米国市場 最大のリスクに ドナルド・トランプの呟きで一層追い打ち。

1997年に初代プリウスを発売したTOYOTA。それから数多くのライバルが低燃費車を出し、低炭素社会に貢献してきた。しかし、その行いは逆にガソリンをダブラしガソリン価格を低迷させることに。それがHYBRID離れを興していると警告してきたけど

まさにピッタリのニュースが流れてきましたね。プリウスphvを購入してそんなトヨタを応援するブログ、このブログもうひとつのブログも応援して下さいね。

さてそのニュースとはYahooJAPAN ニュースで

トヨタ自動車にとって「稼ぎ頭」だった米国市場が、当面の最大のリスク要因に浮上してきた。トヨタは6日、業績予想の修正に合わせて2017年3月期の世界販売台数の見通しを情報修正したが、16年実績では米穀販売が5年ぶりに前年割れした。北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しなどを主張するドナルド・トランプ大統領の保護主義的な通商政策が、トヨタの米事業の不振にさらなる追い打ちをかける懸念もある。

三菱重工や東芝等もあの巨人が今や喘いでますからねえ大きいからこそ小さな事がアキレス腱になり倒れてしまうのです。しかし、ドナルド・トランプは低炭素社会なんかはまさに無視をしていますね。科学自体を否定しているようです。科学分野への補助金も減らしていくようです。シェールガスの発掘も強化していくと。世界最強国のアメリカが目の前の事ばかり考えてて良いのでしょうか?

自分たちの事だけを。温暖化で南国や北極の氷は溶けています。シベリアの永久凍土も溶けています。やがてまた氷河時代が来るので少々の温暖化はかまんのでは?という人もいます。しかしこの100年間の温暖化で多くの絶滅した種があります。絶滅した種は2度と生き返らないのです。そんな大事な事から目を背けて目の前の自国の事だけ考えていて良いのでしょうか?

私は健気に環境適合車を製造してきた、トヨタを応援しますね。

再びYahoo JAPANニュースから

■振るわぬ新車販売

「トランプ大統領の政策の影響を見通すことは非常に難しい」東京都内で行われた16年4〜12月期の決算発表の席上、トヨタの大竹哲也常務役員は米事業について強気の味方を示しつつも、何度も「不透明」の言葉を繰り返した。

トヨタの16年の米穀販売は前年比2.0%減の245万台。米調査会社オートデータによると、17年1月の販売台数はさらに前年同月比11.3%減と大きく落ち込み、シェアも5年4ヶ月ぶりの4位に転落した。

不振の原因は、市場のトレンド変化への対応の遅れだ。米国では昨年来のガソリン安を背景に、トヨタのハイブリッド車(HV)「プリウス」など低燃費車の小型車販売が低迷し「消費者のニーズが大型のピックアップトラックやスポーツ用多目的車「SUV)に移った」

(自動車業界関係者)しかし、トヨタ自動車は大型車の増産が間に合わず、需要の波を捉えきれなかった。

■NAFTA見直し警戒

トヨタは今後、米国やメキシコの向上での大型車増産と主力車「カムリ」の新柄車投入を軸に巻き返しを図る考え。大竹常務役員は17年度も米国では「前年並みの販売を見込んでいる」と強調する。

しかし、就任間もないドナルド・トランプ大統領の言動が(特にtwitterによるつぶやき?)こうした戦略の実現に暗い影を落とし始めている。特に、ドナルド・トランプ氏が主張するNAFTA見直しでメキシコから米国への自動車輸出に高率の関税が課せられればTOYOTAがメキシコでの増産を想定している米向け大型車の供給拡大は難しくなる。日米の自動車貿易を「不公平」と批判するドナルド・トランプ政権下では、日本から米向けに輸出を増やすことも批判を招きかねない。

一方、米国自動車市場の動向については、複数のトヨタグループ幹部が「ピークを過ぎた可能性がある」と指摘する。ドナルド・トランプ氏の求めに応じて安易に米で生産能力や人員を拡大すれば、稼働率が低下したときに、北米市場の採算が大幅に悪化するリスクが高まる。

本日の日米首脳会談で、ドナルド・トランプ大統領が米経済の中で果たしてきた日本の自動車業界の役割に一定の理解を示し、保護主義的な言動をある程度修正する柔軟性を持つかどうかだ。豊田章男社長はNAFTA見直しなどを警戒しつつ、米国で販売するTOYOTA車は「米国の顧客のために米国の工場で米国の従業員が造っている」と強調「米国メーカー」として貢献していく姿勢を訴え続けていく。

うーん。かなりリスクは深刻だと思えますね。米国市場が飽和してきたと言うならなおさらです。リーマンショックみたいになるかも。

アメリカの浪費で食ってきた国も多いですからね。そういったことも目にしてきて今のドナルド・トランプも存在しているのかもしれませんね。そしてフォードのお偉いさんがバックにいるとも言われているし。

TOYOTA自動車は暗礁にすでに乗っているのかもしれませんね。まあこのブログで応援ともうひとつのブログでプリウスの応援をするだけですね。

<スポンサードリンク>



にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

WRCラリードイツ。オット・タナクの安定感が止まらない。チャンピオンシップ1,2,3位が争う!!

【SS7速報】SSS Wadern-Weiskirchen II (9.27 km) O.

記事を読む

プリウスphv納車 いよいよアカプリ子のプリウスphv納車ですね。昨年の12月に発注して実に半

記事を読む

豐田章男社長コメント全文

WRCトルコ:「努力してくれた全てのチームメイトを誇りに思う」豊田章男社長コメント全文

記事を読む

プリウスPHVでもNISSANLEAFでもいいのでみんな買おう!

ランキング1位ですね!? 999.9km/リットルですって!? ただただガソリンを使わず

記事を読む

TOYOTA UK YARISかと思ったらAYGOが可愛い!

TOYOTA YARIS    WRCで活躍しているクルマかと思えばワンサイズ

記事を読む

プリウスPHVを宣伝してくれている石原さとみ サブマリン投法

石原さとみ サブマリン投法   またまたやってくれました。我らが石原さとみ

記事を読む

TOYOTA GAZOO Racing GRスーパースポーツコンセプト東京オートサロンに出展

しかしこれは凄そーですね。GRスパースポーツコンセプト。そのまんまWECに出れそうです。

記事を読む

残雪の残る標高600Mのところにある山小屋で宿泊。男のロマンが詰まった山小屋。全然寒くない。電気無いけどね。

友人の別荘へ。大阪から来た彼はわざわざ標高600Mにあるこの山中を選んだ。 まあ彼のお父さんの

記事を読む

Toyotaは生き残れるのか?それともたくさんあるメーカーのひとつに落ちぶれるのか?

しかしToyotaはすごい 30万人以上の社員が働いて その下に子会社とか関連会社があっ

記事を読む

TOYOTAに暗雲がせまる。

プリウスphvを注文してる。アカプリ子!まだまだ来ません。来週ですものでいよいよの発売は。納車は3月

記事を読む

Sponsored Link


Comment

  1. […] TOYOTAのアメリカでのリスクが顕在化されてきましたね。前々から言ってはいましたが、長年培ってきたHV技術も結局ガソリン安というものには勝てないし、ドナルド・トランプのつぶやきにも勝てない。安倍首相の会談はどうなりました?あまり自動車業界にプラスにならないのでは無いですかね。側近にフォードのお偉いさんが付いてると言うし。何よりのリスクはアメリカ市場が成熟して飽和状態になってるんではないかということかもしれませんねえ。 どんな規制が存在しなくても消費者が「クルマあるからもういらない!」なんて言われたら売れませんからねえ。そこは 「温暖化を食い止めるため」「低炭素社会を実現するため」其のためにプリウスphvを買いましょう!ってこのブログで訴えるしか無いですね。 しかし、アメリカも現金なものです。ガソリンが安くなったので大型ピックアップトラックが人気だなんて。でもあんな大きなピックアップトラックが安く買えて乗れるアメリカ懐が深いと言えば深いですね。でもやはり私は低炭素社会を創造していくためプリウスphvに乗りますよ! しかしWRCラリー面白くなってますよ。復帰第2戦のWRCラリー・スウェーデンなんとTOYOTAは総合首位になっていますね。 <ラリープラスより ラリプラメンバーズになってね!私もなってますよ。特典いっぱいです> WRC第2戦ラリー・スウェーデンは、競技3日目のSS15までを終えてTOYOTAのヤリーマティ・ラトバラが総合首位に立っている。僅差の2番手にMスポーツのセバスチャン・オジエが続く展開となった。首位を走行していたヒュンダイのティエリー・ヌービルは、最終SSでストップ。前線に続き首位走行中にリタイアという憂き目に遭った。 この日はSS9〜SS15の7SS。前日同様3ヶ所の林道ステージを2度ずつ走行し、カールスタッドのスーパーSSでフィニッシュとなつ。SSの距離は125.38km。注目はタナク、シトロエンのクリス・ミーク、オジエの接近した3番手争いだ。スタート順はこの日からリバースオーダーとなるため、王者セバスチャン・オジエの反撃も期待されたが、出だしから速さを発揮したのは3SS全てでベストタイムをたたき出し、21.6秒あったラトバラとの差をSS11終了時点で9.2秒にまで縮めることに成功した。オジエは序盤でミークをあっさりとかわすが、タナクとの差は14.2秒差に拡大している。 午前中のSS11までを終えた段階で、首位はヌービル、32.8秒差の総合2番手にラトバラ、42秒差でタナク、56.2秒差でオジエというオーダーとなっていた。ラトバラとタナクの差は9.2秒、タナクとオジエの差は14.2秒と、ラリーの焦点は2番手争いへとシフトしていった。 安全上の理由で午後のSS12がキャンセルとなり、舞台はSS13へ。ここではラトバラがこのイベント3度めのSSベストタイムを刻んで見せるがタナクも1.1秒差のSS2番手タイムで背後につける。続くSS14はSS11の再走ステージ。名物のジャンピングスポット「コリンズ・クレスト」のあるバルガゼンだ。ここではヌーベルがベストタイム。ラトバラはコースアウトしていた前走者のミークをかわす際のスローダウンとタイヤ摩耗によるロスタイムも重なってSS5番手フィニッシュとなった。一方のタナクはSS3番手タイム。これでラトバラとの総合タイム差は4.3秒となり、予断を許さない状況となってきた。 そしてラリーはこの日の最終ステージとなる、カールスタッドのスーパーSSへ。SS1と同じ2台同時スタートのスーパーSSは1.9kmと短く、順位の変動はほぼないものと思われたが、ここで首位のヌーベルがコンクリートブロックにマシンをヒット。ステアリングを破損して走行不能となり、ラリー続行を諦めるという波乱の展開に。この結果、首位はラトバラ、3.8秒差の総合2番手にタナク、16.6秒差の総合3番手にオジエというオーダーになった。総合4番手のヒュンダイのダニ・ソルトだが、ラトバラとの差は1分39秒5と大きく広がっており、表彰台争いはこの3人に絞られたと言っていい。 ラリー最終日に残されたステージは3SS。SS総距離はわずか58.81kmだ!復帰2戦目にしてTOYOTAの総合優勝という可能性も見えてきた。緊張感の高いバトルはどのような決着を迎えるのか、注目して見守りたい。オープニングのSS16は、日本時間2月12日の15:55スタート予定!   […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0