アメリカで一番売れているクルマ TOYOTA CAMRYがフルモデルチェンジ

アメリカで一番売れているクルマ TOYOTA CAMRYが フルモデルチェンジだ

【GAZOO.COM】から

  • 走りを予感させるエモーショナルで美しいデザイン
  • TNGA*1に基づきプラットフォームやパワートレーンなど、すべて一新することで、意のままの走りや上質な乗り味、クラス*2トップレベルの低燃費33.4km/ℓ*3を実現
  • Toyota Safety Sense Pの標準装備に加え、リヤクロストラフィックオートブレーキ機能*4など最新の予防安全装備を設定し、安全と安心を提供

トヨタは、カムリをフルモデルチェンジし、全国のトヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店(東京地区は東京トヨタでも販売)を通じて7月10日に発売した。

カムリは、1980年国内専用モデル「セリカ カムリ」(FR車)として誕生し、1982年には、FFレイアウトを採用した現在の車名「カムリ」として一新し、グローバルに販売を開始した。
カムリはこれまで、「トヨタのグローバルミッドサイズセダン」として、米国15年連続乗用車販売台数No.1*5獲得をはじめ、100カ国以上の国や地域で販売し、累計1,800万台*6超えを達成している。

新型カムリは、「性能」「智能」を突きつめることで「官能」をもたらす心揺さぶる上質セダンをコンセプトに、TNGAに基づきプラットフォーム、ユニット、電子系など全ての部品をゼロから開発することにより、エモーショナルで美しいデザイン、意のままの走り、上質な乗り味を実現した。
 また、運転のしやすさを追求したHMI*7、上質で仕立ての良い室内空間、最新の予防安全装備の充実など、新たな上級ミッドサイズセダンとして進化させた。

*1 Toyota New Global Architecture。トヨタ自動車が全社を挙げてグローバルに取り組むクルマづくりの構造改革。
パワートレーンユニットやプラットフォームなどを一新し、全体最適を考え新開発することにより、クルマの基本性能や 商品力を飛躍的に向上させることを目指す
*2 同排気量クラスでの比較(除くプラグインハイブリッド車)
*3 JC08モード走行燃費。国土交通省審査値。「X」グレード
*4 ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、インテリジェントクリアランスソナー(リヤクロストラフィックオートブレーキ機能付)はセットでG“レザーパッケージ”、「G」にオプション。T-Connect SDナビゲーションシステム装着車のみ設定
*5 2002年1月~2016年12月。トヨタ自動車調べ
*6 2016年12月時点。トヨタ自動車調べ
*7 Human Machine Interface。人間と機械が情報をやり取りするための手段、装置、ソフトウェアなどの総称

 

【GAZOO.COM】から

【車両概要】

 

1. 走りを予感させるエモーショナルで美しいデザイン

<外形デザイン>
▽TNGAに基づきエンジンおよび乗員レイアウトを下げることで、低重心シルエットのエモーショナルで美しいデザインを実現

[フロント]
▽トヨタ独自のキーンルック*の進化により個性を際立たせ、スリムなアッパーグリルと、立体的で 大胆に構えたロアグリルを対比させることにより、低重心でワイドなスタンスを強調
▽Bi-Beam LEDヘッドランプは、3層に重なったLEDクリアランスランプで、横方向への広がりと 奥行きのある高い質感を表現

[サイド]
▽低く構えたフードとフェンダー、低いベルトラインにより、タイヤの存在感を強調し、低重心感を表現
▽ルーフの後端を延長し、広い居住空間と伸びやかなプロポーションを両立。さらに、サイドウインドウをコンパクトな形状にすることでキビキビとしたスポーティな印象を付与
▽抑揚豊かな面と、シャープなボディラインからなるグラマラスな造形

[リヤ]
▽ワイドスタンスによるスポーティさに加え、ショルダーを張り出した安定感のある造形で上級な車格を感じさせるスタイルを表現
▽ライン発光が印象的なLEDランプでワイド感と上質感を追求

* 知的で明晰な印象を与えるトヨタ独自のフロントの表情。トヨタマークの立体的な強調とダイナミックなアンダープライオリティとの組み合わせで表現

[フロント]
[サイド]
[リヤ]

<インテリア>
▽スポーティなコックピット空間と広がり感の両立
・TNGAに基づき、部品の小型化やレイアウトの見直しでインストルメントパネルの厚みを抑えたほか、エンジンフード、カウル、ベルトラインを下げ、視界を良くするなど、新しいパッケージによるスポーティかつ広がり感のある空間を実現

 ▽先進のインターフェイスと造形の融合
・ディスプレイ(ナビゲーション、カラーヘッドアップディスプレイ*1、マルチインフォメーションディスプレイ)の相互リンクによる情報表示により、ドライバーの操作動線と視線移動を最適化することで、運転に集中できるコックピットを実現。また、ナビゲーションとヒーターコントロールパネルが一体となったセンタークラスターパネルには、フラッシュサーフェス*2デザインを採用。
先進のインターフェイスを搭載していることが一目で伝わる特徴的なデザインを実現

  ▽こだわり抜いた豊かな風合いと仕立てのよさ
・継ぎ目のない金属調加飾などの部品構成や、複数の色・素材を効果的にコーディネートする
「フレックスコーディネーション」、宝石のタイガーアイをイメージしたオーナメントパネルなど、素材の見せ方や豊かな風合いにこだわり、上質な空間を演出

G <オプション装着車>

<外板色>
▽プラチナホワイトパールマイカ(オプション)、グラファイトメタリックの新規開発色を含む、全7色を設定

*1 G“レザーパッケージ”に標準、「G」にオプション
*2 段差や見切りが限りなく少なく面一に近い仕様

2. 意のままの走りや上質な乗り味と低燃費の両立

<プラットフォーム>
▽TNGAに基づく新開発のプラットフォームがもたらす重量バランス、車両安定性の向上により上質な乗り味を実現。また、重心高を下げることで横揺れの少ない乗り心地と安定した高速走行に寄与
▽液体封入式のエンジンマウントを4点すべてに採用(トヨタ初)し、それを最適配置することで、高トルク化による振動や静粛性への対応、上質な乗り味を実現
▽サスペンションは、フロントに新開発のマクファーソンストラット式を採用、リヤにはダブルウィッシュボーン式を採用し、意のままの走りと上質な乗り味を実現
▽切り始めのレスポンスが軽快で、すっきりした手ごたえをもたらすラック平行式電動パワーステアリングを採用。またステアリングコラムの新開発により、さらに剛性を高め、操舵感を向上

<ボディ>
▽ボディ骨格部に「環状骨格構造」を採用。ボディのねじれ現象を抑制し、優れた操縦安定性を実現。
また、骨格の接合部には先進の溶接技術「レーザースクリューウェルディング(LSW)」の採用や「構造用接着剤」の使用により剛性を強化。さらに、超高張力鋼板「ホットスタンプ材」を適用拡大するなど、軽量化とともに優れた衝突安全性の確保に貢献

<パワートレーン>
▽最大熱効率41%と高出力を両立したTNGA新エンジン「ダイナミックフォースエンジン2.5」と、進化を続けるハイブリッドシステム(THSⅡ)を組み合わせることで、同排気量クラストップレベルとなる33.4 km/ℓの低燃費と優れた動力性能を両立

3. 予防安全装備の充実

▽衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備するとともに、後退時の死角に左右後方から接近してくる車両を検知し自動的にブレーキ制御を行う「リヤクロストラフィックオートブレーキ」機能をTOYOTAブランド初採用するなど、安全と安心を提供

【GAZOO.COM】から

<ポチッとお願いします>
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

WRCRALLYSWEDENのWRC2部門ではなんと!?日本人の勝田貴元が優勝。その勝田貴元選手のサポートで佐藤健がレベルアップ、TAKERU SATOH MEETS GAZOOの最新動画公開

WRCRALLYSWEDENではHYUNDAIのティエリー・ヌーベルが優勝したけどその下の部門WRC

記事を読む

Toyotaは生き残れるのか?それともたくさんあるメーカーのひとつに落ちぶれるのか?

しかしToyotaはすごい 30万人以上の社員が働いて その下に子会社とか関連会社があっ

記事を読む

ボーとしててプリウスPHVをぶつけてしまった。自分の戒めのため冬まで直さずにいよう。

ボーとしてて プリウスphvを銀行の駐車場のブロック塀にぶつけて しまった。 年の

記事を読む

氷の水族館 スペースワールド 魚食離れ

氷の水族館が話題になっています   福岡のスペースワールドです。 冬・春限定

記事を読む

プリウスphvに乗る!もうすぐ乗る!

昨日は発売でしたね。プリウスphv。カタログも届きましたよ。カタログ無しで事前予約していますからね。

記事を読む

【狩猟免許取得】

今、愛媛県南予地方への移住促進をしているのだけど、南予にはあまり良い給料を支払う企業や工場が無く

記事を読む

新型ディスカバリー発売!

新型ディスカバリー発売 <Livedoor・NEWSより> ジャガー・ランドローバ

記事を読む

WRCラリーイタリアトヨタ久々の表彰台には上がれますか?

WRCイタリア   さてさてアカプリ子のプリウスphvも20日間乗りましたよ。

記事を読む

ダカールラリー2018年トヨタ車大活躍。トヨタハイラックが総合2−3位。やるねトヨタ。豊田章男社長もひとことコメント。

【ラリーPLUSネットより】 ダカールラリーは今やアフリカでは無くて南米を走るんですね。知って

記事を読む

TOYOTA USA  THE ALL-NEW PRIUS PRIME

TOYOTA USAでもプリウスPHV販売してますね。 アメリカでは PRIUS PRIMEっ

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


【枝打ちはたいへん!!】田舎暮らしもたいへん!!

本日は大洲市蔵川の実家にて 草刈正雄とヒノキの枝打ち。 &

台風一過

写真は2年前の西日本豪雨災害地 さだまさしさんを連れて行った

【新型ハリアーPHV】なんて良いじゃない!!!?

令和2年6月に発売予定の新型ハリアー良いですよね。 とっても知的

【愛媛で自給自足】昨日はイノシシ・シカ狩り。本日は草刈り。刈払機にやっと慣れてきた。

昨日は朝早くから 山へ鹿狩りとイノシシ狩りに  

【プリウスPHV燃費は99.9㎞/リットル】 本日は大洲市蔵川の実家の草刈り ナイロンカッターのコードがブチぶち切れる

2020年4月14日 プリウスPHVの燃費は 55.2㎞走

→もっと見る

  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0