WRCラリーGB 地元出身のエルフィン・エバンス優勝!!!

【ラリープラスNETより】

ラリーGB、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント。

アルゼンチンで目前の初勝利を逃した末に

やっとこさ

母国イギリスで初勝利を挙げたエバンス。

誰にとっても難しいコンシションだったこの

ラリーで得た勝利をバネに

さらに飛躍を遂げる決意を明かした。

 

 

【ラリープラスNETより】

【MスポーツWRT】

フォード・フィエスタWRC

■エルフィン・エバンス/総合首位

「かなりいい気分。とにかくボディウムで泣かないように必死だった。

本当に長く、難しい週末だった。今日、チームが獲得した成果が

全て揃ったのだから格別だ。シェイクダウンの後から、コンディションが

有利に働けば優勝争いに挑めると分かっていた。週末に入ってからは

手がとどく位置にあると感じていはいたが、このラリーで予測することは

できない。パンクも、スピンもミスもしないでクリーンな走りをすることが、

とても難しかった。全ては適切なバランスを見るけること。この週末は

それができたのだと想う」

これから、もっと勝利を重ねることに意欲が高まっているので、来年

期待したい。今のこの気分を、また繰り返したいね!」

やはりバランスが大切なんですね〜。

早くてもクラッシュしたらおしまいですからねえ

ずっと我慢我慢なんでしょうね

 

■セバスチャン・オジエ/総合3位

【ラリープラスNETより】

「自分の感情というものは、コントロールできない。本当に素晴らしい

気持ちだし、自分のプロ生活で経験した中でも最も強い感情。

なんて説明したらいいかわからないが、最も素晴らしい気持ちだ。

12ヶ月前、自分たちはリスク覚悟の決断をくだした。

マルコムと組むと決め、自分たちに試練を課した。今日その試練を

乗り越え、選択が正しかった事を証明した。このチームをホコリに想うし

とてもハッピーだ。このチームがドライバーズタイトルを獲得するのは

初めてだが、十分に相応しい。かれらがこなしてきたことは

アメージングだった。

みんなに心から感謝している」

 

ほんとうにMスポーツで良くぞ優勝したでしょうね。

プライベイターなのでお金が無く

来年はセバスチャン・オジエも

どっか移りそうですけどね

TOYOTAも2年目ですから総安々とは

勝てなくなると思いますぞ

 

■オット・タナク/総合6位

 

【ラリープラスNETより】

「自分たちの週末は願ったようにはならなかったが、フィニッシュラインを超え

チームがマニュファクチャラーズタイトルを獲得したことは、とても特別。

マルコムとチームのみんなは今年、素晴らしい仕事をしてきたし、

みんなが一丸となって、大きな成功を収めた。全員がこの結果に相応しい」

オット!まさにTOYOTAに移籍するオット・タナク

序盤調子良かっただけに6位は残念だけど

TOYOTAに来てからヤリスWRCに乗ってから活躍しそうだね。

楽しみ〜

■ティエリー・ヌーベル/総合2位

全部うつすの大変なので

ここから省略ね 知りたい人だけ

 

「セバスチャンの5度目のタイトル、そしてMスポーツを

祝福したい。パワーステージのスタート直前に、彼らが決めたという

メッセージを受け取った。今年は本当にエキサイティングなバトルだったし

自分たちには不運もあったら、この最高のバトルを楽しんだ。

チームのみんなは今年、素晴らしい仕事をしてきたので

自分たちのパフォーマンスや選手権争いを

演じたことを喜んでいい。

今週は精一杯を尽くした。(ベストを尽くしたんでいいでね?)

エルフィンの勢いは素晴らしかったので、2位でのフィニッシュも

素晴らしい結果。パワーステージで5ポイント獲得したことが

自分たちのパフォーマンスレベルを証明している。

ここからはオーストラリアでシーズンをいい形で終えること

選手権ではオットより上を決めることを目指す」

 

■ヤリ-マティ・ラトバラ/総合5位

「パワーステージでは、あれ以上無いというほど攻めた。文句なしに全力を尽くしたよ!

完璧なラリーでは無かったがポイントを獲得できてハッピーだし

どこを改良できるかもわかっている。

それにヤリスWRCがこれまでドライブした中で最高のマシンで

あるという事実は揺るがされはしない。

テストでのコンディションがラリーと同じでは無かったことが

問題のひとつ。

今日はステージが磨かれてクルマを曲げるのも難しかったが

それでもラリーを楽しめた。

ウェールズはいつでも1年で最も難しいイベントだがフィンランドの次に

母国戦のように感じるラリーだ」

■エサペッカ/ラッピ

「自分にとって最も重要なのはフィニッシュすることなので

このチャレンジングなコンディションでの経験を向上させるために

そのことにしっかり集中した。今日は最初のループではいい走りが

出来て、まぶまぶのタイムが出せたが

道がクリーンになった2ループ目はグリップをつかむのに苦戦した。

今回のラリーでは多くを学んだので、結果は思い通りに

なったが貴重な経験が得られたのは今後に繋がる。

自分は常に学んでいるところだし、チームも同じだ」

 

ということで

マシンもドロドロの様に

かなり難し路面でしたね。

次回最終戦のオーストラリは

TOYOTA有終の美を飾ってね〜。

 

<ポチッとご協力お願いします>

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください