WEC 2017年第2戦スパ・フランコルシャン6時間レース。トヨタ2連勝 

トヨタTS050HYBRIDワンツー完全勝利

接戦を制しTS050HYBRIDワンツー完全勝利。次戦ル・マン24時間レースへと確かな手応え

<TOYOTA GAZOO Racing>より

5月6日(土)、FIA世界耐久選手権(WEC)第2戦スパ・フランコルシャン6時間の決勝レースが行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTS050HYBRIDが接戦を制し、1-2フィニッシュを飾った。

TOYOTA GAZOO Racingにとって今年のスバ6時間レースは、幸運と不運が混在したレースとも言える内容だった。結果はTS050HYBRID#8号車が優勝、#7号車が2位に入り、TOYOTAGAZOO Racingにとって上出来のレースということも出来た。しかし、#8号車と#7号車は、フルコース・イエローのタイミングが少しずれていれば、その順位が入れ替わっていたかもしれなかった。3台目の#9号車は5位でゴールした。

レース序盤はポールポジションのライバル車(ポルシェの事ですよね)が、リード、セバスチャン・ブエミの#8号車とマイク・コンウェイの#7号車がそれに続き、プレッシャーをかけ続けた。そして早くも10周目、#7号車がライバルを抜いて首位に立ち、その3周後には#8号車も2位に上がった。

 

1号車はポルシェ。ポルシェの前を行くTOYOTA TS050HYBRID。カッコよすぎる。

 

ニコラス・ラピエールのドライブする#9号車はスタート直後の第一コーナーでポールポジションのライバル車(ポルシェですよね)の内側に飛び込んだが、止まりきれずにコースを外れ、大回りしてレースに復帰した。その後、ラピエールは猛烈な追い上げでポジションを奪回。2スティントを走りきって48周目に国本雄資にバトンタッチした時には、5位に返り咲いていた。ドライブを引き継いだ国本にとれば、TS050HYBRIDによるレースは初めて。加えて初めてのスパに手こずりながらも、周回を重ねるに連れてペースを上げる走りを見せ、チーム関係者の安堵を誘った。

 

 

<TOYOTA GAZOO Racing>より

序盤のトップグループの戦いは熾烈を極めたが、レースが半分を消化した午後5時半、小林可夢偉の駆る#7号車が2位以下に大きく差をつけて首位を快走。28秒遅れてアンソニー・デビッドソンの#8号車、さらに22秒遅れてライバル(だからポルシェって・・)の#1号車が続いた。#7号車は公式練習から好調にセッティング決まり、ホセ・マリア・ロペスが抜けた2人のドライバーでの戦いとなったものの、小林もコンウェイも疲労の色を見せず快調にTOPをひた走った。

 

しかし、レースはその後に他車のクラッシュから提示された2度のフルコース・イエローで劇的は変化を見せた。その影響を受けたのは#7号車だった。#7号車はイエローコーションが出る前に2度もピットインをした#8号車を初めとするライバル達に対し1分にも達する大きなタイムロスを被ることとなってしまった。

 

その結果、レース終盤になって#8号車がTOPを独走することになり、#7号車は後方でライバルと激しい2位争いを展開。しかし、その後小林可夢偉の駆る#7号車は競り合いを制して2位に上がり、#8号車を猛追した。そして、最終ラップ、#7号車は、1秒9差まで#8号車を追い詰めた。

 

#8号車にとれば幸運の、#7号車にとれば不運のフルコース・イエローであった。しかし、TOYOTA GAZOO Racingとしては2014年のWEC上海戦以来の1,2位獲得。2012年にWECに参戦し初めて以来13度めの勝利となった。#9号車の国本は、周回遅れをかわすのに苦労したが、サラザンとラピエールから多くを学びながら目標の完走を果たし、5位に駆け込んだ。

 

<TOYOTA GAZOO Racing>より

次戦、6月17日(土)〜18日(日)に開催されるWEC第3戦ル・マン24時間レースは、TOYOTA GAZOO Racingにとって様々な思いが募る伝統のレースだ。6月4日(日)の公式テストデーを経て、優勝を目指したル・マン24時間レーズに挑む。

 

日本人もこの様なレースで表彰台に上がる時代になってきたのですね。

小林可夢偉談(TS050 HYBRID #7号車)

我々のTS050HYBRIDは、間違いなく今日最速のクルマで、これで勝てなかったのは運がなかっただけのことです。全力で追い上げ、レースの最後にはセバスチャンの直後まで追いつきはしましたが、チームの1-2位体制でファイナルラップを迎えることを優先し、リスキーな追い上げは止めました。チームにとっては最大のポイントを獲得出来、最高の結果になったと思います。特にここは我々にとってのホームコースのひとつであり、チーム全員の努力による素晴らしい結果になりました。

そして

中嶋一貴談(TS050 HYBRID#8号車)

我々にとっては厳しいレースであったはずでしたが、正直なところ複雑な気分です。表彰台の中央に立てたのは嬉しいですが、#7号車は本当に不運でした。最終的はチームにとって最高の結果となりましたし、昨年不運続きだった我々にも、今年は運が向いてきたのだと感じています。最高の結果と共に、良い気分でル・マンに向かうことが出来ます。

しかし昨年のル・マン24時間はTOYOTAにとって悲劇としか言えないですからね。中嶋一貴が乗る先頭を走っていた#5号車は後2周を残してエンストしましたからね。

「ノーパワー」になったんですよねえ。

今年は2連勝しているしル・マン24時間楽しみですね。YOUTUBE動画も見て下さいね〜。
<ポチッとお願いします>にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

WRCスペイン速報 なんと!シトロエンのクリス・ミークが優勝。TOYOTAは4位のユホ・ハンニネンだけ。

<RALLYプラスNET>から   WRC第11戦SPAINは10月8日、競技

記事を読む

WRCドライバーとワークスチームの紹介

TOYOTAも今年はやりますよ。勝手にTOYOTA応援ブログ。今年はル・マン耐久レースもね!昨年あん

記事を読む

レクサスの中で購入するとしたらこれだ!

絶好調に思えた西野カナも無期限休養です。絶好調だからこそこんなこともありうるんですよね。トヨタも絶

記事を読む

最新の土木工事と昔の知恵でどうにかならんか?

タイヤは宙に浮いているようだけど水中ですね。しかしすごい量の土砂がダム湖に半島を造ってます

記事を読む

WRCモンテカルロ3日目トヨタYARISWRC総合3位に浮上!

勝手にトヨタ応援ブログ 低炭素社会を創造するために真っ赤なプリウスphvを注文しているアカプリ子!2

記事を読む

トヨタ自動車米国に今後5年間で1兆円投資する計画を発表!

トランプに名指しで批判されているトヨタ。批判と言ってもTwitterのつぶやきだけですけど一時3.1

記事を読む

あちゃちゃー LEXUSもアメリカでは売れなくなってますね。RXなどSUVは調子良いけど、クーペやセダンが売れない。

【CARVIEWより引用】 LEXUSは今年1月3日発表しましたよ。2017年の米国新車販売の

記事を読む

東京電力 TOYOTAプリウスphvにeチャージポイント

TOYOTA新型プリウスphvを注文しているアカプリ子。いよいよ2月15日発売ですね。納車は3月か4

記事を読む

no image

低炭素社会を実現する。

昨日は登りの多い道路だったので予めHVモードにしてました。 57km走って電池が残っていたので

記事を読む

HONDAもTOYOTAも迷っている。今phvなのかと・・。

最近ではプリウスphv見ることが多くなりました。まあノーマルのzvw50プリウスよりカッコ

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


【枝打ちはたいへん!!】田舎暮らしもたいへん!!

本日は大洲市蔵川の実家にて 草刈正雄とヒノキの枝打ち。 &

台風一過

写真は2年前の西日本豪雨災害地 さだまさしさんを連れて行った

【新型ハリアーPHV】なんて良いじゃない!!!?

令和2年6月に発売予定の新型ハリアー良いですよね。 とっても知的

【愛媛で自給自足】昨日はイノシシ・シカ狩り。本日は草刈り。刈払機にやっと慣れてきた。

昨日は朝早くから 山へ鹿狩りとイノシシ狩りに  

【プリウスPHV燃費は99.9㎞/リットル】 本日は大洲市蔵川の実家の草刈り ナイロンカッターのコードがブチぶち切れる

2020年4月14日 プリウスPHVの燃費は 55.2㎞走

→もっと見る

  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0