2018TOYOTACAMRY 日本とは別もんじゃやない・・。

TOYOTAキャム 

TOYOTAキャム 「CAMRY」の事らしいですね。

アメリカTOYOTAのCAMRYのホームページを見ると

全然日本仕様と違うやないですね。24000ドルくらいからあるし。

V6エンジンもあるしね。

これだけの選択肢があると色々遊べるからアメリカで一番売れてるというのもわかりますよね。

 

やすいのはガソリンエンジンでしょうけど、それにしても安いです。

日本では内燃機エンジンのみは売れないと言うことでしょうか?

 

 

色もこんなにありますね。

インテリアも真っ赤なシートとかあって日本人の嗜好とは全然違いますね。まあとても売れる車なんで

選ぶ人が多い 個性を出したい 色んな選択肢がある TOYOTA キャミは人気があるのでしょうね。先日はアメリカのママチャリなんて言ったけど

これだけ選択肢があると若者から受け入れてるうんじゃ無いでしょうか。

アメリカのホームページはカッコイイですね。

 

前に見たイギリスのホームページよりもカッコイイですね。

アメリカでは今HYBRIDは人気ないですからね。カリフォルニア州ではHVはZEVとしてみなされないですからね、PHVかEVか燃料電池車しか

みなされません。

 

しかし燃費が良いのは日本のカタログ上でアメリカのカタログは即訴訟問題になるので、控えめなので、あまり金額差を埋めれないですしね。特にガソリンは安いですから。

 

しかし我がプリウスPHV アメリカではpriusPRIMEは売れているのでしょうか?

 

しかしここでも27100ドルと言うのはやすいのでは無いでしょうか?

カラーはほぼ一緒ですね。あのウザくて大きいカーナビも一緒ですね。未だにあカプリコはあの11.6インチのカーナビの良さが一向にわかりません。

アメリカでは前記の様にガソリンが異常に安いのでこのソーラーパネルバッテリーはオプションでも無いんですよね。

 

 

 

 

 

 

トランプ大統領の様に環境意識の高くない人が多いのですかね。

 

うーん なんかアメリカ仕様の方が金が掛かってて、其の上に安いんで無いの・・?

あ 消費大国 アメリカで売れないとこんな新装備・新機能の車元は取れないですからねえ。

 

樹脂製のホイールカバーは一緒ですね。色に真っ黒が無いようですね。こんな小さなクルマ。日本ならともかくアメリカでは受けないんですかね。

売れてるのか?売れてないのか??結局売れていないのでしょうな。

アメリカでこそ売れないと行けない車種なんですけど。今アメリカで人気なのはタコマやタンドラ。ピックアップトラックですもんねえ。

もっともっとこのブログで売らんといけませんね。

 

本日は晴天!草刈りに別荘へ。この暑い中!13時から2時間以上。いくら標高が358mあると言っても29度はありましたから

priusPHVことpriusPRIMEの走り

 

この山の中ですけどとても暑い

草刈りの気候ではない。

ドアを少し開けているのでタイヤ音とか大きいですね。

 

 

ポチッとお願いします

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください