステージまでで

オット・タナクが1位

ヤリーマティ・ラトバラが3位

エサペッカ・ラッピが4位と

TOYOTA絶好調ですね。

 

ヤリーとラッピが出身なんですかねフィンランド

フライング・フィンと言って

フィンランドのスポーツ選手は秀でているのですよね。

オットタナクも鼻先のエストニアきっと応援団も近いから

たくさん来てるのでしょうね。

 

【SS19速報】Pihlajakoski 2 (14.90 km)
1. E.ラッピ(T) 6:50.4
2. O.タナク(T) +0.8
3. H.パッドン(H) +1.7
4. J.ラトバラ(T) +2.5
5. S.オジエ(F) +3.2
6. T.ヌービル(H) +4.5
7. M.オストベルグ(C) +5.4

8. T.スニネン(F) +5.7
9. C.ブリーン(C) +7.3
10. E.エバンス(F) +8.5

【After SS19 of 23】
1. O.タナク(T) 2:13:18.2
2. M.オストベルグ(C) +39.0
3. J.ラトバラ(T) +44.4
4. E.ラッピ(T) +1:20.6
5. H.パッドン(H) +1:29.6
6. T.スニネン(F) +1:45.1
7. S.オジエ(F) +2:07.6
8. E.エバンス(F) +2:17.9
9. C.ブリーン(C) +2:56.4
10. T.ヌービル(H) +3:34.5

SS20は日本時間29日(日)14:38スタート予定です。

 

楽しみです。しかし長い間このブログを休んでいましたが

西日本の7月7日に襲った大雨による被害が

あまりにも申告で甚大な被害で

なかなかペンをとることが出来ませんでした。

赤プリ子のあカプリオはなんとか無事でしたが

 

多くの車が流されて行きました。

中にはホンダs660に乗りながら流され

無くなりました。

 

ダムの放流のあり方など

人災との意見もありますが

 

今回の大雨は3日3晩

途中止む気配も無く

あれだけの洪水や崖崩れを起こしてしまいました。

 

むしろこれは温暖化を見逃してきた

我々による人災ですよね。

 

もっと環境に敏感になるべきです。

この猛暑や大雨 北極圏でも30度を超える気温

氷河や氷山が溶けている

 

この様な真実に目をそむける人が多すぎです。

私はプリウスphvを購入し

低炭素社会の実現に向けて頑張ってます。

 

また台風12号も東から西に向かってます。

こんなことがあったでしょうか?

 

異常な気象、異常な大雨 異常な台風

気づいた人から少しづつ低炭素社会に向けて

がんばりましょう

 

私はまずはプリウスphvから

 

<再開したブログポチッとご協力お願いします>

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

トヨタル・マン24時間レースは優勝したけども。ライバルのポルシェは不在。

WEC第2戦 ル・マン24時間 決勝暫定結果(LMP1クラス:完走)

順位 No. ドライバー名 チーム/車種 周回 トップとの差
1 8 中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
フェルナンド・アロンソ
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
388
2 7 小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
386 2 Laps
3 3 トーマス・ローレン
マティアス・ベシェ
グスタボ・メネゼス
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
376 12 Laps
4 1 アンドレ・ロッテラー
ニール・ジャニ
ブルーノ・セナ
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
375 13 Laps
5 5 チャールズ・ロバートソン
マイケル・シンプソン
レオ・ルーセル
CEFC TRSMレーシング/
ジネッタG60-LT-P1・メカクローム
283 105 Laps

<トヨタガズーレーシングより>

とほぼ記事をホームページからいただきました。

すいません。トヨタさんの応援ブログですから許して下さいね。

しかしトヨタ優勝しても

 

ポルシェが同じカテゴリーに出てないですからねえ。

急激なEVシフトに走ってますから

 

<ポチッとご協力お願いします>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村