映画オーバードライブ 面白そうですね。主人公はあの千葉真一の息子でしょ?かっこよすぎです。

タイムリーな映画が出ましたね。
ラリーを素材にした
映画なんて

TOYOTAがスポンサーですか?
しかしタイムリーですね。タイトルは「オーバードライブ」

主人公が東出昌大と新田真剣佑 

この新田真剣佑
そうとう綺麗な顔してますね。

こんな完璧な顔 なかなか生まれないと思うのですが
実はあの千葉真一の息子らしいですね。

架空の日本でのラリー選手権での戦いですが
実際にTOYOTAのヤリスのラリーカーを使用しているようですね。
かなりメーキング映像でもかなりの迫力があってとてもたのしそうです。

今現在開催されてるJRCで無いのはなんでですかね。
まあWRCの様に13戦はありませんからね。まあラリーなんかが
映画になるのはやはり日本の若者の車な慣れが顕著なんでしょうね。
若者ばかりだけでなく

やはり少子高齢化で
人口が減っていますから

まあ生産人口という働き盛りで金が稼げて
車に乗ることが金銭的にも体力的にも両方とも
可能な人間が少なくなっているということですよね。

そしてここ愛媛そして愛媛の含まれる
四国は販売されて登録される車の半分が軽四と言いますからねえ
まあしかたありません。

道が狭いですから。そして収入が少ないですから
多くの農業があまり金になりません。
一部お金持ちがいらっしゃるようですが
ほとんど農家があまり収入になってませんね。

TOYOTAは連結子会社にDAIHATSUがありますから
良いのかもしれませんが、
TOYOTAのエンブレムのついた車を多く売りたいですよね。

私もそうです。TOYOTAには頑張ってほしいのですよ。
今までハイブリッド技術で頑張って
ガソリンも安くする一助を担ってきたのに

結局ガソリンがだぶついて安くなって
ハイブリッド技術があまり
重宝されなくなってますよね。

まあこちらでもガソリン149円くらいになってきたので
これからワタクシ目の赤いプリウスPHVも注目されてくるかもしれませんけどね。

カリフォルニアでも中国でも苦戦している
TOYOTA

電気自動車への参入を発表したりしたりする
揺れるTOYOTA

この現状を打破するためにも
日本の田舎を大事にしてほしいですね。

ほんと収入が少ないのどんどん人が出て行ってます。
松山や大阪や東京へ

そしたら既存のスーパーやコンビニや工場は高い給料で
人材の奪い合いになります。

しかしそれもままならない
下手したらスキルも無いのに
高い給料で雇わないといけない場合が
出てくるんですよね。

工場も安い給料を求めて
進出してきたのに

結局都会と同じでは 優秀な人材を求めて
都会に移ってしまいますよね。

田舎なら田舎らしい生活
田舎ならでは生業

農業や漁業や林業や
小さな商店

それぞれが生き残れるような仕組みを
TOYOTAさんと一緒に作りたいですね。

田舎らしいいきいきした田舎
再度見直されてくると思いますよ。
便利だけど上部だけなんてのは
もうそろそろ終わりですね。

<ぽちっとご協力お願いします>

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください