TEAM愛媛 すべての人に健康と福祉を

新型プリウスphv石原さとみ起用CMが既にYOUTUBEにアップされてた!

プリウスPHV

昨日 箱根駅伝の間 カメラを持って待ち続けたけど

 

ついに撮れなかった石原さとみ起用のプリウスphvのCM

 

動物を従えてカッコイイCMになっていますね

 

 

しかし

 

「プリウスはついに太陽光を走るエネルギーに。」

 

 

ってCMの中で言い切ってますね

 

しかし確かにそこは目立ちますよ!売りになりますよ

 

しかしそれオプションで

28万円しますし

 

これで年間1000kmしか

走らないんですね

 

まあ条件によって違うのでしょうけど

良くはならないですよね

 

1000kmを深夜電力の充電だけど走ると

 

1000円くらいで走りきるんですよね

 

深夜電力と比較すると200年以上乗らないと

元が取れない

 

 

まあ元取るために乗るんでは無いですからねえ

TOYOTAは

世界でも稀有な環境に気を配った車を

創る会社

 

1997年に初代プリウスHVを

創ってから

あらゆる環境適合車に影響を与えた

TOYOTA

 

しかしそれが今逆に作用しているのです。

温暖化防止や低炭素社会を創るため

 

また限りある資源石油をなるべく

使わない様にしようと

 

HVの開発を頑張りトップランナーで

あり続けました。

 

TOYOTAのお陰でどれだけの資源が大事にされ

炭素排出を抑えてきたか

 

その貢献は計り知れません!

 

しかし今その進化したハイブリッドは

アメリカのカリフォルニアではZEVとは

見なされなくなってきたのです

 

そして今原油安によるガソリン安で

売れるのは大きなエンジンのフルサイズピックアップトラックです

 

これが今セレブの間ではステータスとなりつつあります。

 

ガソリンをなるべく使わない車がガソリンを安くする

事に繋がったのです

 

まあ厳密に言えばシェールガスなど

埋蔵された石油が多く見つかり

それを競って産出してるからですけどね

 

しかしTOYOTAハイブリッドに対する

あらゆる環境が裏目裏目になっているのです

 

テスラモータース等の圧力もあるでしょう

 

この逆境化でトヨタはミライという

FCVを出しました。燃料電池車です。

 

しかしこれはStandardにはならないと

思ってます。これは車だけ創ってたら

済む問題では無いからです。

 

水素ステーションという燃料を

扱うインフラを整備しなくては

ならないからです。

 

水素ステーション 直営にするわけには

いきません。

 

ガソリンスタンドに水素を置くのでしょうか?

そのためにはガソリンスタンドはかなりの

リスクを背負う事になります。

 

やはり最後はEVが来るでしょう!

EVは部品点数が少ないので

 

いづれ安くなるでしょう。

今の給料で300万超えの

車を買うのは若者には大変です!

 

シンプルで走行距離も長くて充電時間が短い

そんなEVが最後に来ると思います

 

それまではphvです。

60kmしか走らないけど

毎日の通勤に使える

 

60kmしか走らないから

充電時間も短く電気料金も

あまり要らない。

 

環境の為に頑張っているトヨタさん

トヨタさんの為に

プリウスphvに乗って

 

インプレッションするのです。