WRC復帰2年目のTOYOTA。2018年WRCラリー。モンテカルロラリーから始まりました。初日シェクダウンでオット・タナクがいきなり3位。やるねえ。

【AUTOSPORTS WEB】より

2017年に18年ぶりにWRCに復帰したTOYOTA。全13戦で開催されるWRCの初回を飾るのは毎年このラリーモンテカルロ。歴史がありますね。100年以上の1911年に始まりました。凄い歴史ですね。何事も継続することが大事ですから・・。
昨年のWRCはTOYOTA復帰第1戦目のラリー・モンテカルロから2位のボディウム(表彰台の事)にヤリーマティ・ラトバラが載って期待させましたよね。

第2戦のラリー・スウェーデンでは真ん中の優勝の席にのりホント凄い復帰ぶりでしたね。

途中エサペッカ・ラッピも3人目のドライバーとして参加したけど、セカンドドライバーのユホ・ハンニネンより活躍しましたね。

 

【AUTOSPORTS WEB】より

2018年のWRC世界ラリー選手権第1戦モンテカルロは1月24日、本戦スタート前のテスト走行にあたるシェイクダウンが行われ、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)がトップタイムを記録した。

2017年にシリーズへ復帰したトヨタにとって参戦2年目にあたる2018年のWRC。開幕の舞台はもっとも歴史の長い1戦、ラリー・モンテカルロだ。

25日夜にスタートする本戦前に行われたシェイクダウンは、フランス・ギャップに設定された3.35kmのステージで行われた。

ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)

この日のフランスは太陽が顔を出し、比較的暖かなコンディション。雪や凍結などはない路面コンディションのなか、2017年にドライバーズランキング2位を獲得したヌービルが2分0秒2という好タイムを記録した。

2番手タイムはヌービルの僚友、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)が獲得。3番手にMスポーツからトヨタへ移籍したオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が続いている。

「(マシンの)セットアップにはいい感触を得られた。いい形でシェイクダウンを終えることができたよ」とヌービル。

「マシンは2017年仕様のものとフィーリングは、ほとんど変わらなかった。細かい点で変化はあるけど、おおむね同じように感じられたんだ」

「自信をもって臨めるよ。誰もが新しいシーズンの開幕を待ち遠しく思っているし、僕も楽しみにしてきた。大きなチャレンジが待ち構えているけど、それもまた楽しみに変えていきたい」

公式セッションでのヤリスWRCデビューを飾ったドライブしたタナクは「クルマは走り始めから非常にいい感じで、マシンについて何も不満はなくポジティブに走り終えることができた」とシェイクダウンを振り返った。

「実際のラリーでは今日のシェイクダウンとは大きく異なる路面コンディションとなるかもしれないが、それでも良いフィーリングでラリーをスタートすることができそうだよ」

【AUTOSPORTS WEB】より

エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)
エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)

2017年、チームランキング最下位と苦戦したシトロエン勢最上位はクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)の4番手で、トップとは0.7秒差。フォードからの支援が強化されたMスポーツ・フォードは王者セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)がトップと1.4秒差の7番手だった。

 

【AUTOSPORTS WEB】より

トヨタ勢はエースのヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が6番手でトップと1.3秒差、エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)は2.7秒差で9番手タイにつけた。

2018年WRC第1戦モンテカルロの競技初日は、25日(木)の現地17時50分(日本時間26日1時50分)にモナコ公国のカジノ広場前で行われるセレモニアルスタートで開幕。その後、現地21時43分(日本時間26日5時40分)に行われるSS1で走行がスタートする。

初日はSS1~2の2SSが行われ、合計距離は62.18km、リエゾン(移動区間)を含めた総走行距離は312.65kmだ。

クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)
クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)
クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)
クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)

初日の動画もあるようですよ。ヤリーマティ・ラトバラも6番手。エサペッカ・ラッピも9番手。まあ初日の短いシェイクダウンだけですからあまり順位は気にしなくてもいいとは思うのだけどTOYOTA勢今年はやってくれそうです。オット・タナクが昨年別のチームとは言え大飛躍しましたからね。今年はとても楽しみです。エストニアの大ヒーローオット・タナクきっとTOYOTAの大ヒーローにも成長しますよ!今年は。みなさんもこのブログとともに応援してくださいね。<ポチッと応援よろしくお願いします>にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link


関連記事

TOYOTAGAZOO Racing 2-3位フィニッシュ。今年移籍後初レースのオット・タナクが2位。ヤリーマティ・ラトバラが3位。エサペッカ・ラッピも調子良かった!途中までは。TOYOTAのマシンの完成度の高さが伺える。

【RALLYPLUSネットより引用】 1月28日(日)、2018年FIA世界ラリー選手

記事を読む

箱根駅伝速報! プリウスphvが走っている!

箱根駅伝 93年の歴史がある素晴らしい駅伝ですね 駅伝を代表する駅伝ですね 青山学

記事を読む

WRC復活にして2年。マニュファクチャラーズタイトルを取る。しかしドライバーズはオット・タナクが3位かあ。2019年が楽しみですね。ヤリスWRCがまだまだ安定感が今一ですから。

TOYOTAWRC復活2年目 写真はラリープラスの1月26日号 vol.20

記事を読む

TOYOTAヨーロッパでは好調トヨタ86「タイガー」登場

アメリカ市場では苦労しているTOYOTA。ヨーロッパではHVも燃費が良いとセールスも好調の様ですね。

記事を読む

WRCラリースペイン速報。トップはオット・タナク。トヨタ勢頑張れ。残すはこのWRCスペインとWRCオーストラリア。ティエリー・ヌーベルかセバスチャン・オジエかオット・タナク大逆転でドライバーズチャンピオンになるか?楽しみ〜。

とうとう後残り2戦になりましたね。中盤のトラブル続きでラリープラスの前号でもかなり

記事を読む

TOYOTAが2018年仕様のYARIS WRCを発表しましたね。昨年のよりフロント周りのエアロパーツが増えカッコよくなってますね。WRCモンテカルロが楽しみ!

トヨタが2018年仕様ヤリスWRCを公開!空力バランスと冷却性能を向上させました。 【ラリーP

記事を読む

TOYOTAに暗雲がせまる。

プリウスphvを注文してる。アカプリ子!まだまだ来ません。来週ですものでいよいよの発売は。納車は3月

記事を読む

C−HRトヨタ大ヒットの予感ですね。

C-HRトヨタ大ヒットの予感 3ヶ月連続、SUV販売台数NO.1ですね。ライバルと言えばHON

記事を読む

佐藤冴香 女子バドミントンシングルス 山口茜を 破って 初優勝 日本ユニシス

佐藤冴香が女子バドミントン 優勝しましたね しかし層が無茶苦茶厚いですね 日本のバドミント

記事を読む

CANONのミラーレスカメラEOS M5は買いか? やっとキャノンもミラーレスに対して本気出して来ましたね。オリンパス、パンソニック、富士フイルムなどに続いて。何れクルマもカメラもミラーレスになる。あんな邪魔なもの要らないからね。

CANONのミラーレス Mシリーズ  M5になってやっと本気出しましたね 一番良くなったのはデザ

記事を読む

Sponsored Link


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link


  • google.com, pub-4643286239555411, DIRECT, f08c47fec0942fa0